世界のにわとり図鑑 Vol.15

目安時間:約 8分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Fayoumi
(ファヨウミ)

 

原産国:エジプト

ファヨウミはエジプトを起源とする鶏の品種です。

ファヨウミは、エジプトで非常に古い品種であり、カイロの南西、ナイルの西に位置するFaiyum Governorateの名前が付けられています。

エジプトの新王国時代に、家禽の名前とその記述が登場しました。

ツタンカーメン王は、古代のシナモン貿易を通じて調達されたスリランカの野鶏を持っていました。

エジプトは、3000年前にエジプトで発生したヤシの森林や湿地で生活に適応した家禽と野鶏の交配種の子孫であると考えられています。

彼らはアイオワ州立大学農学部学長によってエジプトから輸入された少なくとも1940年以来、西洋に存在してきた。

ただし、アメリカ家禽協会による公式の展示は認められておらず、完全基準には含まれていません。

彼らの直立した尾と前方に突き出た胸部と首、彼らは時には路上ラーナーに似ています。

彼らは軽量の家禽で、体重はおよそ雄鶏は2㎏、雌鶏は1.6㎏です。

雄鶏では、羽毛は頭、首、背中および鞍部が銀白色であり、残りは黒と白で囲まれています。

雌鶏は銀白色の色調の頭と首を持ち、残りは縞模様です。

ファヨウミは単冠のトサカがあり、耳たぶと肉垂は赤色で適度に大きく、耳たぶに白い点があります。

彼らはダークホーンカラーのくちばしとスレートブルー(灰色がっかった青色)の皮膚を持っています。

ファヨウミの外見は、ベルギーのカンピネの品種の銀色の品種に非常に似ています。
そして、カンピネは、ローマ人によってヨーロッパの北に持ち込まれたファヨウミの子孫であるかもしれません。

ファヨウミは丈夫な品種で、特に暑い気候に適しています。

家禽の遺伝学的研究および逸話的報告による品種は、特にウイルス性および細菌性感染症に耐性があると考えられている。

彼らはまた自分自身でエサを探し回る鶏で、自由な範囲に放置されていれば、彼らはほとんど野生の方法で自分自身を守ることができます。

ファヨウミの雌鶏は、小さくて灰色がかった卵をたくさん産みます。

ファヨウミは成熟するのが早く、雌鳥は4ヶ月半、雄鶏は5,6週間で鳴きます。

 

Vorwerk
(フェルベルク)

原産国:ドイツ

フェルベルクは、ドイツで生まれた鶏の品種です。

希少な品種で、それは特徴的な黒と金の羽毛を持っています。

フェルベルクの作成に使用された品種には、ラーケンフェルダー、バフオーピントン、バフサッセクス、アンダルシャンが含まれていました。

1913年までにフェルベルクは標準化されました。

しかし、これは決して普及しておらず、ヨーロッパ大陸以外ではあまり見られません。

1966年、ミネソタ州ニューウルムの米国人男性が品種に興味を持ちましたが、北米に輸出されていませんでした。

したがって、彼はラーケンフェルダー、バフと青のWyandottes 、Black-tailed BuffとBuff Columbian Rosecombsを使用して、最初からバンタムバージョンを作成しました。

大型家禽フェルベルクは、American Poultry AssociationのStandard of Perfectionで一度も受け入れられていませんが、American Bantam Associationは米国版のフェルベルクバンタムで認識されています。

雄鶏と雌鶏は同様の羽毛を持っています。

フェルベルクは卵肉兼用の品種です。

標準的なサイズの雄鶏は体重が2.5~3.2㎏、雌鶏は体重が2~2.5㎏です。

しかし、ヨーロッパのバンタムの基準は、異なる品種を使用して製造されたとして理解できる米国の基準とは異なることに注意することは非常に重要です。

特に米国のバンタムの雄鶏は765gで、雌鶏は650gですが、ヨーロッパではこの品種は雄鶏が910g、雌鶏が680gと重くなります。

大きなフェルベルクの雌鶏はクリーム色の卵を年間で約170個産みます。

バンタムはまた卵肉兼用ですが、(すべてのバンタムのように)小さな卵で産卵数は少ないです。

フェルベルクは、経済的な食欲で、丈夫で適応性の高い鳥です。

気質では、彼らは注意深く活発ですが、必ずしも気まぐれな性格ではありません。

羽毛の面では、頭、首、尾は黒く、残りは淡色である。

フェルベルクは単冠のトサカ、薄い灰色の綿毛、白い耳たぶを備えています。

 

Frizzle
(フリッズル)

 

 

 

重量

標準

雄鶏:3.2~3.6㎏

雌鶏:2.25~2.7㎏

バンタム

雄鶏:680~790g

雌鶏:570~680g

 

フリッズルは、特徴的なカールした、またはfrizzledの羽を持つ鶏の品種です。

フリッズルの起源は不明です。

フリッズル遺伝子はアジアで起きたと考えられています。
18世紀以来、極東からフリッズルが報告されている。

ベルギー、チェコ、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ポーランド、スロバキア、英国の9つの国で認知されています。

フリッズルは単冠のトサカがあり、足には羽のないきれいな脚です。

EntenteEuropéenneの標準では、黒、青、cuckooと白の4色が認識されています。

イギリスの家禽クラブは、標準サイズとバンタムサイズの両方で13色を認識しています。それらのすべてが現在繁殖しているわけではありません。

Australian Poultry Standardsは、黒、青、バフ、白、コロンビア、赤、および「任意の認識色」を認識しています。

フリッズルは展覧会のためだけに飼われています。

白または薄い色づけされた卵をたくさん産みます。

 

フリーシアン(Friesian)

 

 

原産国:オランダ

重量

雄鶏:1.4~1.6㎏

雌鶏:1.2~1.4㎏

卵の色:白

 

フリーシアンは、オランダの古代の鶏肉、特にフリースラント州で飼われていました。

フリーシアンはオランダとドイツでは多くの色がありますが、他の地域では限られています。

フリーシアンは、高い飛行能力など、野生の本能の多くを保持している品種です。

この品種は小さい卵をたくさん産みます。

 

Groninger Mew
(フローニンゲルミュウ)

原産国:オランダ

色:金と銀、その他

英国家禽規格によって標準化されていない。
Groningerは、ドイツとの国境にある、国の北部の州です。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ