世界のにわとり図鑑 Vol.13

目安時間:約 8分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Norfolk Grey
(ノーフォークグレイ)

 

ノーフォークグレイは1910年頃、イギリスのノーフォーク州ノーフォーク市の近くで作成された鶏の品種です。

これは現在、希少品種サバイバル・トラストによって危険にさらされていると考えられる珍しい品種です。

ノーフォークグレイは1970年代初めに絶滅の危機に近づきましたが、1974年に4羽の鶏が発見され、その品種が復活しました。

ノーフォークグレイは大きい品種と考えられていますが、他の多くの大きい品種ほど大きくはありません。

彼らは単冠のトサカと黒い目の赤い顔を持っています。

羽毛は魅力的です。

雄鶏は首、背中、鞍部、羽のように黒色のストライプが施された美しいシルクのハックル(首の周りの羽)があり、残りの羽は黒です。

雌鶏のハックル(首の周りの羽)は雄鶏と似ていますが、シルバーレースの喉から離れたところに黒い羽があります。

雄鶏は3.2〜3.6kg、雌鶏は2.25〜2.7kgに達する。

ノーフォークグレイバンタム(Norfolk Grey Bantam)もあります。

 

Hamburg
(ハンバーグ)

 

14世紀前のオランダで作成されたと考えられる鶏の品種です。

名前は英国およびオーストラリアでHamburghと綴られることがあります。

ハンバーグは、中型または小型の品種です。

雄鶏は体重が2〜2.5kgで、雌鶏は約1.6〜1.8kgで、細い足ときちんとしたバラのトサカが付いています。

ドイツ、オランダでは、シルバースパンコール、ゴールドスパンデル、ゴールドピンク、シルバーピッティング、ホワイト、ブラック、シトロンスパンコールなど、11種類の色が認められています。

これらのうちの6つは、アメリカの基準に含まれています。

ハンバーグバンタムもあります。

 

ハンバーグはすぐに成熟し、良い卵生産者となります。

卵の重さは約50g、光沢のある白い殻で覆われています。

 

Bashang Long-tail
(バシャンチェウエイ)

原産国:中国

重量

雄鶏:2.1~2.4㎏

雌鶏:1.7~1.9㎏

(13週間で 雄鶏:1kg、雌鶏:0.7kg)

卵について

270日齢で産卵

産卵数:年間139個

卵重量:47グラム

卵の色:ライトブラウン

 

皮膚はピンクまたは白です。

4種類の羽毛色があります。

トサカ:一番人気のあるトサカは単冠で、二番目はイチゴのトサカです。

雄鶏は長さが約40〜50cmの長い尾の羽を持っています。

近年では、異種の雑種の侵入により、鶏の品種形質が著しく低下し、純粋な鶏の個体数が減少しています。

地域の品種を保護するために種の多様性を維持するために、この希少な品種を研究開発する必要があります。

 

Buckeye
(バックアイ)

 

バックアイはアメリカのオハイオ州の鶏種です。

19世紀後半に作成されたバックアイは、女性によって作られたと知られている鶏の唯一のAmerican Poultry Association(APA)標準品種であり、アメリカンクラスの唯一のものはエンドウ冠のトサカを持っています。

2014年現在、バックアイはThe Livestock Conservancyによって「脅かされた」と表示されています。

彼らは高い飼育能力と強い肉生産特性を持つ卵肉兼用の鶏です。

バックアイは茶色の卵を産む黄色の肌色の鶏です。

バックアイは、1896年にオハイオ州で開発されました。

開発目標は、激しい中西部の冬に生きることができる機能的な品種でした。

バックアイは、1904年にAmerican Poultry AssociationのPerfection of Perfectionに承認されました。

バックアイの雄の体重は平均して4.1㎏、雌鶏は2.9㎏です。

品種は黄色の肌を持ち、茶色の卵を産んでいます。

その主な色は黒い尾を持つマホガニー赤です。

特に雌鶏は、ロードアイランドレッドとよく似ています。

1年に150〜200個の卵を産むことができます。

バックアイは、小さな農場や裏庭の牧場に適した卵肉兼用の鶏です。

 

Barnevelder
(バーナベルダー)

 

バーナベルダーはオランダの鶏の品種です。

それは、現地のオランダのニワトリと、19世紀後半にアジアからヨーロッパに輸入された様々な「上海」の鳥との交配から生じたものである。

これらはブラマ 、コーチンまたはクロードランシャンタイプのものでした。

それはBarneveldの町およびgemeente (自治体)、オランダの中部のGelderlandにちなんで名付けられた。

鶏は大きな茶色の卵を産みます。
1850年代、アジアの鶏はヨーロッパに到着し始めました。

彼らは最初、「上海」の鶏として知られていました。

これらは当初は交配され、後にはブラマ 、コーチン 、クロウドランシャンなどの品種に発展しました 。

約1865年から、これらの上海のニワトリのいくつかは、Barneveld地区の地元の農場の鶏と交配した。

19世紀の終わりに向かって、American Wyandotteといくつかの類似点を示したAmerikaanse Nuthoenders (「アメリカン・ユーティリティー・バーズ」)と呼ばれるタイプの繁殖もあったかもしれない。

1906年頃には英国バフ・オルピントンといくつかの交配があったかもしれない。

1911年にハーグで開催されたLandbouwtentoonstellingや農業展に出品された鳥のためにバーナベルダーという名前が最初に使われました。

この頃から、一貫したタイプと色の繁殖が試みられました。

1921年にブリーダーズ・アソシエーションが結成され、最初の基準が策定された。

その品種は1923年に認識されました。

1921年頃から、バーナベルダーは英国に輸出され、褐色の卵が要求されていました。

インディアン・ゲームとの交配があるかもしれません。

元々最もよく知られているバーナベルダーの品種は、単一の縦のトサカと黄色の脚を持つダブルレースの品種ですが、他の品種もあります。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ