世界のにわとり図鑑 Vol.11

目安時間:約 7分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Dandarawi
(ダンダラウイー)

 

原産国:エジプト

ダンダラウィは古代のニワトリの品種で、エジプトの都市ダンダラ(ルクソール北部)で開発されました。

この種は、エジプトの数世紀にわたり、独自の種を維持してきました。

ダンダラウィは、オスとメス判定が容易な、自動セクシュアル品種です。

雌鶏は頭の上に暗い斑点があふれていて、一日だけ雄と区別することができます。

ダンダラウィの雄鶏は白いハックルとサドルが付いた黒色です。

雌は小麦のように見える、赤みがかった茶色、または灰色で、小さく後ろ向きの紋が付く。

ダンダラウィ鶏は、二重羽毛のシングルコーム、赤い耳たぶ、黄色がかった白いひざと脚を持っています。

雄鶏の体には赤い羽が、耳たぶには白いものもあります。

ダンダラウィは病気の抵抗性があり、最大40℃の熱ストレスを受けても大丈夫です。

6.5ヶ月で成熟し、白い卵(140~160卵/年)の産みます。

ダンダラウィはエジプト以外ではまれであるが、最近では多くのヨーロッパ諸国に導入されている。

 

Chinese Game Chicken
(チャイニーズ ゲーム チキン)

 

原産国:中国

1930年代に初めて米国に持ち込まれました。

彼らはエンドウ冠やクルミ冠のトサカを持っています。

この品種は、ゴールデン、シルバー、レッドパイル、マホガニー、ホワイトなど色々な種類があります。

雄鶏の体重は3.6㎏〜2.7㎏です。

ほとんどの品種の脚はパールから白まであります。

尾は巨大で長くあり、鞍部の羽根は地面に引っかかることがあります。

容易に繁殖し、白い中型の卵を豊富に産みます。

現在中国全土に存在しています。

ブラックブレスレットレッドは、最も一般的なカラーパターンです。

シルバーとゴールドダウキングは、ブラックテールレッドジンジャーだけでなく、存在することも知られています。

脚の色は緑と黄色で、同じ群の中でも変わります。

中国以外の地域では、ペットや装飾鶏として飼われています。

 

Chantecler
(チャンテクラー)

原産国:カナダ

チャンテクラーはカナダ 産の鶏の品種です。

チャンテクラーは、ケベック州にあるノートルダム・デュ・ラック修道院で、20世紀初めに開発されました。

非常に耐寒性があり、卵や肉の生産に適しています。

20世紀の幕開けで、カナダでは鶏の品種が確立されておらず、カナダの農家や家禽家はヨーロッパとアメリカの鳥類しか飼育していませんでした。

1907年、カナダの気候と生産ニーズに合った実用的な鶏肉を作り出しました。

それは1921年にAmerican Poultry AssociationのStandard of Perfectionに認められました。

1918年までに、その品種は一般に公開されました。

1979年に、チャンテクラーの絶滅が公表され、サスカチェワン大学動物衛生学科で絶滅品種の最後の雄鶏であると考えられていました。

しかし、制度的かつ商業的な養殖業の品種がなくなったにもかかわらず、それはいくつかの小さな農場によって維持されていた。

雄鶏は約4.1㎏、雌鶏は2.9~3.4㎏です。

品種は黄色の肌とくちばしを持ち、茶色の卵を産んでいます。

 

Delaware
(デラウエア)

原産国:アメリカ

重さ

標準

雄鶏 3.9㎏ 

雌鶏 2.9㎏ 

バンタム

雄鶏 907g

雌鶏 794g

 

デラウェアはアメリカのデラウェア州に由来する鶏肉の 品種です。

かつてはアメリカの鶏肉産業にとって相対的に重要でしたが、今日は絶滅の危機に瀕しています。

デラウェアは主に肉の生産に適しています。

ユニークな模様の羽を持ち、家禽の基準に受け入れられています。

雄鶏は体重が3.9㎏、雌鶏が3㎏で、デラウェアは中規模の品種です。

彼らはかなり大きく、明るい赤色の単一のトサカと肉垂を持っています。

ほとんどの標準的な鶏と同様に、デラウェアは小型のバンタムバージョンを持っています。

しかし、バンタムバージョンはめったに見られません。

鶏は巨大な褐色の卵を産みます。

1952年に、それは米国家禽協会の基準への受け入れによって展覧会のために認められた。

21世紀には、デラウェアは、米国家畜繁殖保護団体などの組織によって非常に絶滅の危機に瀕していると考えられています。

 

Transylvania Naked Neck
(トランシルバニア ネイキド ネック)

 

原産国:ドイツ

ネイキッドネック(Naked Neck)は、首周りと肛門周りに自然に羽がない鶏の品種です。

もともとトランシルバニア原産で 、主にドイツで開発されました 。

トランシルバニアネイキドネックは現在ヨーロッパと南アメリカでは一般的ですが、北アメリカではまれであります。

裸のネックの形質は、ある遺伝子によって制御される支配的なものであり、他の品種に導入するのはかなり簡単です。

しかし、これらは1965年以来アメリカ家禽協会によって認められている真のNaked Necksではなく交雑種です。

それは1920年代に英国で導入されました。

非常に珍しい外観にもかかわらず、特に展示鳥として知られていない。
卵肉兼用の品種です。

裸のネックの雄鶏は単冠のトサカを持ち、首と頭は太陽の強い日差しを受けるので非常に明るい赤色になることがよくあります。

この品種は他のニワトリの羽の約半分しかなく、暑さに強く、飼育が容易です。

認識されている色の種類は、英国では黒、白、カッコウ、バフ、赤、青、米国では黒、白、バフ、赤です。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ