世界のにわとり図鑑 Vol.10

目安時間:約 8分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Scots Grey
(スコッツ・グレイ)

 

原産地:イギリス

スコッツグレイは、スコットランド産の鶏種で、200年以上前から飼育されています。

以前はスコッチグレイと呼ばれていたが、1930年頃まではスコットランドで人気があった。

それは希少品種サバイバル・トラストの「絶滅危惧種の品種」リストにあります 。

スコッツグレイは背の高い、直立した鶏です。

スコッツグレイのトサカは単冠です。

顔、ワットル(肉垂)、耳たぶ、櫛は明るい赤色で、くちばしとシャンクは白く、時には黒く塗られています。

スコッツグレイは軽い品種に分類されます:雄鶏は約3.2㎏、雌鶏は約2.25㎏です。

スコット・グレイ・バンタムがあります:雄鶏は620-680g、雌鶏は510~570gです。

スコット・グレーは卵肉兼用の品種です。

 

Scots Dumpy
(スコッツ・ダンピー)

 

原産地:イギリス

スコッツダンピーはスコットランドの鶏種です。

スコッツダンピーは 、短く頑丈な足の意味で、その品種の厚い外観と非常に短い脚を指します。

歴史を通して、彼らはBakies、Stumpies、Dadlies、Hoodies、Creepiesのような多くの名前で知られています。

彼らは希少品種サバイバル・トラストによって絶滅の危機に瀕した品種に分類されています。

脚の短足は、その最も特徴的な特徴であります。

大人の鶏の足は地面から5㎝未満です。

鶏は背中の方が長く、ほとんどの品種よりも尻尾が低くなっています。

スコッツダンピーには色が設定されていませんが、最も一般的な色は黒と白です。

彼らは全体的に従順な品種です。

英国では何百年もの短い脚の鳥が書かれており、11世紀にヨークに戻るという考古学的記録があります。

スコッツダンピーは1852年にロンドンで初めて展示されました。

それは1800年代後半以来、最も希少な英国の品種の1つです。

 

Spanish
(スパニッシュ)

 

原産地:スペイン

用途 :卵肉兼用

卵  : 120~160個 白色
体重 :

標準

雄鶏 :3.2㎏

雌鶏: 2.7㎏

バンタム

雄鶏:1075g

雌鶏: 910g

色:光沢を持つ黒色。

 

北米には青いバンタムが、オーストラリアには白いバンタムがあります。
この品種は希少品種です。

Spanish chicken(北アメリカではWhite Faced Black Spanishとして標準化されている)は、地中海で最も古い家禽の一種であり、アメリカに到着した最初の異種の品種です。

スパニッシュは、最初の英国家禽のショーの初期の間に最も人気のある家禽の品種の1つでした。

スパニッシュは、成熟すると完全に白い顔をしますが、出現するには5〜6か月かかることがあります。

 

Sumatra
(スマトラ)

スマトラは、インドネシアのスマトラ島に生息する鶏の品種です。

これらのニワトリは、もともとは、1847年にスマトラから米国とヨーロッパに闘鶏用の雄鶏として輸入されていましたが、今日はその品種が主に展示用に飼育されています。

1883年は、スマトラがアメリカの完全基準に合格した年です。

スマトラは、主に魅力的な羽毛のために保管された装飾品種です。

最も頻繁に彼らは身体と尾部に緑色の光沢を持つ光沢のある黒です。

この品種は、青と白の品種に加えて、標準化されていないスプラッシュもあります。

雄鶏は2.25~2.70㎏ 、雌鶏は約1.80㎏です。

鶏は、年に約100個の白い卵を産みます。

雄と雌の両方には小さなワットルが存在し、雄鶏はしばしば各脚に複数の拍車を持つ。

その品種は原始的なものと考えられている。

スマトラはほとんどの現代の鶏の品種とは異なり、強い飛行能力を保持しています。

雄鶏は支配のために戦うが、通常は死に至らない。

 

Duch Bantam
(ダッチ・バンタム)

 

原産国:オランダ

ダッチバンタム ( オランダ語 : Hollandse Kriel )は、オランダの鶏の 品種です。

それはまた、それが小型化された関連する大きな家禽のない自然に小さな鳥であることを意味する真のバンタムの品種の一つです。

ダッチバンタムは色のバリエーションが多く、世界中の展覧会の家禽として人気が高まっています。

今日のダッチバンタム と類似の色をしているニワトリは、オランダで何百年も見られましたが、その品種の正確な起源は不明です。

ダッチバンタム の祖先は、オランダの東インド諸島の船員によって持ち帰られた東南アジアのバンタムであった可能性が高い。

ダッチバンタムを独特の品種として最初に書いたのは、1882年のハーグ 動物園の記録であり、オランダの全国家禽クラブNederlandse Hoender Clubは1906年にその品種を認めた

ブリーダーズ協会 、Hollandse Krielenfokkers Clubは、1946年に結成された。

英国のダッチバンタムクラブは1982年に結成され、14の色が標準化されています。

アメリカ家禽協会 ( American Poultry Association)は、1992年にその品種を受け入れ、標準の完全性は10種類の色の品種を記述しています。 

今日までダッチバンタムはオランダの母国で最も人気のある品種の1つであり、英国とドイツには十分に確立された数のブリーダーがあり、すでに南アフリカと米国で人気を得ています。

ダッチバンタムは真のバンタムの最も小さな品種の一つです。

雄鶏は体重が550g以下、雌鶏は450g以下でなければなりません。

その軽量で比較的大きな翼のため、オランダのバンタムはかなり良く飛んでいます。

オランダの協会では、29 種類の色の種類が認められています。

すべての品種は、特定の品種と白い肌を除いて、5点のトサカ、白い耳たぶ、薄い青い脚を持つべきです。

卵の大きさは市販の卵よりはるかに小さいものの、年に160個のクリームまたは白い卵を産むことができます。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ