世界のにわとり図鑑 Vol.1

目安時間:約 10分

世界には、様々なにわとりがいます。

そんな世界のにわとりを紹介します。

Augsburger
(アウグスベルガー)

 

アウグスベルガーは絶滅の危機に瀕しているドイツの鶏種です。
それは、ドイツ南部のバイエルン州のシュヴァーベン地域にあるアウグスブルク市の地域から生じたものです。
19世紀に飼育され、フランスのラ・フレッシュ(LaFlèche)の品種から派生したものである。
それはバイエルンの起源の唯一の鶏種です。

 

アウグスベルガーは、ドイツの南部のバイエルン州シュヴァーベン地域のアウグスブルク市の一部であるハウンシュテッテンの小さな町JuliusMeyerによって造成されました。
1870年、1880年にフランスのラ・フレーシュ(LaFlèche)種の鳥を交配し、その肉の品質を称え、イタリアの品種またはタイプ(現在は絶滅している)であるラモッタと命名された。

目的は、両方の性質を兼ね備えた肉卵兼用の鶏種を作り出すことでした。

1960年代から、アウグスベルガーは特殊な高生産性品種(ブロイラー)との競争に苦しみ始め、その人気は低下した。
今日、アウグスベルガーは珍しい品種です。

それは、「絶滅危惧種」カテゴリIに挙げられています。

アウグスベルガーバンタム(Augsburger Bantam)は1975年に認識されました。

アウグスベルガーは、その起源地域の気候条件、バイエルン高原によく適応しています。
通常の羽毛の色は黒で、緑色のライトが付いています。
1990年のドイツの再統一後、新しい色彩の変色物、青い紐が標準に追加された。
アウグスベルガーは、シチリアのシチリアナの品種に似ており、ラフレシェの品種のv字型のトサカとはまったく違って、珍しいカップ形またはローズコームを持っています。
耳たぶは白です。

 

Asil
(アシール)

 

アシールは、インドの古代の鶏種です。
アシールはもともと鶏肉のために飼育されていましたが、最近は装飾目的でも飼育されています。
アシールは1750年頃にヨーロッパに持ち込まれました。
彼らは世界で最も強い闘鶏と考えられています。
彼らは非常にスマートで強く筋肉質で、近代的なコーンフード(ブロイラー)の品種に貢献しました。
アシールは、他の雄鶏とは別に飼われているときは友好的です。
しかし、彼らは死ぬまで戦うので、多くの雄鶏を一緒に飼ってはいけません。
彼らはフレンドリーで、非常にやさしく、人間に対して信頼しています。
アシールの鶏の品種は1981年にAmerican Poultry AssociationのStandard of Perfectionに入りました。

 

アシールは戦いに非常に熟練しています。
彼らはワイドでとても美しい胸を持っています。
彼らの体の構造はとても良く、とても強くなります。
アシールの脚と首は、他の一般的な鶏の品種に比べて非常に長いです。

アシールはいろいろな種類があります。
品種によっては、羽の色は黒、赤、または混合することができます。
アシールの品種の大部分はサイズが大きく、非常に丈夫です。
病気にはかかりにくい。
平均的におとなのアシール雄鶏は約3kg〜4kg、雌鶏は約2.5kg〜3kgの体重があります。

アシールは成熟するまでに時間がかかり、彼らは非常に早い時期から他の雛と頻繁に戦うことになります。
したがって、それらを別々に飼育することが賢明でしょう。
そうでなければ、彼らはチャンスが与えられれば死に向かって戦うでしょう。
アシールは、他の鶏の品種に比べて飼育するためのスペースが必要です。
鶏と戦っているにもかかわらず、彼らは人間に対して非常に友好であり、簡単に飼いならすことができます。
寒い気候では、アシールはうまく育たず、通常は乾燥した状態を好む。
現在、純粋な品種のアシールは見つけにくく、今では希少な鶏です。

 

Appenzeller
(アッペンツェル)

 

アッペンツェルはスイスのアッペンツェル地方に由来する鶏種です。
アッペンツェルには2つの品種があります。
"レースのボンネット"を意味するスピッツァーベンの品種は、オスとメスのV字型のトサカと羽根があります。
「スピッツァーベン」という言葉は、スイスのアッペンツェル地方の女性が着用する儀式の帽子に由来しています。
どちらのタイプも黒、黄金のスパンコール、シルバーのスパンコール付きの羽毛のいずれかです。
彼らはほとんどショー品種ですが、優秀な卵用種です。
彼らは1週間に約5回、小さな白い卵を産みます。

この鶏は軽い鶏で、体重は平均1.6kgです。
北米では非常にまれで、アメリカ家禽協会や他の品種登録簿によって公式に認められていません。
シルバースパンコールドスピッツハウベンは、海外で最も一般的な品種です。

北米では標準は存在しませんが、英国はその品種を認識し、それを標準化品種として受け入れます。

この品種は、2015年に初めてAvGen Poultryによってオーストラリアに輸入されました。

 

Ayam Kampong
(アヤムカンポン)

 

 

Ayam Kampong ( マレーシアのスペル)またはAyam Kampung ( インドネシアのスペル)は、インドネシアとマレーシアの鶏の品種です。
名前は単に「フリーレンジチキン」または文字通り「村のチキン」を意味します。
インドネシアでは、ayam kampungという用語は、村のほぼすべての世帯が伝統的なフリー・レンジ・プロダクション手法を使用して生み出した土着の鶏を指しています。
それは赤いジャングル・ニワトリ、先住民の東南アジアのニワトリ、およびヨーロッパ人、主に英国人の入植者によって1800年代後半に輸入された様々なタイプのエキゾチックなニワトリの無制限交配から生じた多様な集団である。
アヤムカンポンは小さな肉卵兼用の鶏です。
彼らは成長の遅い品種です。
その物理的特性および着色は非常に変化しやすい。
主要な3種類の色が認識されている。
最も一般的なのは黒赤の品種で、雄鶏は主に緑-黒、光沢のある赤-茶色の後ろ、首のハックル、サドルの羽毛です。
他の品種は、赤色タイプと裸ネックタイプです。

 

アヤムカンポンは、インドネシアの農村の大部分によって飼育されており、肉と卵の重要な供給源となっています。
しかし、その生産量が少ないため、アヤムカンポンは毎日の消費を提供することができません。

それにもかかわらず、彼らは伝統的にほとんどの家族の行事や祝賀会で消費されています。

アヤムカンポン養鶏場で飼育された雌鶏は年間約55個~100個の卵を産みます、平均重量は39gである。

産卵の弱いパフォーマンスは、雌鶏の就巣性に起因しています。

肉生産では、鶏は4~5ヶ月で1~1.5kgの大きさに達する。

肉は普通の鶏肉よりも高価である。

 

Ayam Cemani
(アヤムセマニ)

 

アヤム・セマニはインドネシア原産のニワトリの品種である。

アヤムはインドネシア語で「ニワトリ」を、セマニはジャワ語で「完全な黒」をそれぞれあらわし、インドネシアのジャワ島に起源をもつ。

1998年にオランダ人の飼育家、ジャン・スティヴリンク(Jan Steverink)によってはじめてヨーロッパに持ち込まれ、現在はオランダ、ドイツ、スロバキア、チェコで個体群が保存されている。

しかしそれ以前から、スウェディッシュ・ブラック・チキン(Swedish Black chicken)などの由来のはっきりしないアヤム・セマニの変種が各地で飼育されていた。

これらはアフリカやアジアの各地に広く関係を持っていたオランダ東インド会社の船員が持ち込んだものが定着しそれぞれに交雑を経て現在の形質に収まったものだと考えられている。

外見は全身真っ黒である。

黒く艶のある羽毛は緑を帯びた光を反射させる。

足、爪、くちばし、そして舌、とさか、肉髯にいたるまで黒。

肉、骨はおろか内臓までも黒い。

体重は雄鶏で2~2.5㎏、雌鳥は1.5~2㎏。

雌鳥はねぐらを定めず、ピンクを帯びた平均45gの白いたまごを年間80個ほど産む。

血液に関しては様々に描写、あるいは噂されることがある。
しかし顕著に濃い色ではあるが、アヤム・セマニの血液は黒ではない。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ