黒豚とその他の豚で違いはあるの?味の違いは?

目安時間:約 4分

黒豚といえば鹿児島の黒豚を思いつきますが、
黒豚と他の豚で違いはあるんでしょうか。

味の違いや飼育期間など調べてみました。

 

黒豚とその他の豚で違いはあるの?

私たちが食べている豚肉は、主に6品種あります。

 

【白豚】
・ランドレース
日本の豚肉の主要な品種。飼育頭数も多くなっている。

・大ヨークシャー
大型。赤身と脂身の割合がよく、加工用に適している。

・中ヨークシャー
中型。肉質が優れているが、飼育頭数が減少している。

 

【茶褐色】
・デュロック種
大型に近く、成長が早いのが特徴。美しいサシ(霜降り)が入っている。

 

【黒豚】
・パークシャー
中型。被毛が黒色で、鼻や四肢など六箇所に
白いまだら模様があることから、六白豚と呼ばれることもある。
飼育期間が長く、肉の量が少ないが、肉質が良い。

鹿児島地方で多く飼育されており、かごしま黒豚の名前で知られている。

スペインの最高級豚のイベリコ豚や、イタリアの希少豚のチンタ・セネーゼも、

バークシャー種に含まれる。

 

【主に黒。肩から胸や前肢にかけて帯状に白い毛】
・ハンプシャー
大型に近い。赤身の肉質が良い品種。

 

【その他】
・三元豚
三品種の豚の交配によって生まれた豚のこと。
よく使われるに豚の種類はランドレース種、大ヨークシャ種、

パークシャー種、デュロック種等がある。
赤身肉の肉質は、ランドレース種、大ヨークシャ種等に似て、

繊細でクセがないのが特徴。

・イベリコ豚
2003年2月に輸入解禁されたスペインの高級豚。
とろけるような甘味のある脂肪分と、旨味の濃い赤身が特徴。

 

飼育期間の違い

豚は生まれてから6ヶ月前後でお肉になります。
ですが黒豚は発育が遅いため、飼育期間が長く、
お肉になるまで8ヶ月前後かかります。

 

さらに、黒豚は引き締まった筋肉質の体を
生まれ持っているので、より大切に育てられます。

 

そして他の豚との最大の違いは、脂質の割合が低く、
筋肉繊維が細かいというところです。

 

味の違い

一般的に黒豚はほかの豚に比べて、豚肉にありがちな独特の匂いがしません。

 

そして黒豚は豚肉の中でも繊維がとても細かいのが特徴です。

 

一般的な豚の繊維は90から100ミクロンですが、
黒豚のパークシャーは80ミクロン前後です。
繊維が細かいほど、お肉の味への浸透性が増すのです。

 

アミノ酸の含有量の多さ

黒豚のパークシャーは他の豚より、多くのアミノ酸を含んでいます。
アミノ酸は味の旨味を引き立たせる存在です。
熟成期間が長いとアミノ酸の成分のグルタミン酸が増えます。
それが要因で、旨味成分が分泌され、より美味しく感じられるのです。

豚の品種と三元豚の意味、栄養は?

目安時間:約 5分

豚はイノシシ科の動物で、長い年月をかけて野生のイノシシが家畜化されたものです。世界には、400~500品種もの豚がおり、これらの中で多く飼われている品種は100種、中でも改良されて優良な品種は約30種です。

 

豚の品種はヨーロッパ系とアジア系って?

豚の品種は大きく分けてヨーロッパ系とアジア系に分かれ、アジア系には、中国原産の梅山豚や金華豚、台湾の桃園種などがあります。

 

ヨーロッパ種は、大ヨークシャー、中ヨークシャー、バークシャー、ランドレース、ハンプシャー、デュロックの他にドイツ産のゲッチンゲン(ミニチュア・ピッグ)やベルギー産のピエトレンなどがいます。

 

かつては、用途によって脂肪用(ラードタイプ)、加工用(ベーコン用)、生肉用(ミートタイプ)に分かれていましたが、現在は脂肪の需要も減り、ほとんが加工用に改良されています。日本でも、加工用のものを生肉用として食べています。

 

◆大ヨークシャー

大ヨークシャーはイギリスで改良された品種で、胴が長くベーコンを作るのに適しています。白色で大型、耳が立っているのが特徴です。繁殖能力と哺育能力(子どもを育てる能力)に優れています。

 

◆中ヨークシャー

中ヨークシャーはイギリスで作られたミートタイプです。白色中型で胴には幅があり、よい脂肪がつきやすいけれど発育がやや遅いという面もあります。耳が立って鼻が短く、しゃくれたような顔つきが特徴です。

 

◆バークシャー

バークシャーはイギリスのバークシャー州で作られ、日本では「黒豚」と呼ばれている中型の品種です。体は黒色で、顔と足、しっぽの先が白い、いわゆる「六白」です。

味はよいのですが子どもの数がやや少なめです。

 

◆ランドレース

ランドレースはデンマークでベーコン用に改良された品種です。頭が小さく、細身の白豚で、顔が長くて耳が垂れているのが特徴です。ももの肉付きがよいので、加工用には最適とされています。

 

◆ハンプシャー

ハンプシャーはアメリカで作られた品種で、白黒模様と立った耳が特徴です。背脂肪が薄く赤肉が多いのが特徴です。繁殖力・哺育能力に優れています。活発で放し飼いに適していますが、やや暑さに弱い傾向があります。

 

◆デュロック

デュロックはアメリカで作られたミートタイプです。赤肉量が多いので、生肉用の品種改良に多く用いられます。体は褐色で耳が垂れていておとなしく、そして暑さに強いので育てやすい豚です。

 

ほとんどの豚は三元豚って?

日本で多く飼われている品種(純粋豚)は、ランドレース、大ヨークシャー、デュロックなどです。

しかし、市場に出回っている豚は、これらの純粋豚の特長をいかした雑種の豚です。

 

特に、系統同士のよいところを強めて、繁殖力を高め、肉づきや肉質をよくするために行われているのが、3種類の純粋種を掛け合わせる手法です。

 

よく見かける「三元豚」とは、品種のことではなく、3つを掛け合わせた豚という意味です。

日本では、ランドレースと大ヨークシャーを掛け合わせた雑種を母豚に、デュロックの雄を掛け合わせた肉豚が、市販の肉の多くを占めています。

 

豚肉の栄養って?

豚肉は、必須アミノ酸をバランスよく含み、私たちの体に効率よく吸収できる良質なたんぱく源でもあります。

 

豚肉に含まれるビタミンB1は、牛肉や鶏肉の5~10倍もあり、豚肉100gで1日の半分量のビタミンB1の必要量を満たせるほど摂取できます。

さまざまな部位の中でも、特にビタミンB1が多いのはヒレ肉やモモ肉です。

 

さらに、抗酸化作用のあるビタミンEが、レバーに多く含まれます。ヒレ肉やモモ肉は、脂肪分が少なくてヘルシーなのでおすすめです。

ページの先頭へ