世界の豚 図鑑 Vol.26

目安時間:約 6分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Ukrainian White Steppe
(ウクライナ・ホワイト・スッテパー)


原産国:ウクライナ

別名:

ウクライナ語:Українська степова біла порода
Ukrajinska stepowa bila poroda

重量

雄豚:310~350㎏(最大 463㎏)
雌豚:230~250㎏

体長

雄豚:約180㎝
雌豚:約167㎝

 

ウクライナの汎用豚の品種です。
それは1925~1935年にAskania Novaで開発されました。
彼らは地元の豚とラージホワイト豚の雄豚を交配させることによって開発されました。
彼らは病気に対する高い耐性を持ち、ウクライナ南部の乾燥した気候に完全に適応しています。
品種の特性はややくぼんだ面と中型の頭、目の上に垂れた大きな耳、密な骨、強い脚、そして白い色です。
雌豚は同腹子あたり12〜19頭の子豚を産みます。

 

Urzhum
(ウルツム)

原産国:ロシア

Urzhum豚は、地元の長耳の雌豚とラージ・ホワイト種の雄豚を交配することによって、Kirov Oblastの農場で開発されました。
その品種は1957年に確認されました。
長くて低い体をしています。
成体の雄豚の体重は280〜380 kg、雌豚は230〜260 kgです。
彼らは10〜12匹の子豚を産みます。
肉やベーコンの生産のために肥育しています。
6ヶ月または7ヶ月の時の体重は約100kgです。
Urzhumの雄豚は、ラージ・ホワイト種の雌豚との交雑繁殖に使用されます。
Kirov Oblast、Mari ASSR、ならびにRSFSRの北部および北東部の地域で飼育されている。

 

Vietnamese Pot-bellied
(ベトナム・ポット・ベリー)


原産国:ベトナム

別名:

Pot-bellied Pig
Vietnamese: Lợn Ỉ
Lon I
I
Í

重量

雄豚:平均50㎏
雌豚:平均48㎏

体高

雄豚:36㎝
雌豚:35㎝

 

ベトナム・ポット・ベリーは、Lon I(ベトナム語:LợnỈ)またはI pig、絶滅の危機に瀕した伝統的なベトナムの小型家畜豚の品種です。
肌色は一様に黒くて、短い足と低いぶら下がっている腹を持っています、そこから名前が由来します。
肉用で飼育され、成長は遅いですが、肉は風味がいいです。
幸福、満腹感、そして富の象徴として、BắcNinh州の伝統的なĐôngHồ絵画に描かれています。
それは、Red River Delta(紅河デルタ)のベトナムのNam Định province(ナム・ドレンチン)地方に起源があると考えられています。
それはデルタの大部分の地方で一般的な地元の豚品種であり、そして南にすぐにThanh Hóa(タンホア)州と同様にHà Nam(ナム)、Ninh Bình(ナイン ニンビン)、そしてThái Bình(タイビン)の近隣の地方に広く分布していました。
1970年代まではおそらく北部ベトナムで最も多い豚の品種であり、その数は数百万頭に達しました。
ベトナム国立畜産研究所は、純血種を飼育している農家への助成金で保護プログラムを開始しましたが、これにはほとんど効果がありませんでした。
1991年に、総頭数は675,000頭と推定され、2010年には推定数は120頭でした。
2003年に国立畜産研究所はその保存状態を「危険」と記載し、2007年にはFAOがそれを「絶滅危惧種」と認定した。
少数の豚が動物園で飼育されたり、実験室での実験に使用されたりするために1960年代にカナダとスウェーデンに輸出されました。
10年以内にはヨーロッパの他の国々の動物園に広がりました。
1980年代半ばにカナダから米国に入りました、そして、10年後にペットとして売り出されていました。
これらすべてが純血種ではなく、かなりの規模にまで成長したものもあります。
流行は短命でした。
約50kgの平均体重と約36cmの平均身長の小型豚です。
それは一様に黒く、ひどくしわになった肌をしています。
それは顕著な揺れと大きくたるむ腹を持っています。
妊娠中の雌豚は地面を引きずることがあります。
頭は小さく、上向きの鼻、小さな耳と目、そしてたるんだあごがあります。
丈夫で、病気や寄生虫に対して優れた耐性を持っています。
2つの主要な種類が品種内で認識されています。
I-moまたはFatty Iは、小さな上向きの耳と短い鼻を持つ、典型的な小さな足の短い豚です。
I-phaまたはLarge Iは、背が高く、足が長くなり、鼻が長くなり、耳が大きくなります。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.25

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Taihu pig
(太湖豚(たいふうとん))


原産国:中国

Taihu豚(中国語:太湖猪)は、中国の揚子江下流流域の太湖周辺の温暖な亜熱帯気候の狭い地域からの豚の品種です。
体格は大きく、色が濃く、しわの多い顔をしています。
それは広い額と大きな折り畳まれた耳を持つ大きな頭を持っています。
この品種にはいくつかの区分があり、作者によっては系統として分類され、他の区分によっては別の品種として分類されています。
すべての太湖種は、最大20匹の同腹仔サイズの生殖率が高いが、平均して14匹の子豚を育ててる。
この特徴、およびそれらの病気に対する抵抗性は、繁殖および遺伝子工学の研究のための関心をもたらした。
太湖豚協会はフランス、アルバニア、ハンガリー、日本、イギリス、そしてアメリカで設立されました。
通常、太湖豚には4つの主要なグループが同定されております。
他の多くの著者が作者によって命名されているが、いくらかの変動は遺伝学よりもむしろ食事および環境に起因するので、それは実質的な遺伝的差異があるかどうか議論の余地がある。

 

主要なグループ
・Meishan(梅山)

梅山種は主に上海のJiading地区と江蘇省のTaicang地区に見られる。

・Fengjing(フェンジン)

上海のFengjing(フェンジン)の町にちなんで命名されたFengjing種は、主に上海のJinshan地区とSongjiang地区、および江蘇省のWujiang地区に見られる。

・Jiaxing black(嘉興黒)

嘉興黒系統は主に浙江省嘉興市の地区に見られる。

・Erhualian

Erhualian種は主に江蘇省の常州と無錫の都市の地区で発見されています。

 

その他の系統名
・Hengjingは、江蘇省蘇州市の町にちなんで名付けられました。
・Mi pigは、江蘇省の常州市と揚州市にあります。
・Shawutouは、江蘇省南通市で発見された。

 

西洋品種の急速な成長を維持しながら、おそらく遺伝子工学技術を用いて味、病害抵抗性および同腹仔サイズを改善できることを期待して、この豚を育種プログラムの雌系統に使用する可能性について西欧諸国で関心が高まっている 。
アメリカでは、イリノイ大学とアイオワ州立大学と合衆国農務省の計画のもと、1989年に144匹の豚、大部分は太湖種の系統、そして一部のMinzhuも米国に持ち込まれました。

 

Turopolje
(トゥロポリエ)


原産国:クロアチア

 

Turopolje豚(クロアチア語:Turopoljska svinja)は、クロアチアのTuropolje(トゥロポリエ)地域に由来する豚の品種です。
垂れ下がった耳を持つ白い肌または灰色の肌に黒い斑点があるこの独特の外観の豚は非常にまれであり、おそらく絶滅に瀕しています。
それは19世紀にバークシャーまたは他の血統と交配をしたかもしれないけれども、それはヨーロッパ豚の古い品種の1つです。
それは比較的小さく、急成長していませんが、耐寒性のために知られています。
かつて母国で最も広まった豚の1つであったが、20世紀半ばにおける集中的な養豚への広範囲な変更は、その使用を妨げました。

 

Ukrainian Spotted Steppe
(ウクライナ・スポッテッド・スッテパー)


原産国:ウクライナ

 

肉とラードのために飼育されています。
彼らは乾燥したウクライナの気候によく適応しています。
彼らは大きくて強力な体質の強い豚です。
成体雄豚の平均体重は280〜300 kgで、体長は170〜175 cmです。
雌豚の体重は200〜220 kg、体長は158〜160 cmです。
一般的にそれらは白黒のまだらです。
広い胸を持っています。
背中と腰は広くてまっすぐです。
彼らのももの肉はよく発達しており、丸い形をしています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.24

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Small Black
(スモール・ブラック)


原産国:イギリス

 

スモール・ブラックまたはSuffolk(サフォーク)豚は、19世紀にイギリスで生まれた国内豚の品種です。
今は絶滅しています。
品種の起源は不明であるが、「改善」するための交配において、エセックス豚と外国の品種との交配によって作り出されたと考えられていた。
スモール・ブラックは、色を除いてもともとヨークシャー種であるスモール・ホワイトによく似ていると言われていました。
スモール・ホワイトのように、そのとがった耳、小さいサイズおよび短い上向きの鼻は輸入された中国の豚からの品種への影響を示しました。
スモールブラックはしばしばSuffolk(サフォーク)、Improved Suffolk(改良サフォーク)、またはBlack Suffolk(ブラック・サフォーク)としても知られていましたが、初期の無関係の小型の白い品種もサフォークとして知られていました。
20世紀の変わり目までには急速に好まれなくなり、その品種は早い時期に成熟したものの「繊細な体質」と「脂肪の割合が多すぎる」と言われました。
この品種は、20世紀初頭にラージ・ブラックに統合されたときに姿を消したようです。

 

Small White
(スモール・ホワイト)


原産国:イギリス

スモール・ホワイトまたはスモール・ヨークシャーは、イギリスで生まれ、19世紀の間は一般的な国内豚の品種でした。
現在は絶滅していますが、その特徴はミドルホワイトや他の品種の生産に使用されました。
輸入された中国の豚と伝統的なOld Yorkshire(オールド・ヨークシャー)、大型の白い豚を交配することによって19世紀初頭に開発されました。
これは、真っ白な肌色をした小型種、とがった耳、中国の品種の短くて広い頭とそれらの特徴的な短い上向きの鼻をしていました。
中国の品種と共通して、それは早く成熟し、急速に太ります。
スモールホワイトは常に食肉用やベーコンの豚としてではなく、ショーの豚として意図されていました。
農民や小規模農家とは対照的に、貴族や「趣味」のブリーダーに特に人気がありました。
スモール。ホワイトは、カンバーランド(現在は絶滅しています)とラージ・ホワイト、別のヨークシャー種の両方との人気のある交配を証明しました。
ミドル・ホワイトの人気はスモール・ホワイトの品種の衰退をもたらし、世紀の変わり目ではそれはほぼ絶滅しました。
1912年についに絶滅しました。
その品種は、一般的に「スモール・ヨークシャー」と呼ばれていたアメリカ合衆国で、さらに数年間生存した可能性があります。

 

Swedish Landrace
(スウェーデン・ランドレース)


原産国:スウェーデン

 

スウェーデン・ランドレースはスウェーデンの豚の主要な品種です。
スウェーデン・ランドレースは主にデンマーク・ランドレースから派生したもので、似たような特徴があります。
長身の中型から大型の豚です。
それは白であり、そして短い体毛で覆われている。
鼻が長く、大きな耳が垂れ下がります。
それは長い背中と深い側面を持っていて、他のいくつかの品種に見られるしわと余分な脂肪を欠いています。
しかし、スウェーデン・ランドレースはそんな極端なベーコン豚ではありません、そして、畜産者は足の健全性、背中の強さと動物の体質に注目しました。
彼らはまた、デンマーク・ランドレースの繁殖力、繁殖力、母親の能力、体重増加率を維持しようとしています。
アメリカなどに輸出されています。
新鮮な豚肉が望まれる国々や他の製造された製品に好意的ですが、デンマーク・ランドレースはベーコン用に育てられています。
それはアメリカ・ランドレースの改良とその品種の遺伝的基盤の拡大に使われてきた。
1959年には20世紀前半にオーストラリアに輸出され、その後ニュージーランドに輸出されました。
もう一つの輸出市場はロシアであり、それはチェコスロバキアにも輸出され、そこでそれは主に地元の家畜を改良するための交配に使われた。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.23

目安時間:約 7分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Norwegian Landrace
(ノルウェー・ランドレース)

原産国:ノルウェー

Norwegian Landraceは、ノルウェーの主要な豚の品種です。
ノルウェーのほとんどの豚と同じく、南部のハマール地方で飼育されています。
彼らは肌色が白で、垂れた耳をしています。
比較的狭い肩、小さな頭、細長い背中、そしてふくよかな後腿を持っています。
1970年代のヨーロッパのLandrace種の対照は、Norwegian Landraceが最大の成長率と最も効率的な飼料転換を持っていたことを示しました。
イギリス、アイルランド、北アイルランド、フランス、スウェーデン、デンマーク、カナダ、ポーランド、チェコ共和国に輸出されています。
この品種は、Landrace種を持っている他の国からのLandraceの輸入から始まった。
それから、導入された品種の交配を南部ノルウェーの環境に独特の適応を与えるために特別な選択がありました。
完全に成長したNorwegian Landrace種は、中型から大型の体をしています。
雌豚の平均成熟体重は204〜272kgで、雄豚の平均体重は226〜318kgです。

 

Ossabaw Island hog
(オサボー・アイランド・ホッグ)


原産国:アメリカ(オサボー島)

Ossabaw Island hogまたはOssabaw Islandは、アメリカ合衆国ジョージア州のOssabaw Islandの野生豚の品種です。
オリジナルのOssabaw豚はスペインの探検家によって16世紀に島で解放された豚から生まれました。
島外のアメリカの農場で繁殖個体群が確立されましたが、それらは依然として絶滅の危機に瀕している豚の品種です。
スペイン人が16世紀にアメリカ大陸の沿岸を探検したとき、豚などの家畜は将来の食料源としてしばしば島に残されました。
これがオサボー種となる豚の起源です。
その後の何百年にもわたって、これらの野生豚の個体数は、ジョージア沿岸沖の海の島、バリ島の1つであるオサバウで孤立したままで、他の家畜はほとんどいませんでした。
1978年以来、島は州によって所有されており、保護地区としてジョージア州天然資源省(DNR)によって管理されています。
世界中の他の場所にいる野生の豚と同様に、オサボーにいるそれらは、在来の生息地と種に悪影響を及ぼしました。
豚は雑食性が非常に高く、根や塊茎から小さな爬虫類や哺乳類まで、あらゆるものを消費します。
アカウミガメやシロツメクサなどの絶滅危惧種に悪影響を及ぼし、巣を乱したり、卵を食べたりすると記録されています。
彼らが生態系に及ぼすさまざまな他の影響は、ジョージアDNRに捕獲、駆除、および公衆による狩猟を介した野生豚の根絶を推奨することを確信させました。
オサボー島の豚がもたらす環境問題の他に、それらは科学者や品種保護主義者によってもユニークな遺伝資源として認められています。
スペイン人によって北アメリカにもたらされたイベリア型豚から派生した唯一の米国の品種であると考えられています。
オサバウ豚の非常に小さな繁殖集団は、それらを遺産豚肉の形で販売する農家によって島外で保たれています。
また、いくつかの動物園にも飼育されています。
島の頭数と本土の頭数の両方が、アメリカの家畜繁殖保護協会(ALBC)、スローフードUSA、その他の人々によって脆弱であると考えられ続けています。
島の豚は現在DNRの勧告した方法で管理されており、どれだけ長く根絶を完全に回避できるかは不明である。
農民によって維持されている米国本土の頭数は保護されています。
彼らは、小型の豚で、身長が20インチ(510 mm)未満で、成熟時の体重は200ポンド(90 kg)未満です。
Ossabawの豚は色の広い範囲で表示され、最も一般的なものは黒と斑点のある品種です。
彼らはさらに他の豚の品種と比較して長い鼻、直立耳、および剛毛の重い毛皮を持っています。
賢く、そして優しい気質を持つと言われています。
絶え間なく食料が供給されている状況(農場や実験室など)では、他の豚よりも脂肪が多くなり、「前糖尿病」状態になることがあります。
肉は独特の食感で、イベリコ豚に似ています。

 

Red Wattle hog
(レッド・ワトル・ホッグ)


原産国:アメリカ

重量

雄豚:340㎏
雌豚:249㎏

 

それはその赤い色と独特の肉垂またはふさのために名付けられて、そしてアメリカの家畜品種保護区(ALBC)の脅されたリストにあります。
レッド・ワトル・ホッグは赤い毛皮と独特の肉垂によって特徴付けられます。
彼らは通常10~15匹の子豚を生みます。
それらは速く成長し、そして丈夫で穏やかで、そして病気に対して抵抗力がある。
初期の歴史は明確ではありません。
現代の品種は、1960年代後半から1970年代初頭にかけてイースト・テキサスで発見され、2頭の肉垂付きの赤豚をデュロックの雄豚と交配させて「ウェンガー・レッド・ワドル」を始めました。
1980年代には、3つの品種登録簿が維持されましたが、中心的な品種協会はありませんでした。
1999年には、アメリカの家畜の繁殖保護協会は6つのブリーダーに属する42頭の繁殖動物を発見しました。
2012年9月以来、Red Wattle Hog Associationがその品種の血統書を管理しています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.22

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Myrhorod
(ミルロッド)


原産国:ウクライナ

 

Myrhorod豚はウクライナのラードタイプの豚です。
ロシアで開発された豚の2番目の家畜種です。
多数の科学者、専門家、および集団農場や州の農場の労働者による長期にわたる計画的作業の結果です。
それらは、地元のblack-ruffled豚をBerkshire、medium white、部分的にlarge white、Temvorskaya、およびlarge blackと交配することによって開発されました。
雄豚の平均体重は290㎏、体長は180㎝、雌豚の体重は235㎏と162㎝です。
彼らの頭は中程度の大きさで、粗くはなく、適度な長さの鼻であり、そして彼らの耳はたいてい短く、立っています。

 

Nero Siciliano
(ネロ・シチリアーノ)


原産国:イタリア


重量

雄豚:150㎏
雌豚:130㎏

 

Nero Sicilianoは、イタリア南部の地中海の島、シチリア島の家畜豚の品種です。
主にメッシーナ州、特にモンティネブロディで飼育されています。
このため、Nero dei Nebrodiとしてよく知られています。
それはまた、それぞれMadonie(マドニー)山脈とEtna(エトナ)山との関連性から、Nero delle Madonie(ネロ・デッレ・マドニー)またはNero dell'Etna(ネロ・デルレトナ)と呼ばれることもあります。
これは、イタリアの農林業省によって認識されている6つの国内豚種のうちの1つです。
2001年に発行された登録簿は、イタリアの豚ブリーダー協会のNazionale Allevatori Suiniに保管されています。
2012年末時点で、3,642頭が登録されています。
Nero Sicilianoは、生肉用とsalumi(サルミ)用の両方で飼育されています。
直接消費用は通常6〜7ヶ月で体重60〜70kgで処理されますが、保存肉用の動物は通常10〜11ヶ月で体重110〜120㎏で処理されます。
主な塩漬け肉は、IGPの地位を持つSalame Sant'Angeloと、Suino Nero dei Nebrodiの生ハムです。
capocollo、guanciale、coppaも生産されています。

 

North Siberian
(ノース・シベリアン)


原産国:ロシア

 

North Siberian(ノース・シベリアン)はロシアの汎用豚の品種です。
ロシアのNovosibirsk(ノボシビルスク)州で開発されたこの中型の品種は、1942年に正式に承認されました。
Large White(ラージ・ホワイト)の雄豚とshort-eared Siberian豚の交配、North Siberianは、北シベリアの過酷な気候への堅牢性を高めるために密な剛毛の体毛と皮下脂肪のために交配した。
成人雄豚の体重は通常312 kgまでです。
North Siberianは白色種であり、そして繁殖プログラムの間に拒絶された多色標本はSiberian Black Pied(シベリア・ブラック・パイド)種の開発に使用された。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.21

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Meishan
(梅山(メイシャントン))


原産国:中国

 

梅山は梅山県(現在は梅山市)にちなんで名付けられた国内豚の品種です。
太湖豚(タイフウトン)系の原種豚の品種名であり、大きく垂れ耳と繁殖して黒い肌をしている小から中サイズ(145~181㎏)です。
非常におとなしく、柔らかくて風味豊かな赤身豚肉で有名です。
中国南部原産のこの品種は、15〜22頭の子豚が生まれることで最もよく知られています。
その繁殖力のために、それはUSDA農業研究サービスによって1989年にアメリカ合衆国に輸入されました。
梅山豚に関する米国の研究はすべて2016年に終了し、残りの豚は米国の農家に分散されました。
2018年に梅山豚は家畜保護によって世界的に危機に瀕していると宣言されました。

 

Middle White
(ミドル・ホワイト)

原産国:イギリス

ミドル・ホワイトはラージ・ホワイトとほぼ同じくらいの時期にヨークシャーで生まれました。
その名前は、それがラージ・ホワイトと現在消滅しているスモール・ホワイトの間のサイズであったという事実から来ています。
ラージホワイトの雌豚とスモールホワイトの雄豚を交配することによって作成しました。
品種は(ベーコンやラードタイプの豚ではなく)豚肉生産者として知られており、その急に上向きにした鼻で知られています。
それはおとなしくて、しばしば放牧で飼育されます。
その数は幾分増加しましたが、その品種はRare Breeds Survival Trustによって危険にさらされているとされています。

 

Mora Romagnola
(モーラ・ロマニョーラ)

原産国:イタリア


重量

雄豚:200㎏
雌豚:160㎏

イタリア北部のエミリアロマーニャ州の豚です。
それはまたモーラ、ブルナロマニョーラ、カスタニーナまたはフォルリヴェと呼ばれることがあります。
主にエミリア=ロマーニャ州だけでなく、カンパニア州、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州、ロンバルディア州、マルケ州、ピエモンテ州、ベネト州でも飼育されています。
これは、イタリアの農林業省によって認識されている6つの国内品種のうちの1つです。
20世紀初頭には、Forlì地区のForlivese地区、Faenza地区のFantina地区、およびRimini地区のRiminese地区またはMora Riminese地区を含む、Romagnolo豚の似たような、しかし異なる地域亜型がいくつかありました。
世紀の初めからこれらのタイプのすべては1886年に最初に地域に輸入されたイギリスのヨークシャー豚と交配し始めました。
初代交配は地元の品種の肉質の一部を保ちましたが、はるかに速く成長しました。
それらのスモーキーカラーリングで、これらの雑種はFumati(フマティ)として知られていました。
1927年までに、第一世代を超えた無差別の異種交配が地元の資源の消失につながることが認識され、1941年にRomagnoloブタの選択的繁殖が始まりました。
1942年にその品種は、その茶色がかった黒の着色で、モーラ・ロマニョーラと名付けられました。
1918年にはイタリアに335,000頭がいました。
人口は第二次世界大戦前後で急激に減少し、1950年には22,000頭に減少し、1990年代初頭には12頭にまで減少しました。
その時点で、イタリア世界野生生物基金、トリノ大学およびその他の機関が復興プロジェクトを立ち上げ、その後、その数は増えています。
Mora Romagnolaの保全状況は、2007年にFAOによって「重要」としてリストされました。
2012年末時点で、1063頭の数が報告されています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.20

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Lithuanian Native
(リトアニアン・ネイティブ)


原産国:リトアニア


Lithuanian Native pig(Lithuanian:Lietuvosvietinė)は、リトアニア原産の在来種です。
この品種は古代まで遡ることができ、ヨーロッパで最も古い豚の品種の1つです。
それは中型の品種です。
リトアニア先住民の豚の典型的な特徴は首の喧嘩、そして通常は大きな黒い斑点ですが、色のバリエーションには白黒、しょうが色、黒、そして三色があります。
彼らは優しい気質を持っています。
太陽の影響を受けにくいので、これらの豚は放牧に適しています。
Lithuanian Native pigの特性は、Lithuanian White、標準化された品種、および多くのロシアの品種を生産するのに使用されました。
現在リトアニア原産の豚はリトアニアでさえ非常にまれであり、絶滅の危機に瀕しています。しかし、1993年以来、動物科学研究所には約200頭が飼育されています。

 

Lithuanian White
(リトアニアン・ホワイト)

原産国:リトアニア

第一次世界大戦後に開始されたリトアニアの地元の豚の改良プロセスは、その品種が1967年にしか認められていなかったとしても、リトアニアン・ホワイトの品種の開発の始まりを示した。
大型および中型の白豚、Edelsweine、Berkshire、および地元のデンマーク豚でリトアニアン・ホワイトを改良するプロセスは、最高の交配種がラージ・ホワイト種およびそれらに関連するものであるという意見を形成しました。
年々使用される品種の数は減少していました、そして最後にプロセスはちょうどホワイト・ラージ(ヨークシャー)と部分的にドイツのEdelsweine豚を交配することに限られていました。
農家への財政支援は繁殖のための大型白豚の獲得を助け、それは全国各地に広がる多数の大型白豚と地元の豚との雑種をもたらしました。
それらは、リトアニアン・ホワイト種と同様に、さらなる豚の育種および豚飼育の基礎として役立った。
第二次世界大戦後、この品種の群れをさらに選択して開発することで、交雑種の組み合わせを確立しリトアニアン・ホワイト品種が完成しました。
雄豚の不足と代用雑種のための雑種雌豚を残すために、純血種のリトアニアン・ホワイトの数は急速に減少し始めました。
リトアニアの純血種の白ブタを保存するために、リトアニア動物科学研究所は、完全な系譜構造の豚を開発しました。
2001年から2005年の間にリトアニアン・ホワイト種を選抜するためのプログラムが完成した。
これには、少なくとも少数の繁殖農場で純血種を保存するための方策が含まれていた。

 

Livny
(リヴィー)


原産国:ロシア


Livny豚はロシアのOrel地域の汎用豚です。
それらは専門家チームによって開発されました。
選択的血統研究は、1917年以前に地元の豚とバークシャー、ラージ・ホワイト、ミドル・ホワイト、ポーランド、中国の豚との無作為交配によって形成された交配種に基づいて行われた。
10系統の雄豚と28の雌豚をモニターした結果、生産性、早熟性および立体配座についてこれらのパラメーターが改善された豚が得られ、1949年にLivny品種という名前が法的に確立されました。
彼らはロシアの自然条件や飼料条件に順応性があり、高品質の肉を生産しています。
ロシアの中央地域の状態によく適応していて、完全に牧草地維持に適応しています。
体長160~175㎝で、彼らは非常に巨大です。
頭は短く、広く、そして特徴的な鼻を持っています。
大きな垂れ耳を持って、背中は広くてまっすぐです。
皮膚が緩んで、折り畳まれ、そして完全に毛で覆われています。
腹はいくぶんたるんでいる。
肌色は主に白ですが、黒と白と赤みがかった黒の領域もあります。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.19

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Italian Landrace
(イタリアン・ランドレース)

原産国:イタリア

Italian Landrace(イタリア語:Landrace italiana)は、イタリア国内の豚の品種です。
それは19世紀の終わりにデンマークで開発されたDanish Landrace(デンマーク・ランドレース)の品種に由来します。
この品種は、主に生ハムの生産に適していることで選択されています。
Large White Italiana(ラージ・ホワイト・イタリアーナ)に次いで、イタリアで2番目に多い豚の品種です。
品種規格は、農林水産省の政策、イタリアの農林省によって発行されています。
この規格は、全国の豚飼育者協会である全国豚飼育者協会によって管理されています。
イタリア系統は生ハムや他のサルミを作るのに使用される「Italian heavy pig(イタリアの重い豚)」を作り出すため特に大きいサイズが飼育された。
2007年には11,749頭の豚が登録されました。
2012年末の合計は5959頭でした。
総頭数の大部分は、大きい豚が飼育されているポー渓谷に集中しています。
イタリアン・ランドレースは大型の豚で、2〜3本の余分な椎骨があるため体長が非常に長い、通常の13本ではなく15本または16本です。
垂れ耳で、体毛は白色、皮膚が無着色です。
イタリアン・ランドレースからの食肉生産は通常、160〜170kgの体重でラージ・ホワイト・イタリアーナまたはデュロック・イタリアーナのいずれかとの初代交配からです。
そのほとんどすべてが加工食肉製品の製造に使用されています。

 

Jeju Black pig
(済州黒豚)


原産国:韓国

Jeju Black Pig(ハングル:제주흑돼지; RR:済州heuk-doe-ji)は、韓国の済州島(チェジュド)で発見された豚の品種です。
済州島は、韓国最大の島で、対馬海峡における国の南に位置しています。
それは黒い肌と滑らかな体毛の毛皮を持つ小さめの豚です。
済州黒豚は他の種類の豚とは全く異なる独特の味わいを持っていると言われており、有名な郷土料理となっています。
豚肉は乾いた干し草の上で燻製され、煙が肉汁を透過することを可能にし、通常の豚肉とは全く違った風味をもたらし、肉はやや噛み応えがあります。

 

Kemerovo
(ケメロヴォ)

原産国:ロシア

ケメロヴォ豚はロシアのケメロヴォ地方から生まれた汎用豚です。
それらは、large white、white long-eared、Berkshire、Great BlackおよびSiberian northern breedsと地元の豚との交配によって開発された。
1960年に彼らは独立した品種として承認されました。
その結果、寒さへの適応性が高く、早熟性が高く、そして大くの子豚が生まれます。
それらは主に黒ですが時々黒と白です。
彼らは密な剛毛の良い層を持っていて、過酷な気候条件によく適応しています。
今日、ケメロヴォ豚は主にシベリア、極東、そしてカザフスタンの北部地域で繁殖しています。
彼らはlarge white、Siberian northern、在来種そして他の種の豚との交配に使われています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.18

目安時間:約 6分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Göttingen minipig
(ゲッティンゲン・ミニピッグ)


原産国:ドイツ

Göttingen minipig(ゲッティンゲン・ミニブタ(別名:Göttinger(ゲッティンガー)またはGoettingen minipig(ゲッティンゲン・ミニブタ))は、小型豚の品種です。
世界で知られている最小の家畜用ブタです。
大人の体重は約26キロです。
彼らの非常に小さいサイズで知られていることの他に、彼らの穏やかな性質と非常にきれいで、よく特徴付けられた健康状態で知られています。
この品種の飼育は、1960年代後半、ドイツのゲッティンゲン大学の動物繁殖遺伝学研究所(InstitutfürTierzucht und Haustiergenetik)で、ミネソタのミニブタ、Vietnamese pot-bellied(ベトナムのミニブタ)、およびドイツのランドレース豚を交配することによって始まった。
ペットとして非常に人気がありますが、品種は特に生物医学研究用に開発されました。

彼らは今、小さいサイズで有名なペット豚の人気のある品種です。

2010年以来、この品種は日本でも販売されています。

Grice
(グリス)


原産国:イギリス(スコットランド)

別名:

Highland(ハイランド)
Hebridean(ヘブリデアン)
Irish(アイルランド)

 

スコットランドのハイランド諸島とアイランズ、そしてアイルランドで見つかった豚の品種です
それは絶滅し、シェトランド諸島で最も長く生き残った。
そこでは19世紀半ばになって絶滅した。
ハイランド、ヘブリデアンまたはアイルランドの豚としても知られていました。
"Grice"は、もともと "young pig"を意味するスコットランド語および北部英語の方言語です。
19世紀初頭の話によると、このグリスは小さな牙、アーチ型の背中、そして羊毛のフリースの上に固い暗い色の剛毛の毛皮がある攻撃的な動物でした。
2006年に、シェットランド博物館とアーカイブの学芸員は、イノシシからグリスを再現するように剥製術師に依頼しました。
生き残ったグリスはいないので、モデルの正確さは「出版された資料...調査された遺物と考古学的発見」の記述に頼っていました。
再現した剥製のグリスは2007年春に一般公開されました。

 

Guinea Hog
(ギニア・ホッグ)

原産国:アメリカ

別名:

Rare breed
Other names
Pineywoods Guinea
Guinea forest hog
Acorn eater
Yard pig

重量:140㎏未満

 

アメリカのギニアホッグとも呼ばれるギニア豚は、アメリカで生まれた国内豚の品種です。
その名前にもかかわらず、その品種はギニアからのものではありませんが、基礎資源は西アフリカから由来すると考えられていました。
新しいDNA研究はヨーロッパの起源を指し示しています。
American Guinea Hogは、今は絶滅した品種であるImproved Essexに関連していると考えられています。
ギニア豚は、黒い毛皮、丈夫な体、巻き毛の尾、直立耳を持つ珍しい品種です。
北アメリカには2つのタイプのギニア豚がおります。
南アメリカにはギニア豚タイプの豚がいます。
その名前は、ギニア豚の起源に由来すると考えられていましたが、現在は、ギニアがギニア牛のように小さいことを意味していると考えられています。
ギニア豚とギニア牛が家畜の両方の小さい品種です。
真のアフリカのギニア豚はナイジェリア黒やアシャンティ豚の遺伝的影響を示唆直立耳、剛毛の毛と長い尾を持つ赤色の品種です。
元の系統は、基本的には黒ですが、やはり赤みを帯びており、その結果「赤ギニア」と呼ばれていました。
19世紀の初めによく知られていたその品種は絶滅しています。
その後彼らは、Appalachian English pigs、Essex pigs、West African dwarfsを含む他の品種と交配した。
この新しい品種のアメリカのギニア豚は黒い色をしていました、赤い色合いは失いました。
2005年には、アメリカ・ギニア豚協会が設立され、継続的な存続を確保しています。
ギニア豚は、絶滅の危機に瀕している。
シカゴのリンカーンパーク動物園は何年にもわたり、何頭かのギニア豚を飼っています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.17

目安時間:約 3分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Estonian Bacon
(エストニアン・ベーコン)

原産国:エストニア

エストニアベーコン豚は、エストニア産の肉豚で、優れたベーコン用の品種です。
彼らはドイツ、デンマーク、そしてスウェーデンの在来種と交配された地元の在来種の豚から​​開発されました。
彼らはデンマークのランドレース豚に似ています。

 

Fengjing
(フェンジン)

原産国:中国


Fengjing豚はFengjingの上海の町にちなんで名付けられた、中国の上海からの国内種です。
その主な飼育地域は金山、松江と呉江の地区にあります。
Taihu pig(太湖豚)の一種として分類され、それらはすべて太湖周辺の穏やかな亜熱帯気候の狭い地域で発生します。
大きなだらりとした耳を持つ大きな黒い豚です。
それは、その独特の非常にしわのある顔によって区別され、またしわのある体をしています。
繁殖率は非常に高く、初産卵時の平均12頭の子豚が年産2回から3回で17頭の子豚を産み出し、12頭が離乳します。
ごく最近、西洋の品種の急速な成長を維持しながら味、病害抵抗性および同腹仔サイズを改善できることを期待して、このブタを育種プログラムの雌系統に使用する可能性について西欧諸国で関心が高まっている。
1989年に、米国イリノイ大学とアイオワ州立大学との間で合衆国農務省の制度のもとで、子豚が米国に持ち込まれました。

 

Gascon
(ガスコン)

原産国:フランス

ガスコンは、フランスの山岳地帯や僻地で生き残った珍しい家畜の品種です。
ミディピレネー地域では、ガスコンはおそらくフランスで最も古代の豚種として生き残っています。
絶滅の危機に瀕しているにもかかわらず、それは多くの価値ある特徴を持っています。
ほとんどの昔ながらの品種と同様に、それは非常に太くなる傾向がありますが、それは活気に満ちた、丈夫で、暑い気候に耐えられます。
雌豚は繁殖力があり、同腹仔に十分な牛乳を供給しています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

1 2 3 7

ページの先頭へ