世界の豚 図鑑 Vol.17

目安時間:約 3分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Estonian Bacon
(エストニアン・ベーコン)

原産国:エストニア

エストニアベーコン豚は、エストニア産の肉豚で、優れたベーコン用の品種です。
彼らはドイツ、デンマーク、そしてスウェーデンの在来種と交配された地元の在来種の豚から​​開発されました。
彼らはデンマークのランドレース豚に似ています。

 

Fengjing
(フェンジン)

原産国:中国


Fengjing豚はFengjingの上海の町にちなんで名付けられた、中国の上海からの国内種です。
その主な飼育地域は金山、松江と呉江の地区にあります。
Taihu pig(太湖豚)の一種として分類され、それらはすべて太湖周辺の穏やかな亜熱帯気候の狭い地域で発生します。
大きなだらりとした耳を持つ大きな黒い豚です。
それは、その独特の非常にしわのある顔によって区別され、またしわのある体をしています。
繁殖率は非常に高く、初産卵時の平均12頭の子豚が年産2回から3回で17頭の子豚を産み出し、12頭が離乳します。
ごく最近、西洋の品種の急速な成長を維持しながら味、病害抵抗性および同腹仔サイズを改善できることを期待して、このブタを育種プログラムの雌系統に使用する可能性について西欧諸国で関心が高まっている。
1989年に、米国イリノイ大学とアイオワ州立大学との間で合衆国農務省の制度のもとで、子豚が米国に持ち込まれました。

 

Gascon
(ガスコン)

原産国:フランス

ガスコンは、フランスの山岳地帯や僻地で生き残った珍しい家畜の品種です。
ミディピレネー地域では、ガスコンはおそらくフランスで最も古代の豚種として生き残っています。
絶滅の危機に瀕しているにもかかわらず、それは多くの価値ある特徴を持っています。
ほとんどの昔ながらの品種と同様に、それは非常に太くなる傾向がありますが、それは活気に満ちた、丈夫で、暑い気候に耐えられます。
雌豚は繁殖力があり、同腹仔に十分な牛乳を供給しています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.16

目安時間:約 6分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Danish Landrace
(デンマーク・ランドレース)

原産国:デンマーク

別名:

dansk landrace(ダンスクランドレース)
dansk landracesvin(ダンスクランドレースヴィン)

 

デンマーク・ランドレース(デンマークの言語:dansk landrace、dansk landracesvin)は、中型から大型の豚で、色は白で、体は長い、毛が細く、鼻が大きく、垂れ耳。
豚肉生産のために飼育されています。
2つの異なる品種、白(hvid)とまだら模様(sortbroget)があります。
デンマークのランドレースは、中型から大型の、長くて細身の豚です。
それは白色で、短い毛で覆われています。
鼻が長く、大きな耳が垂れ下がります。
それは深い脇腹を持っていて、そしていくつかの他の品種で見つかるしわと余分な脂肪を欠いています。
最初の登録ランドレースの群れはデンマークで1896年に設立され、最初の子孫のテストは1907年に行われました。
それ以来、生産と品質のテストはデンマークの豚の改良プログラムの定期的な一部となっています。
主にこの品種で、デンマークは世界のチーフベーコン輸出国となり、長年の間この地位を守るために純血種のLandrace品種の輸出を拒否しました。
品種の研究と改良はまだ続いています。
1970年代と1980年代の7年間で、日々の体重増加、飼料転換、歩留まり、そして品質スコアに改善が見られました。
アメリカ、カナダ、ブラジル、チリ、メキシコ、日本、台湾、中華人民共和国、フィリピン、マレーシア、スウェーデン、タイ、旧ソ連、アルバニア、ハンガリー、ギリシャ、ドイツ、そしていくつかのアフリカ諸国に輸出されています。

 

Danish Protest
(デンマーク・プロテスト)

原産国:デンマーク


別名:

Red Pied Husum(レッドパイドフーズム)
German Red Pied(ジャーマンレッドパイ)

重量

雄豚:350㎏
雌豚:300㎏

 

Husum Red Pied(ドイツ語:Rotbuntes Husumer)は、デンマーク・プロテスト(ドイツ語:Husumer Protestschweinおよびデンマーク語:Husum protestsvinまたはdanske protestsvin)のニックネームを持つ、珍しい家畜種です。
それは、プロイセンの支配下でその地域に住んでいたデンマーク人がデンマークの旗を掲げることを禁じられ、代わりにProtest Pigを展示した20世紀初頭のシュレースヴィヒ南部の北フリジアで始まった。
その赤い色、幅広く白い縦帯、そしてデンマークの国旗の色に似た白い横帯の痕跡が原因で、それは彼らの文化的アイデンティティの象徴となりました。
品種は約92センチ(36インチ)の高さに成長し、350キロまでの重量がある。
それはおそらくホルスタインとユトランドの湿地豚、イギリスのタムワースブタとAngeln Saddlebackの赤い変種から作られたのでしょう。
それは1954年に品種として認識されていましたが、1968年の最後の出産以降、その品種は絶滅したと見なされました。
1984年になって初めて、完全にその品種に完全に一致する豚が発見された。
ブリーダーの協会はそれを繁殖させ、この品種の既存の豚を登録し続けています。
繁殖個体群は、ベルリン動物園、ハノーバー動物園、キール近郊のティアパーク・アルケ・ワーダー、ZOOM Erlebniswelt Gelsenkirchen、Dalmsdorf(メクレンブルク)、HofLütjensee、Archehof Blumencronにあります。
ドイツのシュレースヴィヒホルシュタン州は、その文化的価値のために品種を保存することを支持しています。

 

Dutch Landrace
(オランダ・ランドレース)

原産国:オランダ


別名:

Netherlands Landrace
Nederlands Landras

 

オランダのLandraceブタ(オランダ語:Nederlands Landras)は、オランダで生まれた国内の豚の標準化された品種です。

「Landrace」豚品種のオランダ系統は、その名前が示すように、オランダの豚の本来の在来種に加えて、ドイツのLandraceおよびデンマークのLandrace豚との交雑種の交配から生まれました。

オランダ・ランドレースは「肉の多い効率的な品種」と見なされています。
主にオランダの南、東、北で飼育されています。
この品種は、特にスペインと日本に輸出されています。
オランダ・ランドレースは他の「ランドレース」と名付けられたヨーロッパの品種のものと似ています。
彼らは白くて大きくて垂れ耳です。
この品種は高い繁殖力と強い母性の能力を持っています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.15

目安時間:約 7分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

British Lop
(ブリティッシュ・ロップ)


原産国:イギリス


重量

雄豚:350㎏
雌豚:300㎏

ブリティッシュ・ロップはイギリス原産の古い豚の品種です。
大きくて白い豚、それはその顔にかかっているその大きな耳にちなんで名付けられました。
この品種はもともとイギリスで数種類の地元の品種と交配して開発され、1960年代にイギリス人に知られるようになりました。
この品種の最も初期の記録は、コーンウォールとデボンの国境、特にタヴィストック周辺の地域からのものです。
それはまたフランスのNormande豚に関連しているかもしれません。
1930年代後半までに、主に南西部で多数の純血種の子孫が登録されました。
第二次世界大戦後の数年間で、英国政府は生産を3品種(ラージホワイト、ウェールズ、ランドレース)で標準化することを推奨しました。
それは他の品種の豚の数の減少をもたらしました。
1960年代と70年代の間に、およそ11人のブリーダーだけがブリティッシュ・ロップを飼育続けました。
垂れ耳を持つ大きくて白い肌の豚です。
品種は主に放牧でそれ自身を支えることができるように開発されました。
この品種は、細身の体重を身につけるための優れた能力を有しており、特に穏やかな気質のために注目されています。
品種は現在60年代と70年代の間よりも数が多いですが、まだまれな品種サバイバルトラストによって絶滅危惧種として記載されています。

 

Bulgarian White
(ブルガリアン・ホワイト)


原産国:ブルガリア


ブルガリアン・ホワイトはもともと20世紀初頭に在来のブルガリアの豚とラージホワイトとエデルシュバイン系統の繁殖を含む段階的な繁殖プロセスを通して生まれました。
彼らはほとんどの現代の豚肉生産者によって好まれているよりも高い脂肪/赤身の比率を持つ傾向があり、ブルガリアン・ホワイトはラージホワイトの品種の長い足と体を保持しています。
ブルガリアン・ホワイトは、体に白い斑点があり、鼻の上に斑点や痕跡はありません。
耳は直立しており、体長は中程度です。
1960年代初頭に、ブルガリア政府はブルガリアン・ホワイトの肉の収量を改善したいと考えました。
彼らは、ソビエト連邦、スウェーデン、ポーランドからランドレースとラージ・ホワイトの品種のおよそ3000の血統育種を輸入することによって改善しました。
これらの輸入豚は、地元のブルガリア産白豚と交配させるために、10の州の農場と共に国内の豚農家に配給されました。
他の白豚種と交配することによって、ブルガリア白豚種の飼料転換率と脂肪貯蔵を改善するための継続的な努力があります。
活発で野外の品種として開発され、放牧やより近代的で集約的な農業で育てることができます。
ブルガリアン・ホワイトのような大きな白い豚の品種は険しい気候に耐えることができます。
1日の体重増加は、生後3ヶ月で27.5オンス(780g)です。
2007年の経済報告によると、ブルガリアの養豚部門は集約され、農場数は減少していますが、動物数はやや安定しています。

 

Cumberland
(カンバーランド)


原産国:イギリス

カンバーランドはイングランド北部で生まれた家畜の品種です。
それはカンバーランドソーセージやカンバーランドハムのような地元の珍味を作り出すために使われました。
1960年には、飼育方法の変更や脂肪分の少ない肉への需要が増えて絶滅してしまった。
カンバーランドは、おそらくカンバーランドとウェストモーランドで数百年かけて開発し、密接にオールド・ヨークシャー白豚に関連していた非常に古い品種でした。
それは振り子のような耳を持つ重い白豚で、イングランド北部の悪天候に耐えられるように、それを可能にするタフな体質を持っていました。
この品種は、脂肪分が多く、平均以上のサイズに急速に成長しました。
19世紀の間、豚の品種を「改良する」ために多くの努力が払われ、カンバーランドはしばしばヨークシャーの白い品種と交配されました。
これらは最終的にラージホワイト、スモールホワイト、ミドルホワイトに発展しました。
Cumberland豚ブリーダーズ協会は1916年に創設され、その品種は1920年代に人気の頂点に達しました。
カンバーランドは、より脂身のない肉の需要のために、20世紀半ばに支持を失い始めました。
1955年、サー・ハロルドHowittが議長を務める英国における豚生産の開発に関する諮問委員会は、英国の養豚業者は、標準化を確保するために、3つの品種に集中すべきであるという報告書を発行:大ホワイト、ウェールズ、および ランドレース
この頃には、カンバーランド種はすでに減少していました。
1954年までに認可されたのは3頭のみでした。
カンバーランド豚は、最後の個体である豚が、BothelのBothel Craggs農場で死亡した後、1960年に絶滅したと考えられています。
2008年に、ペンリス動物保護センターはDNA分析と選択的繁殖に基づいてカンバーランド豚を「再現」しました。
最後の生き残ったオリジナルを扱っていた農家は、新しいブタが見た目では良い一致であることに同意しました。
このプログラムから生まれた新しい豚が、将来的には本物のカンバーランドのハムやソーセージのもとになることを願っています。
しかし、Rare Breeds Survival Trustはこのプロジェクトに感謝していると述べました。
彼らは、この品種を真のカンバーランドブタとして認識しないと述べた。
2008年には、長年の選択的繁殖の後、カンバーランドと99.6%のDNAが一致する雌豚が生まれました。
しかし、それは不妊を証明しました。
元々のカンバーランドブタの遺伝的遺産は、ミドルホワイト、そしておそらくチェスターホワイトのアメリカ種にも存在します。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.14

目安時間:約 7分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Belgian Landrace
(ベルギー・ランドレース)

原産国:ベルギー

別名:

Improved Belgian
Belgian Improved Landrace(ベルギーの改良ランドレース)
Belgian Lop-eared(ベルギーロップ - イヤー)
Landrace beige (French)(ランドレース・ベージュ(フランス))
Indigene ameliore (French(フランス))
Poppel (French)(ポディペル(フランス))
Belgisch Landvarken (Flemish)(ベルギーLandvarken(フラマン語))
Veredeld Landvarken(Flemish(フラマン語))
Belgijska zwisloucha(Polish(ポーランド))
Landrasse B (German(ドイツ))

 

ベルギー・ランドレースは、Improved Belgian(改良ベルギー)、Belgian Improved Landrace(ベルギーの改良ランドレース)、そしてBelgian Lop-eared(ベルギーのロップイヤー)とも呼ばれ、ベルギー北部出身の飼育豚です。
1930年から1945年にかけてGerman Improved Landrace(ドイツの改良ランドレース)に「グレードアップ」され、その後1945年にDutch Landrace(オランダのランドレース)と交配されるまで、イギリスの品種を輸入して改良したものです。
1955年にルクセンブルグ、1971年にドイツ、そして1974年にチェコ共和国からのもののように、それを強化するために他の種類も血統に組み入れられました。
多くの異なる国で使用されている、ベルギー・ランドレースはまたフランスの「4つの主要な商業品種」の1つです。
ベルギー・ランドレース種はその豚肉生産でよく知られているので、豚肉の全体的な品質を高めるために他の品種と交配されることがよくあります。
それは他の品種よりも激しく筋肉質であること、そして結果として「低脂肪含有量」を有することと共にかなり大きいことで知られている。
質の高い赤身の量を最大限にし、品種の脂肪の量を最小限に抑えるために、過去数十年間にかなりの量の継続的なテストが行われてきました。
「さらに改善が可能な系統を分離するために、年間5,000頭以上の豚を検査する8施設」があります。
その品種がベルギーで販売されるためには、ベルギー・ランドレース種豚がしばしばPiétrainイノシシと交配され、それによってベルギーの品種の品質が向上します。
その後、子孫はベルギー・ランドレースのメインラインに戻り、豚肉の品質が向上します。
それが作り出す肉は細身で柔らかいです。
ベルギー・ランドレースは、「鋭い耳を持つ筋肉質の白い種」と表現されています。

 

Breitovo
(ブライトヴォ)


原産国:ロシア

Breitovo種は世界最大の品種の一つであり、ロシア原産のものです。
彼らはもともとロシアのヤロスラブリ地域で開発されました。
デンマークのランドレース種や他の中型から大型の白い豚種と、地元の豚種の交配から生まれました。
サイズが大きいことが、ロシアでこの品種が非常に人気になった理由の一部であり、それが国の北西部、特にその国のウラル山脈とヴォルガ地域で広まっていることにつながっています。
非常に大きな品種であるBreitovo品種は、主に肉目的で飼育されています。
実際、成熟した雄豚の体重は310~330kgまでで、雌豚は220~240kgまでさまざまです。
彼らの肉は名高い霜降りと高いタンパク質品質指数で有名です。
それはまた良好な色強度を有すると報告されている。
いくつかの暗いバリエーションも報告されているが、彼らは主に白色の品種です。
彼らの首はまた、中位の広さで、見た目は非常に筋肉質です。
彼らは非常に多種多様なボディ、一般的には非常に筋肉質です。
主に食肉生産のために飼育されている品種は、その大きさのため、非常に繁殖力があり、1年に2回の子豚を産むことで知られています。
それらの子豚の数は平均11〜12頭で、5〜6年まで雌豚の繁殖が続きます。

 

British Landrace
(ブリティッシュ・ランドレース)

原産国:イギリス


イギリスの国内品種で、イギリスで最も人気のあるものの1つです。
それは顔の大部分を覆う重い垂れ耳を持つ白で、豚肉とベーコンのために飼育されています。
この品種は、スカンジナビアからの12匹の在来種ブタ - 4匹のイノシシと8匹の雌ブタ(未熟な雌) - の1949年の輸入によって生まれました。
1955年の豚生産開発諮問委員会によるHowittの報告は、3種類の豚 - イギリスランドレース、ラージホワイト、ウェールズ - に焦点を当てることで、収益性を高めるよう農民に勧めました。
多くの農家がこの報告に基づいて行動し、その結果、より希少な品種の多くが減少した。
他の品種の改良にも使用されます。
これらの豚はイギリス全土、特に東域とヨークシャーで見られます。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.13

目安時間:約 4分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Bazna
(バズナ)


原産国:ルーマニア


別名:

Basner
Porcul de Banat

Romanian Saddleback

 

バズナは、Basner、Porcul de Banat、またはRomanian Saddlebackとしても知られ、ルーマニア原産の豚です。
この品種は、マンガリッツァとバークシャーの豚の品種の交配から1872年に初めて作られました。
バズナは主に黒で、首から肩にかけて前肢を含む白い輪が体を囲んでいます。
この品種は1958年に正式に承認されました。
繁殖すると、この品種はルーマニアのトランシルヴァニア地方のいくつかの町に配布され、また第二次世界大戦後はこの品種がさらにトランシルヴァニア地方とバナット周辺に配布されました。

 

Beijing Black
(ペキン・ブラック)


原産国:中国


別名:Peking Black(北京黒豚)

 

バークシャーと一般的な中国の豚の交雑種
Beijing Black、Peking Blackとしても知られている、中国の豚の品種です。
彼らはほとんど黒ですが、いくつかの白いところがあります。
この品種は1962年にバークシャーと普通の中国の豚を交配させることによって作られました。
それは「良い生産形質」持っている「強い、丈夫な品種」であると記載されています。
新しい出産のために選ばれる品種は、「出産時および離乳時の産仔数、離乳時の体重、ならびに生後6ヶ月時の体重および背中の肥厚」などのいくつかの要因を一致させる必要があります。
これらの要求に合格した豚は他の系統のBeijing Black(北京黒豚)と交配してより多様性を生み出します。

 

Belarus Black Pied
(ベラルーシ・ブラック・パイド)

原産国:ベラルーシ

別名:
Byelorussian Black Pied(ベラルーシアン・ブラック・パイド)
White-Russian Black Pied(ホワイト・ロシアン・ブラック・パイド)
Spotted Black Pied(スッポッテッド・ブラックパイド)

 

ベラルーシ・ブラック・パイドは、ベラルーシの豚の品種です。
それはもともとLarge White(ラージ・ホワイト)、Large Black(ラージ・ブラック)、Berkshire(バークシャー)、およびMiddle White(ミドル・ホワイト)の豚と在来のベラルーシの豚との交配から19世紀後半にミンスクで交配作成された。
1957年までは独立した品種グループとして認識されていませんでしたが、1976年からは個々の品種として認識されました。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.12

目安時間:約 6分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Arapawa
(アラパワ)

原産国:ニュージーランド

重量

雄豚:120~180㎏
雌豚:80~100㎏

ニュージーランドのマールボロ・サウンズにあるアラパオア島で発見された家畜豚の野生種です。
動物は1773年と1777年にジェームズクックによって地域に紹介されたブタの子孫であるという提案がありますが、彼らは明らかに1827年に設立されたテアワイティ捕鯨基地の島によってもたらされたOxford Sandy(オックスフォードサンディ)とBlack stock(ブラックストック)から派生しています。
彼らは1839年以来島に住んでいたことが知られています。
かなり毛深い、たてがみを持つ野生型です。
オークランド島の孤立の多くの世代から派生した別の独特の野生の品種と比較して、アラパワ豚は大きく、鼻と尾が短くなっています。
しかしながら、非野生の飼いならされた豚と比較して、それらはより小さく、より遅い成長率です。
色は主に砂色または黄褐色で、多くの場合黒い斑点があります。
彼らは小さい、とがった耳と長い顔と鼻を持っています。
彼らの肌は厚くて硬いです。

 

Auckland Island
(オークランド・アイランド)


原産国:ニュージーランド

重量

雄豚:平均 41.7㎏
雌豚:平均 37.3㎏

オークランド・アイランド豚は、ニュージーランドの亜南極オークランド島で発見された、国内の豚の野生の(しかし現在は保全管理されている)ランドレース種です。
その祖先は1807年以来島に住んでいて、そして侵入種として、かなり環境に影響を与えました。
18世紀と19世紀に、ヨーロッパ人は多くの亜南極の島で家畜の豚を放しました。
遭難している船員や訪問している捕鯨者のための食料源として、無人のオークランドに様々な豚が放たれました。
最初のものは1807年に起こり、1840年、1842年そして1890年代にさらに放たれました。
19世紀の終わりまでに、この島は繁殖が混じった豚の繁栄した個体群を保有していましたが、これは20世紀後半まで混乱せずに、独特の地域個体群を生み出しました。
オークランド島の豚の外観と大きさは、ニュージーランドの本島にある野生の豚と似ています。
彼らは黒か、または黒い斑点で白いか茶色である厚い髪の毛皮を持っています。
彼らはまた長く細い頭と鼻、まっすぐな尾を持っていて、比較的小さくてとても敏捷です。
20世紀後半の時点で、実質的な豚の頭数は同数の雄雌で、島全体を占めていました。
豚の食事は単純で、主に植物性食品から成ります。
沿岸に住む豚はまた多種多様な植物を食べますが、彼らの食事には樹皮、無脊椎動物、死んだ鳥やアシカの残骸などです。
多くの植物食物資源の枯渇以来、オークランド島の豚の人口は比較的少ないままです。
野生の豚はまた島中の他の野生生物に悪影響を及ぼしました。
彼らは彼らの卵を盗むために鳥の巣穴を掘った。
例えば、爬虫類、アホウドリ、マユグロアホウドリ、ペンギン、そして鵜。
オークランド諸島に持ち込まれた種は自然の生態系を回復するためのプログラムの過程で根絶されるべきであるという決定がニュージーランドの保全省によってなされました。
その結果、ニュージーランドの珍しい品種保護協会(RBCSNZ)は飼育下での人口を維持しようとすることを決めました。
1999年に、RBCSNZの遠征隊がオークランド島から妊娠中の雌豚を含む17頭の豚を捕まえ、ニュージーランドのインバーカーギルに移しました。
*インバーカーギル(英: Invercargill、マオリ語: Waihopai)は、ニュージーランド南島サウスランド平野に位置する町であり、国内最南端に位置する町である。
これらの動物はそれ以来成功裡に育ち、危険にさらされていない。

 

Australian Yorkshire
(オーストラリアン・ヨークシャー)

原産国:オーストラリア

オーストラリアン・ヨークシャーはもともと、イギリスから豚のヨークシャーの品種の一部で、オーストラリアの国内の豚の品種です。
それは最も「オーストラリアで最も優勢な豚の品種」です。
この品種は世界的に販売されており、アジア市場向けに特別な改良が加えられています。
シンガポールでは、オーストラリアの主要なヨークシャーのサプライヤーであるAustralian Pork Limitedの支店が開設され、同国の消費者に応えました。
シンガポールで販売されている豚は、ホエーパウダーではなく、大麦穀物と大豆を供給されていました。
後者は、「シンガポール人が好まないミルキーな味を肉に与えているからです」。
2001年に、Bihn Thangにある南ベトナム農業科学研究所で、オーストラリアン・ヨークシャーと一般的なベトナムの豚と比較した研究が行われました。
それはオーストラリアの品種が成長、効率および枝肉の細身化および同腹仔の成績において「ベトナムの品種よりも有意に有利である」と結論を下した。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.11

目安時間:約 4分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Aksai Black Pied
(アクサイ・ブラック・パイド)


原産国:カザフスタン

体重

雄豚:平均 317㎏
雌豚:平均 245㎏

 

Aksai Black Piedは、カザフスタン産の白黒の斑点をもつ豚です。
1952年にKasalenki州の飼育場およびAksaiの実験養殖場で食肉生産豚として開発されました。
生来の豚はLarge Whites(ラージ・ホワイト)とBerkshires(バークシャー)と交配され、後にLarge Whites(ラージ・ホワイト)とEstonian Bacon(エストニアン・ベーコン)種とさらに交配されて肉とベーコンの生産量が増えました。
雌豚はNorth Caucasian(ノース・コーカサス)およびLandrace boars(ランドレース・ボアーズ「いのしし」)とも交配されています。
1980年に11,000頭の最大の人口に到達し、成功し育種されたが、その後減少しています。

 

American Yorkshire
(アメリカン・ヨークシャー)


原産国:アメリカ


アメリカン・ヨークシャーは、イギリスのヨークシャーのアメリカ版です。
イギリスのヨークシャーの大きくて直立した耳に比べて、小さくて柔らかい耳を持っています。
アメリカでその肉用に養殖された豚で最も多く記録された品種です。
1830年、最初のヨークシャーがアメリカ、特にオハイオ州に輸入されましたが、成長率が遅いため、1940年代後半まで普及しませんでした。
その当時、多くの大型豚は、その耐久性と優秀な歩留まりのために、カナダとイギリスから輸入されました。
それから品種は選択によって急速に改良した。
今日では、アメリカン・ヨークシャーはほぼすべてのアメリカの州で飼育されており、最も頭数が多いのはイリノイ州、インディアナ州、アイオワ州、ネブラスカ州、およびオハイオ州です。
現代のヨークシャーは筋肉質で、赤身の肉の割合が高いです。

 

Ankamali
(アンカマリ)


原産国:インド

AngamalyはインドのKerala(ケーララ)州で見つかる在来の豚です。
ケララのこの黒い豚は現在、絶滅危惧種と見られています
ケララ州での白豚の導入と普及により、ケララ州の黒豚が絶滅の危機に瀕しています。
現在は、保護プロジェクトを始めています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.10

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。

近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。

日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Lacombe
(ラコム)

原産国:カナダ

アルバータ州のラコムベ研究所(Lacombe Research Centre)にちなんで命名されたこの種の品種は、カナダで最初に開発された豚の品種です。
ラコムは白い中位の豚で、従順な気質です。
この品種は大きくて垂れ下がる耳を持ち、長い身体があり、短足です。
この品種は特に、雌豚の繁殖率と雌豚の早熟性から選択され、注目されています。
この品種の開発は、1947年にバークシャーの雌豚をデンマーク・ランドレースとチェスターホワイトに交配して開発が始まりました。
その目標は、当時のカナダの代表的な品種であるヨークシャーとの交配に適した豚を開発することでした。
ラコムは1957年に豚肉の生産者に発表され、すぐにカナダで人気のある品種に成長しました。
ラコムの品種はカナダで5番目に多い品種です。
1,743頭が1981年に登録され、そのうち648頭が雄豚であり、1,095頭が雌豚であった。
1954~57年まで、アルバータ州のヨークシャーの60の商業農場で評価され、求められたパフォーマンス、能力、肉質を証明しました。
1957年にラコムが一般に公開されました。
品種はランドレース56%、バークシャー23%、チェスターホワイト21%の血を含むと推定されています。
今日、ラコムの繁殖用の飼育品は、大部分がいくつかの民間企業によって保有されており、カナダのRare Breedsによって絶滅の危機に瀕していると考えられています。

 

Lincolnshire Curly Coat
(リンカンシャー・カーリー・コート)

原産国:イギリス

Lincolnshire Curly CoatまたはLincolnshire Curly-Coatedは、Baston Pigとしても知られています。
1970年までに、それは絶滅してしまったと思われたが、奇跡的に復活した。
それは、ミッドランド東部のリンカンシャー郡を起源とし、その名をとっています。
他の多くの伝統的なブタの品種と同様に、第二次世界大戦後は希少品種になりました。
それは伝統的にリンカンシャーの沿岸地域、北海からリンカーン市、グランサム、ラウス、スペルディングの町まで広まった。
1930年代には選択育種が肥育能力を発達させ、ハンガリーを含むロシアなどに輸出された。

 

Celtic pig
(ケルト豚)

原産国:スペイン

ケルト豚(ガリシア語: 'Porco celta')は、スペイン北西部のガリシア州の豚の品種です。

彼らは20世紀初頭までは一般的でしたが、1980年代にはケルト豚はほとんど姿を消しました。
現在は回復しており、今では2千500頭以上の純粋な雌豚がいる。

ケルト豚は、大ヨークシャーのような現代品種よりもゆっくりと成長し、脂肪が多くなり、集中的な商業肉生産にはあまり適していませんが、ソーセージ等の豚肉製品の作成には理想的です。

 

ケルト豚の頭数推移

 年   雌豚  雄豚  合計

2009年 2,643 1,751 4,394

2010年 2,687 1,787 4,474

2011年 2,587 1,889 4,476

2012年 2,684 1,907 4,591

2013年 2,634 1,668 4,302

2014年 2,532 1,596 4,128

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.9

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。

近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。

日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Mulefoot
(ミュールフット)

原産国:スペイン

ミュールフットは、ロバの足をを思い起こさせる蹄に由来して命名された豚の品種です。

これらのブタは、普通はは黒色であり、まれに白いマーキングを有する。

彼らは細長い鼻、直立しだらりとした耳と、短い光沢のある髪を持っています。

彼らの顔はイノシシの顔に似ています。

彼らは通常、雄豚の体重が250㎏、雌豚が200㎏で、成長すると体重が180〜270㎏に達します。

雌豚は平均5〜6頭の子豚を産みます。

2006年現在、純粋なミュールフットは200頭未満と推定されています。

2013年現在では、ミュールフットは重大な危機に瀕していると見なされている。

 

Mukota
(ムコタ)

原産国:ジンバブ

ムコタは、主にジンバブエで発見された先住民族の豚の品種である。

それは、Rhodesian IndigenousまたはZimbabwe Indigenous pigとも呼ばれます。

ムコタは熱帯地方では黒く、病気や栄養不足に強く、水をほとんど必要としません(毎週6リットル)。

彼らは2つの広いクラスに分類されます。

1つは短く脂肪が多く、短い鼻は中国のラードブタの鼻に似ています。

もうひとつは長い鼻のWindsnyer Pigに似ています。

Mukotasは、主にジンバブエで推定7万頭いるが、モザンビークとザンビアでも見つかっています。

彼らは17世紀のヨーロッパと中国の貿易の時に導入されたと信じられており、ジンバブエ北東部のMukota地方にちなんで命名された。

 

Large Black
(ラージ ブラック)

原産国:イギリス


重量

雄豚:320~360㎏
雌豚:270~320㎏

Devon、Cornwall BlackまたはBogguと呼ばれることもあるラージブラックは、イギリス、特にデヴォン州、コーンウォール州、エセックス州の豚の品種です。
ラージブラックは、その名前のとおり大きな豚の品種であり、完全に黒い唯一の英国の豚です。
それは丈夫で従順な豚であり、多産で知られている大きな黒い豚です。
ラージブラックはイングランドの西部と東部の地元の黒豚の品種を組み合わせたものです。
ラージブラックは1900年代初めに普及し、世界の多くの地域に輸出されました。
数は第2次世界大戦後、集中的な養豚業に適した品種に変わり、1960年代にはほとんど絶滅した。
飼育数はゆっくりと上昇しましたが、レア・ブリデス・サバイバル・トラスト、アメリカ家畜繁殖保護団体、レア・ブリーデス・カナダによっても脆弱であると考えられています。
ラージブラックは、イングランドの南西にあるデボン州とコーンウォール州と、東にあるエセックス州、サフォーク州、ケント州の2つの地理的に離れた地域の黒ブタが交配したことに起因しています。
エセックス州を中心としたイギリス東部の豚は、18世紀後半の中国からの輸入の影響を受けたが、デボンとコーンウォールの豚は、おそらくヨーロッパ本土、特にフランスの豚と密接に関連していた。
しかし、1920年代にピークを迎えた品種の人気は、第二次世界大戦後、農家が集中的な屋内飼育でうまくいく豚品種を好むようになったため、人口は減少しました。
ラージ・ブラックはトラストの絶滅危惧種リストに掲載されました。
今日では、1985年と1990年に輸出された豚の子孫がカナダ、オーストラリア、南アフリカにいます。
雌豚は8~10頭を産むが、若干の雌豚には最大13頭を産むことが知られていた。
また、1940年から1952年の間に26匹を産んだため、ギネスブックに掲載されている。
ラージブラックは、イギリスで最も希少な歴史的なブタの品種ですが、伝統的なブタの品種からの肉の需要が増加しているため、頭数は徐々に上昇しています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.8

目安時間:約 4分

世界には様々な豚がいます。

近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。

日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Pot-Bellied Pig
(ポットベリー・ピッグ)

原産国: ベトナム


重量

雄豚:平均:50 kg
雌豚:平均:48 kg

高さ

雄豚:36 cm
雌豚:35 cm

 

1960年から開発されました。
1986年にアメリカに入ってからはペットとして広く飼われています。

ポットベリーとはベトナムの言葉で太鼓のようなお腹の意味。
そのため腹は、下に丸くふくれています。
平均体重約50kg、平均身長約36cmの小さな豚である。
それは一様に黒く、ひどくしわのある肌です。

おとなしくて賢く、しつけは比較的簡単でトイレや芸なども覚えます。

暑さ寒さに非常に弱く、体臭が少ないため室内での飼育が向いています。

 

Poland China
(ポーランドチャイナ)

ポーランドチャイナは、1816年にバークシャーとハンプシャーを含む多くの品種に由来する、米国オハイオ州で最初に飼育された豚の品種で最も古いアメリカの品種です。

ポーランドチャイナ種は、普通はは黒く、時には白い斑点があり、大きなサイズで知られています。

ポーランドチャイナは、2,152ポンド(1,157kg)で記録された最大の豚です。

オハイオ州ウォーレン郡のブルーボールにあるハンキンソンファームで最初に飼育されました。

体重は雄で350〜450kg、雌で200〜300kg。

肉は脂肪が多く、代表的なラードタイプの豚、良質のラードを生産する。

 

Mangalitsa
(マンガリッツァ)

マンガリッツァ(ハンガリー: Mangalica、イギリス: Mangalitza、アメリカ: Mangalitsa)とは、品種改良により1833年に生み出されたハンガリー固有の、希少種の豚である。
20世紀初めには約1千万頭飼われていたが、1991年には191頭まで激減。
その後は国を挙げての保護策で絶滅の危機を免れて、2004年にはハンガリーの国宝に指定された。
2017年には5万頭程度に回復した。

全身が羊のような毛で覆われているため、別名「ウーリーピッグ(毛むくじゃらの豚)」とも呼ばれている。
毛の色によって、金、赤、黒と3種類に分類することができ、黒い鼻の淵、口元、蹄を持っているのが特徴である。

一般の豚肉よりも霜降りの率が高い。
また肉の色が赤褐色で濃く、牛肉に良く似た肉質である。
コレステロールの原因となる飽和脂肪酸の量が少ないためヘルシーで、消化にも良いとされている。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

1 2 3 6

ページの先頭へ