世界の馬肉事情 アジア・太平洋編

目安時間:約 8分

馬肉は多くの国、特にヨーロッパ、南アメリカ、アジアの料理の伝統の重要な部分を占めています。
上位8カ国は年間約470万頭の馬を消費しています。

倫理的な反対意見と肉への不慣れさのために、馬肉はいくつかの文化では禁止されている。
馬は西部の世界のいくつかの地域、特にアメリカ、イギリス、アイルランドでもペットとしての地位を与えられています。

 

馬肉の歴史・概要

旧石器時代では、野生の馬はタンパク質の供給源として狩猟されていました。
馬肉の消費は、馬を飼育するのに適した豊富な草原のために、過去または現在、中央アジア社会では一般的でした。
世界の他の地域では、馬肉は貧しい人々が食べるものであるという汚名を持っており、豚肉や牛肉などの他の肉の代用品と見られています。
人間が消費するために馬を殺すことは、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの国々では反対されています。
馬は一般にはペットやスポーツの動物であると考えられています。
ほとんどすべての医薬品および治療法は、人間が消費することを意図していないと表示されています。
欧州連合では、馬肉にする馬は、米国の馬に一般的に使用されている多くの薬で治療することはできません。

 

世界の馬肉生産量

ダントツで中国が1位である、国内で消費すると言うより輸出が主である。(加工品などに使用)

 

アジア・オセアニア地域の馬肉について

Australia(オーストラリア)

面積:69万2,024平方キロメートル(日本の約20倍、アラスカを除く米とほぼ同じ)

人口:約2,460万人

首都:キャンベラ

馬肉生産量:世界第7位

 

オーストラリアとニュージーランドの食品規格法の「肉」の定義には、馬は含まれていません。
オーストラリア人は一般的に馬肉を食べませんが、日本、ヨーロッパ、ロシアに輸出する馬の牧場があります。
南オーストラリアのPeterborough(SAMEX Peterborough Pty Ltd)とQueenslandのCaboolture Abattoir(Meramist Pty Ltd)に牧場があります。
2010年6月30日、西オーストラリア州農業大臣は、西オーストラリア州の肉屋aに、馬肉を販売する最終承認を与えました。
馬肉の消費はオーストラリアのニッチ市場として続いており、グルメへの関心が高まるにつれてさらなる成長の可能性があります。

 

China(中国)

面積:約960万平方キロメートル(日本の約26倍)

人口:約13.90億人

首都:北京

馬肉生産量:世界第1位

 

馬肉は広西省や雲南省の桂林のような特定の地域以外では一般的に中国の人々に受け入れられているが、その低い入手可能性と馬肉が健康に悪いという噂のために人気がない。
中国は2011年16万1280トンを生産した、世界一の飼育、産出国であるが、中国国内で馬肉そのままを食材として調理する例は限られ、ほとんどが輸出用、ソーセージ、肉団子などの加工食品用に利用されている。
地域的には東北部、西北部、内モンゴル自治区に偏在して飼育されている。
近年は華北地域を中心に馬肉を輸出用に加工できる施設が増えている。
今日、中国南部では、地元で有名な桂林の馬肉米麺(ピンイン:mǎròmmffěn)と貴州省恵州県の馬肉鍋(ピン(myròuhuǒguō))があります。

 

Indonesia(インドネシア)

面積:約189万平方キロメートル(日本の約5倍)

人口:約2.55億人

首都:ジャカルタ

 

インドネシアでは、馬のサテ(ジャワ語:sate jaran、インドネシア語:sate kuda)として知られるサテ(串焼きの焼き肉の塊)の一種が馬肉から作られています。

Kazakhstan and Kyrgyzstan(カザフスタンとキルギス)
カザフスタンとキルギスでは、主に遊牧民の食事の大部分を馬肉が占めています。
料理のいくつかはソーセージの皮として腸を使用して肉から作られたkazyとchuchukまたはshuzhykと呼ばれるソーセージ、燻製されて煮られた首の脂肪から作られたjal(またはzhal)、直腸の一部をスモークして煮て作ったもの、そして乾いた肉として保管してあるものなどがあります。

 

Mongolia(モンゴル)

面積:156万4,100平方キロメートル(日本の約4倍)

人口:317万9,800人

首都:ウランバートル

馬肉生産量:世界第9位

 

カジーと呼ばれる塩漬けの馬肉ソーセージは、カザフスタンの郷土料理として製造されています。
一般的に、モンゴル人は牛肉と羊肉を好む(ただし、非常に寒いモンゴルの冬の間は、コレステロールが低いために馬肉を好む人もいる)。
それは凍らないように保たれ、そして伝統的に人々は馬肉がそれらを温めるのを助けると思います。
他のアジア諸国はモンゴルから加工馬肉を輸入しています。

 

Philippines(フィリピン)

面積:299,404平方キロメートル(日本の約8割)7,109の島々がある。

人口:約1億98万人

首都:マニラ

 

フィリピンでは、馬肉(lukba、tapang kabayo、またはkabayo)は一般的に野外市場で売られている珍味です。
作り方はとても一般的で、カラマンシやレモン汁、東洋(醤油)、パティ(魚醤)などで肉を漬けます。
それはから揚げられてそして肉にタルト味を与えるためにしばしば酢に浸される。

South Korea(韓国)
韓国では、一般的に馬肉は食べられませんが、通常は首の周りの生の馬肉が済州島の珍味として消費されます。

 

Tonga(トンガ)

面積:720平方キロメートル(対馬とほぼ同じ)

人口:約108千人

首都:ヌクアロファ

 

馬肉の消費は一般的に特別な行事のためだけに行われています。
これらの特別な行事には、重要な家族や近親者の死亡、あるいは重要な家族の誕生日や、トンガ王のような大事な人の訪問などのお祝いの形で行われることがあります。
馬は重荷の獣としての使用のために家族が所有することができる最も貴重な動物の1つです。
消費のために自分の馬を屠殺することは、その馬が殺された人または出来事に対する計り知れない敬意の瞬間となります。
それはより容易に利用できる、より手頃な価格ですので、このような馬肉の消費量は、一般的にタブーであるオーストラリア、アメリカ、ニュージーランド、西洋諸国への移民にもかかわらず、トンガ人はおそらく馬肉を食べます。

 

最後に

世界的に見ると、食べている国、宗教上タブーにしている国、法律で禁止している国と色々な国があります。
アジア地域では宗教上とかタブーは少ないようです。
海外の情報(Wikipediaなど)を翻訳した内容が含まれています。

世界の馬肉事情 東ヨーロッパ編

目安時間:約 8分

馬肉は多くの国、特にヨーロッパ、南アメリカ、アジアの料理の伝統の重要な部分を占めています。
上位8カ国は年間約470万頭の馬を消費しています。

倫理的な反対意見と肉への不慣れさのために、馬肉はいくつかの文化では禁止されている。
馬は西部の世界のいくつかの地域、特にアメリカ、イギリス、アイルランドでもペットとしての地位を与えられています。

 

馬肉の歴史・概要

旧石器時代では、野生の馬はタンパク質の供給源として狩猟されていました。
ヨーロッパの多くの地域で、馬肉の消費は732年の馬肉の教皇の禁止にもかかわらず、近代まで中世を通して続いた。
北ヨーロッパのゲルマン異教の宗教的儀式、特にオーディンの崇拝に関連する儀式の一部として食べられました。
イギリス、オーストラリア、アイルランド、アメリカ、イギリス・カナダなど、英語圏では一般に入手できない食品です。
それはブラジル、イスラエル、そして世界中のロマニ族の人々とユダヤ人の人々の間でもタブーです。
馬は奇蹄類で、反芻動物ではないので、馬肉はユダヤ人の食事法で禁じられています。
世界の他の地域では、馬肉は貧しい人々が食べるものであるという汚名を持っており、豚肉や牛肉などの他の肉の代用品と見られています。
人間が消費するために馬を殺すことは、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの国々では反対されています。
馬は一般にはペットやスポーツの動物であると考えられています。
ほとんどすべての医薬品および治療法は、人間が消費することを意図していないと表示されています。
欧州連合では、馬肉にする馬は、米国の馬に一般的に使用されている多くの薬で治療することはできません。

 

世界の馬肉生産量

ダントツで中国が1位である、国内で消費すると言うより輸出が主である。(加工品などで使用)

 

東ヨーロッパ各国の馬肉について

Bulgaria(ブルガリア)

面積:11.09万平方キロメートル(日本の約3分の1)

人口:713万人

首都:ソフィア

 

馬肉はブルガリアのいくつかのレストランで提供されています。
馬肉の一般的な使用はステーキやハンバーガーです。
馬肉はまだ消費が少ないが、ソーセージやタルタル(細かく刻んで生で食べる)でも消費されていた60年代から70年代にかけて人気が高まっています。

 

Serbia(セルビア)

面積:7,474平方キロメートル(北海道とほぼ同じ)

人口:712万人

首都:ベオグラード

 

馬肉はセルビアで一般的に入手可能ですが、大部分は伝統的な料理で避けられています。
しかしながら、それは貧血に苦しむ人々に一般開業医によってしばしば勧められます。
それは、ベオグラードの3つのグリーンマーケット、ニシュのマーケット、そしてハンガリーと以前はドイツの伝統が使用していた民族が混在するVojvodinaのいくつかの都市で購入することができます。

 

Ukraine(ウクライナ)

面積:60万3,700平方キロメートル(日本の約1.6倍)

人口:4,241万人

首都:キエフ

 

特にクリミアや他の南部の草原地域では、馬肉はマハンとスチュクと呼ばれるソーセージの形で消費されます。

 

Kazakhstan(カザフスタン)

面積:272万4900平方キロメートル(日本の7倍,世界第9位)

人口:1,820万人

首都:アスタナ

馬肉生産量:世界第3位

 

伝統料理では羊肉や馬肉、その他乳製品を用いることが多い。
何百年という期間を通して、カザフスタンではヒツジ、ラクダ、馬などを飼う遊牧民としての生活を送ってきており、これらの動物を交通手段や衣服、食事など幅広い用途に使用してきた。
カザフスタン料理の料理技術や主な食材はこの遊牧民的な生活様式に大きな影響を受けている。
例えば、料理技術の大部分は食材や料理の長期保存技術のためのものである。
長期保存のための肉の塩漬けや乾燥に関する技術に関しては非常に多くの種類が存在し、遊牧民生活において保存を容易にするためサワーミルク(発酵乳)が好まれる傾向にある。

肉はカザフスタン料理において必ずといっていいほど使用される食材であり、カザフスタンの伝統料理では通常ゆでた肉を使用する。
馬肉や羊肉は肉の中でも最も一般的に使用され、ゆでた後細かく切り分けずにそのまま提供されることも多い。
カザフスタンの人々は屠殺用に残しておく馬に関しては特に大事に育てており、他の馬とは別にしっかりと餌をやって走行が十分にできない状態にまで肥え太らせてから食する事が多い。

ベシュバルマクはゆでた馬肉もしくは羊肉で作られる料理で、カザフ語ではカザクシャ・エト(қазақша ет)つまり「カザフの肉」と呼ばれる、カザフスタンで最も人気のある料理である。

ベシュバルマクはバシキール語などで「5本の指」という意味であり、もともとは5本の指を使って食べたことに由来している。

ゆでた肉のかたまりを切り分け、もてなす側が主賓から順に提供していく。

他の人気のある肉料理としてはカザ (Казы, 高価な馬肉ソーセージ)やシュジュク(英語版) (Шұжық、馬肉ソーセージ)、クイルダク(ロシア語版) (Kuyrdakもしくはkuirdak、馬や羊、牛などの肝臓、腎臓、心臓やその他のもつを細かく刻み、玉ねぎやピーマンと炒めた料理)、その他ジャール (zhal、ウマの首から採れる脂身の燻製)、ジャーヤ (zhaya、馬の尻や後ろ足の肉を塩漬けにし、燻製にした料理)などの馬の様々な部位を利用した料理がある。

ウルペルシェク (Ulpershek) はウマの心臓や大動脈、脂肪を薬缶で煮込んだ料理であり、よく結束の印として義理の姉妹の間でわけあって食べる。
ジャール (Zhal) は馬のたてがみの下にある脂肪部分であり、一頭から取れる量が極めて少ないことから特別な客に対してのみ出される料理である。
ジャーヤは馬の尻の肉であり、茹でて食卓に上ることが多い。

 

最後に

世界的に見ると、食べている国、宗教上タブーにしている国、法律で禁止している国と色々な国があります。
遊牧民族が多い国では馬肉生産量も消費量も多くなります。
この内容は、海外の情報(Wikipediaなど)を翻訳した内容が含まれています。

世界の馬肉事情 南ヨーロッパ編

目安時間:約 8分

馬肉は多くの国、特にヨーロッパ、南アメリカ、アジアの料理の伝統の重要な部分を占めています。
上位8カ国は年間約470万頭の馬を消費しています。

倫理的な反対意見と肉への不慣れさのために、馬肉はいくつかの文化では禁止されている。
馬は西部の世界のいくつかの地域、特にアメリカ、イギリス、アイルランドでもペットとしての地位を与えられています。

 

馬肉の歴史・概要

旧石器時代では、野生の馬はタンパク質の供給源として狩猟されていました。
ヨーロッパの多くの地域で、馬肉の消費は732年の馬肉の教皇の禁止にもかかわらず、近代まで中世を通して続いた。
北ヨーロッパのゲルマン異教の宗教的儀式、特にオーディンの崇拝に関連する儀式の一部として食べられました。
イギリス、オーストラリア、アイルランド、アメリカ、イギリス・カナダなど、英語圏では一般に入手できない食品です。
それはブラジル、イスラエル、そして世界中のロマニ族の人々とユダヤ人の人々の間でもタブーです。
馬は奇蹄類で、反芻動物ではないので、馬肉はユダヤ人の食事法で禁じられています。
世界の他の地域では、馬肉は貧しい人々が食べるものであるという汚名を持っており、豚肉や牛肉などの他の肉の代用品と見られています。
人間が消費するために馬を殺すことは、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの国々では反対されています。
馬は一般にはペットやスポーツの動物であると考えられています。
ほとんどすべての医薬品および治療法は、人間が消費することを意図していないと表示されています。
欧州連合では、馬肉にする馬は、米国の馬に一般的に使用されている多くの薬で治療することはできません。

 

世界の馬肉生産量

ダントツで中国が1位である、国内で消費すると言うより輸出が主である。(加工品などに使用)

 

南ヨーロッパ各国の馬肉について

Italy(イタリア)

面積:30.1万平方キロメートル(日本の約5分の4)
人口:60.6百万人(2018年1月推計値。日本の約半分)
首都:ローマ
馬肉生産量:世界第12位

 

馬肉は、ロンバルディア州、ベネト州、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州、トレンティーノ=アルト・アディジェ州/ズードチロール州、パルマ州、プーリア州、サルデーニャ島とシチリア島で特に人気があります。
さまざまなレシピで使用されています。
pastissada(ヴェローナの典型的なもの)と呼ばれるシチューとして、ステーキとして、カルパッチョとして、またはブレサオーラとして作られています。
スフィラッチと呼ばれる細い馬肉が人気です。
脂肪はpezzetti di cavalloのようなレシピに使われています。
馬肉ソーセージとサラミは様々な場所で伝統的に作られています。
シェフと消費者は、可能な限りまれにそれを提供することによってその独自性を賞賛する傾向があります。
パルマの料理には、ペストディカバロと呼ばれる馬肉のタルタルと様々な調理済みの料理があります。
ベネトでは、馬の肉の消費量は紀元前1000年頃からアドリア海のヴェネッティまで遡り、その馬の繁殖の高い技術で有名です。
軍用および農業用に馬を飼育するのと同様に、ヴェネティクスはローマ時代を通して馬を消費するためにも使用していました。
これは馬肉の消費をベネチア料理の伝統として確立した慣習です。
現代では、馬肉は高級品と見なされ、スーパーマーケットや精肉店で幅広く利用できます。
一部の専門肉屋では、厳選された馬肉のみを提供しています。
パドヴァ県では、馬肉は郷土料理の重要な要素であり、特に街から南東に伸びる地域では歴史的にサッチシカと呼ばれていました。
いくつかの伝統的な料理は以下のとおりです。

 

Sfilacci di cavallo:

馬肉のほつれ、乾燥、味付け。 生で消費されるためには、軽くて軽いおやつになることができ、他の料理のトッピングとしてより人気があります。 パスタ、リゾット、ピザ、サラダなど

 

Cavàeo in Umido:

ウミドのカヴァオ(パドヴァの伝統的な馬肉シチュー)とポレンタのグリル

 

Straéca:

横隔膜から切り取った、薄く柔らかい馬のステーキ。
グリル、鍋、またはホットプレートでさまざまに調理され、そして装飾が施されている。

 

Bistecca di puledro colt steak:

straécaに似ていますBistecca di puledroコルトステーキ

 

Prosciutto di cavallo:

馬肉の生ハム

 

Salame di cavalloまたはsalsiccia di cavallo:

さまざまな種類のサラミ、さまざまに製造されたまたは味付けされた、時には純粋な馬肉で作られ、時には他の肉と混合された(牛肉または豚肉)

 

Bigoli al sugo di cavallo:

ボロネーゼソースのようなソースでドレッシングされた、生のパスタの典型的な形。

 

Pezzetti di cavallo al sugo:

サレントで広く使用されているソース、野菜およびさまざまなpeperocinoで味付けした馬のシチュー

 

Chunks (pezzetti) of horse stew:

馬のシチュー

 

イタリア南部では、馬肉は一般的にいたるところで食べられています。
特にプーリア地方で食べられています。
質素な農業集落では、すべての動物がタンパク質の供給源として見なされていました。

 

Malta(マルタ)

面積:316平方キロメートル(淡路島の半分)
人口:約43万人
首都:バレッタ

 

マルタでは、馬肉(マルタ語:Laħamtaż-żiemel)がたたき出され、トマトまたは赤ワインソースのいずれかでゆっくりと数時間調理されています。
いくつかの馬肉店がまだ存在し、いくつかのレストランで提供されています。

 

Spain(スペイン)

面積:50.6万平方キロメートル(日本の約1.3倍)
人口:約4,666万人
首都:マドリード

 

スペインでは、北部以外では一般的に馬肉は食べられませんが、フランスとイタリアの市場向けに輸出されています。
チェーチナは牛肉や馬肉から作られた硬化肉です。
大人の馬肉よりも子馬肉(carne de potro)が好ましく、スーパーマーケットで見つけるのは簡単で、通常シチューやステーキ用として販売されています。
貧血の子供にそれを与えることは一般的なやり方です。
スペインには一般的なタブーはありませんが、その消費量は豚肉、牛肉、および子羊と比較してわずかです。

最後に

世界的に見ると、食べている国、宗教上タブーにしている国、法律で禁止している国と色々な国があります。
この内容は、海外の情報(Wikipediaなど)を翻訳した内容が含まれています。

世界の馬肉事情 西ヨーロッパ編

目安時間:約 8分

馬肉は多くの国、特にヨーロッパ、南アメリカ、アジアの料理の伝統の重要な部分を占めています。
上位8カ国は年間約470万頭の馬を消費しています。

倫理的な反対意見と肉への不慣れさのために、馬肉はいくつかの文化では禁止されている。
馬は西部の世界のいくつかの地域、特にアメリカ、イギリス、アイルランドでもペットとしての地位を与えられています。

 

馬肉の歴史・概要

旧石器時代では、野生の馬はタンパク質の供給源として狩猟されていました。
ヨーロッパの多くの地域で、馬肉の消費は732年の馬肉の教皇の禁止にもかかわらず、近代まで中世を通して続いた。
北ヨーロッパのゲルマン異教の宗教的儀式、特にオーディンの崇拝に関連する儀式の一部として食べられました。
イギリス、オーストラリア、アイルランド、アメリカ、イギリス・カナダなど、英語圏では一般に入手できない食品です。
それはブラジル、イスラエル、そして世界中のロマニ族の人々とユダヤ人の人々の間でもタブーです。
馬は奇蹄類で、反芻動物ではないので、馬肉はユダヤ人の食事法で禁じられています。
世界の他の地域では、馬肉は貧しい人々が食べるものであるという汚名を持っており、豚肉や牛肉などの他の肉の代用品と見られています。
人間が消費するために馬を殺すことは、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの国々では反対されています。
馬は一般にはペットやスポーツの動物であると考えられています。
ほとんどすべての医薬品および治療法は、人間が消費することを意図していないと表示されています。
欧州連合では、馬肉にする馬は、米国の馬に一般的に使用されている多くの薬で治療することはできません。

 

世界の馬肉生産量

ダントツで中国が1位である、国内で消費すると言うより輸出が主である。(加工品などに使用)

 

西ヨーロッパ各国の馬肉について

Belgium(ベルギー)

面積:30,528平方キロメートル(日本の約12分の1)

人口:1,132.2万人

首都:ブリュッセル

 

ベルギーでは、馬肉(オランダ語でpaardenvlees、フランス語でviande chevaline)が人気があります。
赤身、スモーク、スライスした馬肉の切り身(paardenrookvleesまたはpaardengerookt、フランス語のフィレchevalin)は、サンドイッチと一緒にコールドカットとして、または冷たいサラダの一部として提供されています。
馬肉ステーキはほとんどの肉屋で見つけることができ、様々な料理で使用されています。
Vilvoordeの街には、馬肉を使った料理を専門とするレストランがいくつかあります。
馬肉ソーセージはヨーロッパで認められているロケーレンの有名な地元の名物です。
サラミと同様に、燻製または乾燥した馬/豚肉のソーセージは、豚肉や牛肉のソーセージと区別するために正方形で販売されています。
ルペル川周辺のフランドル地方では、「シェップ」と呼ばれる馬のシチューが有名です。
シェップは通常、フライドポテト、マヨネーズ、生のベルギー風サラダを添えています。

 

France(フランス)

面積:54万4,000平方キロメートル

人口:約6,718万人

首都:パリ

 

馬肉は、第二次フランス帝国の後期にフランス料理で広く受け入れられました。
パリでの生活費が高いため、多くの労働者階級の市民は豚肉や牛肉などの肉を買うことができず、1866年にフランス政府は馬肉の摂取を合法化し、馬肉専門の肉屋はパリ東部にオープンしました。
パリの包囲戦(1870年~1871年)の間、馬肉は、ロバやラバからの肉と共に、封鎖された都市では新鮮な肉が不足していたことも理由で、それを買う余裕のある人によって食べられました。
パリにはたくさんの馬がいましたが(包囲の間に推定6万5千人から7万人が屠殺され、食べられたと推計されています)、供給は最終的には限られていました。

多くのパリの人々は包囲の間に馬肉の味を得ました、そして、戦争が終わった後、馬肉は人気があり続けました。

通常の精肉店は長い間禁止されていたため、専門の精肉店(ブーシェリー・シュヴァリン)が馬肉を販売しています。
しかし、1990年代以降、スーパーマーケットの精肉店やその他の店舗で見つけることができます。

 

Netherlandsオランダ)

面積:41,864平方キロメートル(九州とほぼ同じ)

人口:1,718.4万人

首都:アムステルダム

 

オランダでは、燻製馬肉(paardenrookvlees)がスライス肉として販売され、サンドイッチで食べられています。

南部のオランダのシチューであるZuurvleesは、馬肉を主成分として作られています。

馬肉はソーセージ(paardenworstとfrikandel)、揚げファストフードスナック、即席スープにも使われています。

 

United Kingdom(イギリス)

面積:24.3万平方キロメートル(日本の約3分の2)

人口:6,565万人

首都:ロンドン

 

食料用の馬の屠殺、飼育、および消費は法律に違反していませんが、1930年代以来まれであり、一般には利用できません。
馬肉を消費することに対して文化的なタブーがありますが、戦争時代のように他の肉が不足していたときに食べられました。
スーパーや肉屋で馬肉と表示された肉の販売はごくわずかであり、英国で消費される適切に記載された馬肉の大部分はヨーロッパから輸入されています。
2003年の食品規格局(FSA)の調査によると、特定のソーセージ、サラミ、およびチョリソやパストラミなどの類似製品には、掲載されていない馬の肉が含まれていることがあります。
2013年の馬肉スキャンダルでは、ラベルが貼られていない馬肉が原因で、最大100%の食肉量が棚から回収されました。
2013年1月15日、アイルランドとイギリスのスーパーで販売されている冷凍ビーフバーガーから馬DNAが発見されたとの報告があったため、この問題は明らかになりました。
肉は牛肉に似た風味を持つが、鳥インフルエンザや狂牛病についての心配の時には、脂肪が少なく、オメガ3脂肪酸が高濃度で安全な代替品であると提示された。

 

最後に

世界的に見ると、食べている国、宗教上タブーにしている国、法律で禁止している国と色々な国があります。

この内容は、海外の情報(Wikipediaなど)を翻訳した内容が含まれています。

世界の馬肉事情 中央ヨーロッパ編

目安時間:約 8分

馬肉は多くの国、特にヨーロッパ、南アメリカ、アジアの料理の伝統の重要な部分を占めています。
上位8カ国は年間約470万頭の馬を消費しています。

倫理的な反対意見と肉への不慣れさのために、馬肉はいくつかの文化では禁止されている。
馬は西部の世界のいくつかの地域、特にアメリカ、イギリス、アイルランドでもペットとしての地位を与えられています。

 

馬肉の歴史・概要

旧石器時代では、野生の馬はタンパク質の供給源として狩猟されていました。
ヨーロッパの多くの地域で、馬肉の消費は732年の馬肉の教皇の禁止にもかかわらず、近代まで中世を通して続いた。
北ヨーロッパのゲルマン異教の宗教的儀式、特にオーディンの崇拝に関連する儀式の一部として食べられました。
イギリス、オーストラリア、アイルランド、アメリカ、イギリス・カナダなど、英語圏では一般に入手できない食品です。
それはブラジル、イスラエル、そして世界中のロマニ族の人々とユダヤ人の人々の間でもタブーです。
馬は奇蹄類で、反芻動物ではないので、馬肉はユダヤ人の食事法で禁じられています。
世界の他の地域では、馬肉は貧しい人々が食べるものであるという汚名を持っており、豚肉や牛肉などの他の肉の代用品と見られています。
人間が消費するために馬を殺すことは、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの国々では反対されています。
馬は一般にはペットやスポーツの動物であると考えられています。
ほとんどすべての医薬品および治療法は、人間が消費することを意図していないと表示されています。
欧州連合では、馬肉にする馬は、米国の馬に一般的に使用されている多くの薬で治療することはできません。

 

世界の馬肉生産量

ダントツで中国が1位である、国内で消費すると言うより輸出が主である。(加工品などに使用)

 

中央ヨーロッパ各国の馬肉について

Germany(ドイツ)

面積:35.7万平方キロメートル(日本の約94%)

(ベルギー,オランダ,ルクセンブルク,フランス,オーストリア,スイス,チェコ,ポーランド,デンマークの9か国と国境を接する)

人口:約8,289万人

首都:ベルリン

 

英語圏の世界に匹敵するタブーはありませんが、ドイツの法律では、馬肉は専門の肉屋によってのみ販売されると規定されていました(Pferdemetzgereien)。
この法律は1993年に廃止されましたが、その後、ごく少数の肉屋だけが馬肉の販売を始めました。
ほとんどの馬肉は依然として専門家によって販売されており、そのうちの何人かは通信販売によって販売しています。
ドイツの多くの地域では、馬肉を含む伝統的なレシピがあります。
ケルンとデュッセルドルフ周辺のラインランドでは、レストランでは伝統的なザウアーブラーテンを馬肉で提供しています。
ドイツの当局が冷凍ラザニアを含む調理済み食品から馬肉を検出したときに2013年の食肉偽造スキャンダルが始まり、そこで不正に牛肉として宣言されました。
表示が誤っているため、EU当局はすべての加工食肉の原産地表示に関する欧州委員会の勧告の公表を迅速化することを余儀なくされました。

 

*ザウアーブラーテン(独: Sauerbraten、sauer: 酸味の=漬けた Braten: ロースト肉)は、ドイツの肉の蒸し煮であり、通常牛肉(または鹿肉、ラム、マトン、豚肉、馬肉の場合もある)を用い、酢、水、香辛料および調味料を混ぜた漬け汁でマリネしてから調理する。ザウアーブラーテンは伝統的に赤キャベツ、ジャガイモのダンプリング(カルトッフェルクレーセ、Kartoffelklöße)、シュペッツレ、茹でたジャガイモ、または麺を添えて供される。

 

Hungary(ハンガリー)

面積:約9.3万平方キロメートル(日本の約4分の1)

人口:約980万人

首都:ブダペスト

 

ハンガリーでは、馬肉は主にサラミやソーセージに使用され、通常は豚肉と混ぜ合わされますが、グヤーシュや他のシチューにも使用されます。
馬肉の加工品は、ほとんどのスーパーマーケットや多くの精肉店で販売されています。

 

*グヤーシュ(ハンガリー語: gulyás [ˈɡujɑ̈ːʃ], ドイツ語: Gulasch、ドイツ中部・南部およびオーストリア(スイスも含む)ではグーラッシュ [ˈɡuːlaʃ]、ドイツ北部ではグラッシュ[ˈɡʊlaʃ] )は、ハンガリー起源の料理である。

 

Poland(ポーランド)

面積:32.2万平方キロメートル(日本の約5分の4,日本から九州,四国を引いた程度)

人口:約3,842万人

首都:ワルシャワ

馬肉生産量:世界第13位

 

古い馬はしばしばイタリアに輸出されます。
このやり方も論争を巻き起こしています。
ポーランドでは、馬は主に仲間として扱われ、社会の大多数はイタリアへの直接輸出に反対している。
馬肉の消費は、他の肉が不足していた時代(20世紀:第二次世界大戦と共産主義時代)に最も多かった。

 

Slovenia(スロベニア)

面積:2万273平方キロメートル(四国とほぼ同じ)

人口:約207万人

首都:リュブリャナ

 

馬肉は一般的にスロベニアで利用可能であり、伝統的な料理、特にカルニオラの中央地域とカルスト地域で非常に人気があります。
コルトステーキ(žrebičkovzrezek)も、特に街の伝統的な郷土料理の一部であるスロベニアの首都リュブリャナで非常に人気があります。
リュブリャナでは、ホットホースと呼ばれるファーストフードチェーンを含む、多くのレストランがハンバーガーや大量の馬肉を含む肉を販売しています。

 

Switzerland(スイス連邦)

面積:4.1万平方キロメートル(九州と同じくらい)

人口:842万人

首都:ベルン

 

スイスの動物起源の食料に関する条例は、食料の生産を許可された動物種として馬を明確に挙げています。
Mostbröckliとして知られている加工食品は牛肉または馬肉で作られています。
スイス北部のドイツ語圏ではソーセージにも使用されています。
イタリア北部のように、イタリア語を話す南部では、地元のサラメティ(ソーセージ)が馬肉で作られることがあります。

 

最後に

世界的に見ると、食べている国、宗教上タブーにしている国、法律で禁止している国と色々な国があります。

海外の情報(Wikipediaなど)を翻訳した内容が含まれています。

世界の馬肉事情 アメリカ大陸編

目安時間:約 6分

馬肉は多くの国、特にヨーロッパ、南アメリカ、アジアの料理の伝統の重要な部分を占めています。
上位8カ国は年間約470万頭の馬を消費しています。

倫理的な反対意見と肉への不慣れさのために、馬肉はいくつかの文化では禁止されている。
馬は西部の世界のいくつかの地域、特にアメリカ、イギリス、アイルランドでもペットとしての地位を与えられています。

 

馬肉の歴史・概要

旧石器時代では、野生の馬はタンパク質の供給源として狩猟されていました。
馬は北米大陸で進化し、約12000年前までに世界の他の地域に移動し、アメリカ大陸では絶滅しました。
15世紀と16世紀に、スペイン人、続いて他のヨーロッパ人入植者が、馬をアメリカ大陸に再紹介しました。
何頭かの馬が野生になり、現在チリとアルゼンチンであることの先住民族のPehuencheの人々によって狩猟されました。
イギリス、オーストラリア、アイルランド、アメリカ、イギリス・カナダなど、英語圏では一般に入手できない食品です。
それはブラジル、イスラエル、そして世界中のロマニ族の人々とユダヤ人の人々の間でもタブーです。
イスラム法では、馬肉を食べることは禁じられている。
馬は奇蹄類で、反芻動物ではないので、馬肉はユダヤ人の食事法で禁じられています。
世界の他の地域では、馬肉は貧しい人々が食べるものであるという汚名を持っており、豚肉や牛肉などの他の肉の代用品と見られています。
人間が消費するために馬を殺すことは、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの国々では反対されています。
馬は一般にはペットやスポーツの動物であると考えられています。
ほとんどすべての医薬品および治療法は、人間が消費することを意図していないと表示されています。
欧州連合では、馬肉にする馬は、米国の馬に一般的に使用されている多くの薬で治療することはできません。

 

世界の馬肉生産量

ダントツで中国が1位である、国内で消費すると言うより輸出が主である。(加工品などに使用)

 

アメリカ大陸各国の馬肉事情

Canada(カナダ)

面積:998.5万平方キロメートル(ロシアに次ぐ世界第2位,日本の約27倍

人口:約3,650万人(日本の約4分の1)

首都:オタワ

馬肉生産量:世界第6位

 

飼育している馬肉事業はケベック州にあります。
肉はそこでほとんどのスーパーマーケットチェーンで利用可能です。
トロントの高級肉屋やスーパーマーケットでも購入できます。
国の一端にあるフランス系の人々は別として、カナダの大部分は他の英語圏の世界と馬肉のタブーを共有しています。

 

United States(アメリカ)

面積:962.8万平方キロメートル(50州・日本の約25倍)

人口:3億2775万人

首都:ワシントンD.C.

馬肉生産量:世界第5位

 

馬肉は一般にアメリカでは食べられず、アメリカの文化の中でイギリスで見られるものと非常によく似たタブーを保持しています。
米国で生産されているすべての馬肉(2007年の最後の四半期まで)は、主に欧州連合(EU)への輸出のみを目的としていました。
飼育する馬輸出事業は、主にカナダまたはメキシコに馬を輸出する、テキサス州を含むいくつかの州で行われています。
米国における馬肉の消費の制限は、一般に地方、州、および連邦レベルでの法律に含んでいます。
いくつかの州では、馬肉の販売を禁止するか、または馬の屠殺を完全に禁止する法律を制定しました。

 

Mexico(メキシコ)

面積:196万平方キロメートル(日本の約5倍)

人口:約1億2,920万人

首都:メキシコシティ

馬肉生産量:世界第2位

 

メキシコでは使用されていないため、輸出されているだけです。

 

Chile(チリ)

面積:756,000平方キロメートル(日本の約2倍)

人口:1,791万人

首都:サンティアゴ

 

チリでは、馬肉はcharquiで使用されています。
チリでも、馬肉が遊牧民の先住民族の主要な栄養源となり、スペイン人が持ってきた馬が自然に繁殖して野生になった後、グアナコを基盤とする経済から馬を基盤とする経済へと速やかに切り替わりました。
牛肉ほど一般的ではありませんが、馬肉は全国の一部の肉屋ですぐに入手できます。

*グアナコ(Guanaco、ケチュア語: wuanaku、学名: Lama guanicoe)は、足がすらりとして気品のある野生偶蹄哺乳動物である。身長は1.6mほどで体重は48-96kg。
主に南アメリカの高地に生息している。

 

Argentina(アルゼンチン)

面積:278万平方キロメートル(日本の約7.5倍)

人口:4,427万人

首都:ブエノスアイレス

馬肉生産量:世界第8位

 

アルゼンチンは馬肉の生産国および輸出国ですが、地元の消費には使用されておらず、タブーと見なされています。

 

最後に

世界的に見ると、食べている国、宗教上タブーにしている国、法律で禁止している国と色々な国があります。

海外の情報(Wikipediaなど)を翻訳した内容が含まれています。

馬刺しの馬ってどんな馬?

目安時間:約 7分

馬刺しは、熊本県が有名ですが馬刺しになる馬の種類はあまり知られていません。

どのような種類の馬が使用されているのか、産地はどこなのか調べてみました。

 

馬の分類

馬は、一般的に軽種、中間種、重種と品種分類されている。

 

軽種

主に乗用や乗用の馬車をひくために改良された品種で、軽快なスピードとある程度の耐久力をもつように改良された馬であり、競走馬のサラブレッドはこの軽種に分類されている。

軽種馬・・・ サラブレッド、アラブ ・・・・600kg前後で、赤身が多い。

 

中間種

軽種と重種の交雑された種であり、両方の性質を併せ持った馬である。

中間種馬・・・セルフランセ、スタンダードブレッド、クオーターホース、ハクニー

 

重種

主に農耕や重量物の運搬のために改良された品種で、ペルシュロン、ブルトン、ペルジャン、ペルブルジャンなどの馬が該当する。

大きな個体では体重1トンを超えることも珍しくないそうだ。

重種馬・・・ ペルシュロン、ブルトン、ペルジャン、ペルブルジャン・・・800~1000kgで肉づきよくサシが入りやすい。

 

食肉としては、どちらかといえば、軽種よりも美味とされる重種馬が多く用いられている。

なかでも、ペルシュロン、ブルトン、ペルジャンの3種交配種であるペルブルジャンは特に美味で最高の肉馬と称されている。

 

馬肉になる馬の種類

ブルトン種

フランスの北西のブルターニュ地方が原産で、ブルターニュ地方の在来馬にペルシュロン、ブーロンネ、アルデンネなどの品種を交配し誕生した品種です。
体高は約150cm~160cmで毛色は栗毛や糟毛(かすげ)が多く見られ鹿毛や芦毛も見られます。
強力な筋肉を持ち、短い頸と太くてたくましい胴が特徴です
以前は4つのタイプの馬がいましたが、現在は2つのタイプの馬が公式に認められており、ポスティエ・ブルトンとトレ・ブルトンに分類されています。
ポスティエ・ブルトンはノーフォークトロッターやハクニーとの交配の結果に誕生しました。
また、トレ・ブルトンの方はアルデンネの血が入っており、ポスティエ・ブルトンよりもやや大柄で主に食肉用として生産されています。

 

ペルシュロン種

原産地はフランス・ノルマンディーで、成立は8世紀に遡りフランス原産の重種にアラブ種等の血が入っているとされる。
毛色は青毛、芦毛等が多く、体型はサラブレッドに比べ足が短く、胴が太い。体高は160~170cmで大きなものでは2mを超え、体重は1トンにもなる。
性格はおとなしく鈍重だが、非常に力が強い。
日本ではおもに北海道で導入され、ばんえい競馬にも使われている。

 

ベルジャン種

ベルギー・ブラバンド地方原産。
体高160~170cm、平均体重は900キロ前後。
原産地でのベルジャン種は他品種との混血が少なく、個体ごとの体格差は大きくありません。
しかし育種用に混血が進んだ個体では、大型の馬体が求められたため体高2メートル超、体重1トン以上の例も見られます。
ベルジャンの頭部は短く、太い頸を持ち、背中は短めです。

また、前後躯はガッチリとした作りになっています。
毛色は栗毛や糟毛が多く見られます。

 

ペルブルジャン種

ペルシュロン、ブルトン、ベルジャンの3種をかけあわせた馬がペルブルジャンです。

どの原種よりも味覚に富んでおり、最高の馬肉とされています。

 

 

馬肉の生産状況

国内の馬肉生産

 

海外からの輸入

馬肉の輸入

平成27年度

 

カナダからの輸入が60%である。

馬肉として輸入の場合は加工品(ドッグフードなど)への使用がほとんどである。

 

馬の生体輸入

食肉を目的とした馬の生体輸入頭数は、平成17年以降カナダのみで平成27年は4277頭。
それ以前はアメリカ、中国、オーストラリア、韓国から輸入していた。

 

熊本県の場合

 

馬刺しの産地

今まで国内で3ヶ月間飼育された馬ならば、原産国は日本になるというルールがあったのですが、2008年に熊本県内の食肉卸販売業者の偽装問題が発覚したことで平成16年にJAS法が改正され、「最も飼養期間の長い場所を原産地として表示すること」と変更されたのです。

 

馬肉は大きく分けて

①生粋の日本育ちの馬    

(県名・地名)産馬刺し、純国産馬刺し等  例:熊本産馬刺し

 

②海外や県外から輸入した馬を4ヶ月以上肥育した国内肥育馬

(県名・地名)馬刺し、国産馬刺し等    例:熊本馬刺し、国産馬刺し

 

③海外で加工されて日本へ運ばれてくる輸入馬肉

(国名)馬刺し等             例:カナダ産馬刺し

 

の3つに分けられる。

 

熊本県では、生粋の熊本育ちの馬は年間200頭ほどしかおらず、食肉処理される馬の70%以上がカナダなどから輸入された馬となっています。

 

福島県では、会津若松や喜多方などの“会津”地方において盛んで、馬肉において「西の熊本、東の会津」とも呼ばれています。

 

熊本と会津。両者が対照的なのが、熊本はサシの入った“霜降り”の馬肉文化に対し、会津は脂身の少ない“赤身”の文化。

これは、熊本が重種馬を用いるのに対して、会津は国産の軽種馬を主流としているからです。

 

とろける旨さは格別の熊本の馬刺しと、あっさりした美味しさが格別の会津の馬刺し。ぜひ食べ比べてみてください。

 

まとめ

産地によって馬刺しに多少の違いはありますが、馬刺しの風味や食感は馬の種類や飼料によって大きく変化しますので、同じ産地であっても、風味や食感が微妙に異なります。

そういった違いを楽しむのも馬刺しの醍醐味ですので、この機会に様々な地域の馬刺しを食べてみてはいかがでしょうか。

生で食べることの多い馬肉は安全なのか?

目安時間:約 4分

「天高く馬肥ゆる秋」ことわざがありますが、冬に向けて脂肪を蓄える馬肉は、9月〜11月が最も美味しい季節を迎えます。
生で食べることの多い馬肉は本当に安全なのか?

 

馬肉は安全なのか?

①反芻動物(複数の胃を持つ動物)ではないこと

反芻動物(牛・羊・鹿など複数の胃を持ち、一度胃に入れた物を再び口に戻して咀嚼する動物のこと)は腸管出血性大腸菌(O157等)を保菌しているケースがありますが、馬は胃が一つしかないので腸管出血性大腸菌のリスクが低いのです。
厚生労働省の資料による平成11年~22年度の調査でも馬刺しから腸管出血性大腸菌は検出されていません。
同時に、食肉による細菌性食中毒の原因となるカンピロバクターについても、リスクは低いといえます。

*カンピロバクター(ジェジュニ/コリ)は、食中毒を起こす病原菌です。

微好気性といって、酸素が少しある環境を好み、酸素が十分にある通常の大気や、逆に酸素が全くない環境では増殖できません。

また、発育(増殖)できる温度域は、30℃から46℃です。
主な生息場所はウシ、ブタ、ヒツジ、ニワトリ、イヌ、ネコ、ハトなどの動物の消化管内で、これらの動物のふん便から検出されることがあります。

 

②奇蹄類であること

奇蹄類であることが挙げられます。馬は奇蹄類(ウマ目)といって蹄が一つです。

牛や豚は蹄の数が二つの偶蹄目に分類されますが、この蹄(ひづめ)の数の違いがウイルス感染の分野では重要な違いとなります。
口蹄疫と狂牛病というのはウイルス感染により起こりますが、これらのウイルスは偶蹄目の動物にのみ感染する病気ですので、奇蹄類である馬には感染しません。ですから馬は口蹄疫や狂牛病などの心配が無いのです。

 

③抗原度が低いこと

馬は抗原度が低く、アレルギーを起こしやすいと言われている牛や豚などに比べるとアレルギーを起こしにくいのです。
このように馬ならではの特性が、馬肉の安全性につながっています。

 

*東京医大式食物抗原強弱表より抜粋

 

④冷凍処理していること

中心温度で―20℃で48時間・―30℃で36時間・―40℃で18時間を行えば馬肉に住み着くザルコシスティスフェアリーによる嘔吐腹痛を防げます。

2011年からは厚生労働省から流通過程で馬刺しを冷凍処理することを指示され、さらに安全に召し上がっていただけるようになりました。

 

生産者たちの”努力”があるからこそ生食が可能

馬肉の安全性は生産者たちおよび業者の努力によって保持されてきました。

生食用の馬肉を供給するために、設備や作業マニュアルを向上し、より高いレベルの安全性を追及しています。
当然、生産者だけではなく、飲食店の現場においても徹底した管理が重要になってくるので、馬肉の生食を守るためにも衛生管理を徹底していかなければなりません。
生産者の方、業者の方々の努力があってこそ、私たちは美味しい馬刺しが食べられているんですね。

タグ:   

カテゴリ:馬肉 

馬肉はヘルシーな食材なのか?

目安時間:約 4分

馬肉は「低カロリーで高たんぱく」であるというが、本当にヘルシーな食材なのか具体的に他の食肉と比べながら、馬肉のもつ栄養価の高さを調べてみよう。

 

馬肉はヘルシーな食材なのか?

赤身部分の豊富なタンパク質には、ペプチドという成分が含まれており、血圧降下や毒消し作用があります。

脂成分には、人の体内では作ることの出来ない善玉コレステロールの不飽和脂肪酸(リノレン酸・オレイン酸)が多く含まれており、これらの酸は必須脂肪酸と言われ、コレステロール値を下げたり血液循環を良くしたりします。

 

・馬肉は、牛肉の約1/3・豚肉の約1/2と、カロリーがとても低いです。
・馬肉の脂肪分には、人の体内では造ることの出来ない善玉コレステロールの不飽和脂肪酸(リノレン酸・オレイン酸)が多く含まれており、これらの酸は必須脂肪酸と言われ、コレステロール値を下げたり血液循環を良くしたりします。

 

その上、体内に留まらず血管にも付着しません。

不飽和脂肪酸ですので、融点も低く、食べた時に口の中で溶けてしまいます。

いくら食べても胸焼けがしません。

 

・馬肉の豊富なタンパク質にはペプチドが多く含まれ、ペプチドには保温効果があり血管を拡げる為、血圧を下げたり毒消しの効果があります。

 

・馬肉はミネラル類も豊富で、カルシウムは牛肉・豚肉の3倍、鉄分はほうれん草・ひじきより多く含まれています。

 

・馬肉に含まれている鉄分の種類はヘム鉄と呼ばれ、身体に吸収されやすい特徴があります。

 

・馬肉は、グリコーゲン(容易にブドウ糖に変化する人間のエネルギー源で甘味の元)が牛肉の約3 倍も多く含まれており、即効性のエネルギー源ですので、運動前やダイエットにも最適なお肉と言えます。

 

・特に馬肉を昔から食べる文化のあるフランスでは、アスリートやモデルが好んで馬肉を食べたり、お医者様が患者さんに馬肉を薦めたりしています。

日本でも、昔から薬膳料理として親しまれている文化があります。

 

 「馬肉」の知られざる健康効果とは

 

私たちが普段よく食べている牛肉と異なり、馬肉の場合は油脂の融点が低いため、人の口内の温度でも、口に含んだ瞬間にとろけるような食感と、独特の甘みを楽しむことができるため、いまや馬肉ファンはとても多いですね。

 

実は馬肉のカロリーも牛肉の5分の1程度の脂肪分しかないのです。
さらに、最近ではアスリートやモデルが好んで摂取しているのは、美肌作りや筋力UPに不可欠なタンパク質が豊富な点にあります。

加えて、低カロリー + 豊富なタンパク質に限らず、馬肉のタンパク質には血管を広げ、血流を促進する働きがあるペプチドが多く含まれているため、血圧を下げる効果も期待できるそう。

これは、高血圧の方にもおススメですね。

馬肉の部位、特徴、用途は?カロリーや栄養は?

目安時間:約 5分

牛肉や豚肉のように馬肉にも、いろいろな部位があります。

そして馬肉は、ヘルシーな食材といわれています。
ヘルシーな食材は栄養価が低いものが多いです。
ですが、馬肉はヘルシーなのにとても栄養価が高いって知っていましたか?

 

馬肉の部位、特徴、用途は?

◆たてがみ(コウネ)

首の部分で白いのが特徴。
脂なのにアッサリしていて食べやすい。

 

◆肩ロース

肩ロースは赤身と脂のバランスが良いといわれる部位。
味わいはさっぱりしていて、馬刺しやしゃぶしゃぶに用いられます。

 

◆肩バラ

サシが入りやすいバラ系の部位の一つ。
重種馬の肩バラは「霜降り馬刺し」の名前で商品化されることがある。
サッと炙って食べると、脂のジューシーさが楽しめ、美味しいです。

 

◆クロッド

上半身にあたる部位。
モモ系と同様に赤身のおいしさが味わえる部位です。

 

◆リブロース

牛肉でも高級部位として知られている。
肉のキメが、ほかの部位より細かく、美味しさと柔らかさで
商品価値が高い部位となっています。

 

◆サーロイン

リブロースと比べると、サシがやや少なめで赤身の比率が高いが、
肉はキメ細かく適度に脂がのっている。
牛と同様、馬肉のサーロインステーキも非常に美味。

 

◆ヒレ

赤身と脂のバランスが良い部位。
驚くほどの柔らかさで、ヒレの馬刺しは厚切りでも美味しくいただけます。

 

◆ふたえご

あばら部分の3肉層になった部位。
コリコリした食感で、ユッケや桜納豆に使われています。

 

◆バラオビ

後バラの中にある部位。
バラの中でも特に脂ののりが良い部位です。
脂ののっているバラオビは、焼きものや煮物なのど加熱料理として使いやすいです。

 

◆ランプ

お尻のところにある部位。
モモ系の中で、最も味がしっかりしています。
肉質もしっかりしているので、馬刺しで食べるときは
薄切りにすると美味しくいただけます。

 

◆外モモ

モモの中で一番大きな部位。
赤身そのものの味をしっかり楽しめる部位。
赤身の馬刺しとして商品化されることが多いです。
やや歯ごたえがあり、ステーキや鍋でも使われます。

 

◆内モモ

脂肪が少なく、外モモよりも肉質は柔らかめ。
内モモと外モモの味や肉質の違いはわかりにくいです。
外モモと同様、刺身、ステーキ、鍋に使われます。

 

カロリーは?

馬肉は100gあたり110Kcalと低カロリーで、鶏ささみと同じくらいのカロリーです。

 

栄養は?

馬肉は高タンパク、低脂肪の食材です。
タンパク質は、骨や筋肉、あらゆる臓器や皮膚・髪などを作る働きがあります。
さらに保温効果や血管を強くするペプチドが多く含まれています。

 

カルシウム、鉄分(ヘム鉄)も豊富で、カルシウムは豚肉の3倍、
鉄分はほうれん草やひじきより多く、豚肉の4倍・鶏肉の10倍あります。
貧血防止に最適です。

 

ミネラルやビタミンも豊富で、馬肉に含まれるビタミンは皮膚を美しく保ち、
病気の回復を助けるビタミンAや、糖質の代謝を促進し、ダイエットや
肥満防止効果のあるビタミンB1、赤血球を作って貧血を予防する効果や、
神経機能を正常に保つ効果、睡眠のリズムを整えるビタミンB12などが含まれています。

 

コレステロール値を下げたり血液循環を良くする効果がある、必須脂肪酸
(リノール酸、αリノレン酸、オレイン酸等の不飽和脂肪酸)が多く含まれています。

 

ブドウ糖に変化し、エネルギー源となるグリコーゲンが入っていて、
過労気味の方や、貧血気味の女性にとってはおすすめの食材です。

 

ページの先頭へ