世界の牛 図鑑 Vol.12

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Bonsmara
(ボンズマラ)

原産国:南アフリカ

ボンズマラは、高品質の牛肉と地元の病気に対する抵抗力で知られている牛の品種です。
南アフリカで、ジャン・ボンズマ教授の科学実験として発足し、アフリカーナの5/8、ヘレフォードの3/16、ショートホーンの交配により作成された。

「ボンズマラ」という名前は、品種の開発に大きな役割を果たした男である「ボンズマ」と、動物が飼育された農場である「マラ」に由来しています。

 

Boran
(ボラン)

原産地域:東アフリカ

ウガンダ/エチオピア/エリトリア/ケニア
ジブチ/セーシェル/ソマリア/タンザニア
ブルンジ/ルワンダ/コモロ/ザンビア
マダガスカル/マラウイ/モザンビーク
モーリシャス/ジンバブエ/南スーダン

体重

ケニア・ボラン

雄牛:550~850㎏
雌牛:400~550㎏

オルマ・ボラン

雄牛:225~395㎏
雌牛:250~355㎏

 

ボランはアフリカ東部で人気のゼブ牛(こぶ牛)です。
繁殖力、早熟、丈夫さ、そして従順で知られています。
ケニア・ボラン牛は、エチオピア南部のボラン・オロモ族のショートホーンゼブ牛から開発されました。
通常肌色は、白または淡黄褐色であり、雄牛は黒い点で暗くなります。
1000年以上アフリカにいた彼らは、地元の条件や寄生虫に非常によく適応しています。
オルマ・ボランは、ボラン品種の中でも最も小さいもので、ケニア・ボランよりも小さいものです。
ケニア・ボランは、オルマ・ボラン、ボラナ、ソマリ・ボランから発展しました。

 

Braford
(ブラフォード)

原産国:アメリカ

ブラフォードは、雄のヘレフォードと雌のブラフマンの交配種である。
ブラフォードの構成は、ブラフマン3/8、ヘレフォード5/8です。
両方の両親の特性を持っています。
ブラフォードは白い下腹部、頭、そして足を持つヘレフォードのような赤い牛です。
ブラフォードは主に牛肉に使われますが、ロデオのために使われることもあります。
ブラフォードは1946年にオーストラリアで、1947年にフロリダで開発されました。
暖かい気候にむいています。
ブラフォードはアメリカとオーストラリアで作成され、評価がよく、マレーシア、ニューギニア、ニュージーランド、西サモア、南アメリカ、南アフリカ、中国などの国に輸出されています。

 

Brahman
(ブラフマン)

原産国:アメリカ

ブラフマン(Brahman)またはブラフマ(Brahma)は、インドから輸入された牛の品種からアメリカで最初に作成したゼブ牛(こぶ牛)の品種である。
1900年代初めにグジャラート、オンゴール、ギル、クリシュナバレーの4種類の牛の交配種として初めての品種でした。
牛肉を目的とした最も一般的な牛の品種の一つであり、アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、米国、パナマ、コロンビア、オーストラリアで広く使用されています。
元のアメリカのブラフマンは、1854年から1926年にかけて米国に輸入されたいくつかのインドの品種の約266頭の雄と22頭の雌から作成された。
熱に対して極端な寛容性のために知られており、熱帯地域で広く普及しているされています。
その肌が厚いために害虫に抵抗性があります。
この品種は、暑い気候だけでなく、より寒い気候でもよく適応します。
オマーンとフジャイラでは、ブラフマンブルズは伝統的な闘牛のスポーツに使われています。

 

Brangus
(ブランガス)

原産国:アメリカ

ブランガスは、丈夫な品種であり、アンガスとブラフマンの交配種であり人気のある肉牛です。
ブランガスとして登録することができるのは、アンガスが5/8 とブラフマンが3/8 です。
International Brangus Breeders Association(IBBA)の登録商標です。
ブランガスの品種を開発する努力は1932年に始まり、Brangus Breedersの最初の組織は1949年に始まった。
現在、米国、アルゼンチン、オーストラリア、カナダ、中米、メキシコ、ジンバブエのほぼすべての国にメンバーがいます。
この品種は高温高湿に強いことが証明されています。
寒さの条件の下では、彼らは寒さ対策のための体毛を生成するようです。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

タグ:     

カテゴリ:牛肉 

世界の牛 図鑑 Vol.11

目安時間:約 5分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Black Baldy
(ブラック・バディ)

原産国:オーストラリア

Black Baldyは、ヘレフォード牛を黒い牛、通常はAberdeen Angusと交配させて作った交雑牛の一種です。
Angusの雄牛はヘレフォードの雌牛にも使用され、より小さな仔牛を作り、難産を減らそうとしています。
ヘレフォードに似た白い顔が特徴ですが、ヘレフォードの赤い体色はアンガスの黒色に置き換えられています。

交雑種の活力は、2匹の牛を交配する主な理由であり、ブラック・バディが優れた特性です。
その品種は、純粋な牛よりも健康であるという評判を得ています。

 

Black Hereford
(ブラック・ヘレフォード)

原産国:イギリス

ブラック・ヘレフォードは主にヘレフォード(通常は赤と白)から派生した品種であり、ブラック・アンガスの交雑種で白の頭と黒い牛を生み出します。
レッド・ヘレフォードのように、ブラック・ヘレフォードは飼料効率と従順な気質で知られるようになりました。
ブラック・ヘレフォードは、通常、アンガスとヘレフォードを組み合わせた品種です。
アメリカ・ブラック・ヘレフォード協会は、1994年に非営利団体として設立されました。
2003年に全米動物繁殖協会(NADS)の国際的な品種指定を受けました。
ブラック・ヘレフォードは、主に牛肉を生産するために使用される効率的で従順な牛の品種です。

 

Blonde d'Aquitaine
(ブロンド・ド・アキテーヌ)

原産国: フランス

体重

雄牛:1400㎏
雌牛:1050㎏

体高

雄牛:165㎝
雌牛:155㎝

 

ブロンド・ド・アキテーヌは現代フランスの大型の牛の品種です。
それは1962年に3つのBlonde desPyrénées、Blonde de QuercyとGaronnaiseを交配して作られました。
1970年頃から牛肉生産のために特別に選択して飼育されてきた。
Charolaisとリムーザンの後でフランスの3番目に多い牛の品種です。
世界中の多くの国に輸出されています。
3頭はすべて主に農耕作業用の品種でした。
ブロンド・ド・アキテーヌにはフランス南部のほとんどの伝統的なブロンドの牛の品種が含まれています。
1970年頃から、この品種の牛肉産生特性を改善するための協調的な努力がなされた。
2013年には、18,000以上の農場に約56万頭が飼育されていました。
ブロンド・デイ・アキテーヌは、小麦色またはクリーム色で、暗い色から非常に薄い色の色合いにまで及ぶ。
目の周りの領域はより淡いです。
雄牛は210日で約300kg、15ヶ月で約500kgに達します。
肉の歩留まり率は約65%である。

 

Blue Albion
(ブルー・アルビオン)

原産国:イギリス

ブルーアルビオンはイギリスのミッドランドで生まれた牛の品種です。
多目的品種であり、牛乳生産と一緒に肉生産にも可能性を持っていました。
この品種は、口蹄疫とそれに続く病気を制御するために必要な淘汰のために1967年に絶滅した。
ブルーアルビオンは、青い色の牛だった。
ブルー・アルビオンの交配に使用された元の品種は、ショートボーン、ウェールズブラック、ブリティッシュフリーシスと考えられています。
1921年にダービーシャー州のピーク地区でブルーアルビオン牛協会が結成されたとき、公式の品種になりました。
絶滅以来、品種を再構成する試みがなされている。
現在の品種は、もはや真の品種ではありませんが、イギリスのフリージアとショートホーンの牛が使用されました。

 

Blue Grey
(ブルー・グレー)


原産国:イギリス

ブルーグレーは、スコットランドとイングランドの北部で人気のある牛の品種です。
それは、伝統的には、ホワイト・ショートホーンの雄とブラック・ギャロウェイの雌を交配して生産されています。
荒れた放牧地に適しており、他の品種が食べない草を利用できます。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.10

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Belmont Red
(ベルモント・レッド)

原産国:オーストラリア

Belmont Redは、Bos indicus cattle(コブウシ)の繁殖力を向上させるためオーストラリア熱帯雨林の必要性に対応して、1954年に連邦科学産業研究機関(CSIRO)によって開発された牛の品種です。
この品種はベルモント・リサーチ・ステーションで、いくつかのボス・タウルス種(アフリカン・サンガ)、ヘレフォード、ショートーンの交雑種として考えられました。
この品種は、1969年にCSIROによってオーストラリアの牧場に提供されました。
選択された形質は、高い稔性、ダニに対する耐性、優れた耐熱性、良好な生育、より良い肉質、穏やかな気質、および牧草または肥育場における飼料効率であった。
経済的に重要なこれらの形質の厳格な選択は、適応された牛の熱帯および温暖な環境への進化をもたらした。

 

Belted Galloway
(ベルテッド・ギャロウェイ)

原産国:スコットランド(イギリス)

体重

雄牛:770~1040㎏ 平均 820㎏
雌牛:450~680㎏   平均 570㎏

 

Belted Galloway(「Oreo Cow」とも呼ばれる)は、スコットランド南部の西側にあるギャロウェーから生まれたGalloway牛由来の肉牛の伝統的な品種です。
それらは、貧弱な牧草地やその地域の荒れ野に適応されています。
その品種の正確な起源は不明であるが、それらの名前が付けられた白いベルトと黒ギャロウェイ牛とを区別するのは、オランダのレーケンベルダーベルト牛と交配した結果であると推測される。
最も目に見える特徴は、その長い毛のコートと、その身体を完全に囲む幅広い白いベルトです。
その粗い外の体毛は雨を流すことができますし、その下の柔らかい体毛が外に冬を過ごすために有効に、断熱材や防水性を提供します。

 

Berrenda
(ベルンダ)

原産国:スペイン

Berrendaは、スペインのアンダルシア地域の牛の品種です。
それは2つの品種に細分され、赤色と黒色がいる。
どちらの品種も素朴で環境に非常によく適合しています。

 

Betizu
(ベティズ)

原産国 :スペイン/フランス

 

体重

雄牛:平均 450㎏
雌牛:平均 325㎏

体高  :110~130㎝

 

Betizuは、スペイン北部とフランスのバスクに自生する野生の牛の品種です。
この品種は、スペイン、およびフランスで保護されています。
Betizuという名前はバスク語の「逃げる牛」から派生したものです。
細い、短い、豊富な毛で覆われています。
わずかに湾曲した白い角を持っています。
中程度の厚さの短い首。
Betizuは自由な環境の中で生活しているため、その逃げる行動はこれらの条件に一致します。

2013年現在、ナバラ州は254頭と推定され、アキテーヌ地域は150頭未満であった。

 

Blaarkop
(ブラーコップ)

原産国:オランダ


重量

雄牛:約800 kg
雌牛:約600 kg

体高

雄牛:145~150㎝
雌牛:135~140㎝

 

この品種は、Groninger BlaarkopやGronings Blaarkop(オランダ)、Groninger(ドイツ語)、Groningue(フランス語)、Roodblaar、Roodwitkop、Zwartblaar、Zwartwitkopなどの他の名前でも知られています。
主な飼育地域はオランダのグローニンゲン州です。
この品種は14世紀の早い時期に知られていました。
赤(母集団の60%)と黒(40%)の両方が存在します。
体は赤色または黒色で、頭は白く、目の周りには赤色または黒色の輪があります。
尾の先端は白い色をしています。
雄雌の両方に小さな角があります。
平均の牛乳生産量は6000kgで、乳脂肪は4.35%、タンパク質は3.60%です。
総牛乳収量は、現代の選択的育種慣行およびホルスタインおよびエンジェル牛との交配により増加した。
しかし、彼らの牛乳収量は、他のオランダ牛の品種よりもまだ低いです。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.9

目安時間:約 8分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛について調べてみました。

Bazadais
(バサス)

原産国 :フランス


体重

雄牛:平均 1000㎏
雌牛:平均 750㎏

体高

雄牛:平均 145㎝
雌牛:平均 140㎝

 

フランスの南西部のヌーヴェル=アキテーヌ地方にあるジロンド県のバザスの町からその名前をとり、その町の近くのガロンヌ川の南にある低地に生息しています。
これは、アキテーヌの地元の牛とスペインの牛との交配に起因すると考えられています。
南西フランスのヌーベル=アキテーヌ地方のピレネーとジロンドの伝統的な農耕用の品種です。
バザスとその肉を祝うために毎年バザスで毎年行われるフェス・デ・ボーイズ・グラースが開催されます。
霜降り肉で、その優しい味で有名です。
伝統的に作業用であり、伐採された木材を森林から運搬するなどの作業に使用されていました。
1940年には約6万頭でした。
第二次世界大戦後の数年間で、農業の機械化とその地域の穀物作物のより広範な栽培は両方とも急速に減少した。
1970年には700匹の牛しか残っておらず、その品種を回復する努力が始まった。
2013年には140ヵ所以上の農場に約3,400頭の牛がいました。
現在は、オーストラリア、チリ、スペイン、イギリスに輸出されています。
輸出された牛は純粋に飼育され、交配に使用されている。
肌色は、ユニ・カラー・グレーで、性別や年齢によっていくつかのバリエーションがあります。

 

Beefalo
(ビーファロ)

原産国:アメリカ

Beefaloは、1970年代初めにアメリカのバイソンと国内牛を交配させたBasoloによって米国で開発された複合牛の品種です。
バイソン血は3/8に設定され、国内牛の血は5/8であった。
バイソンと国内牛の交配は数年間行われているが、交配はしばしば失敗している。
Basoloは、その豊かな経験で、徹底的にバイソンと国内牛の交配種を生産していると評価されています。
3/8を超えるバイソンの含有量を有するそのような牛は、バイソンハイブリッドとして分類される。
バイソン・ハイブリッドは、しばしば品種協会によって「祖先動物」として登録される。
バイソン・ハイブリッドが抱えている可能性のあるバイソンの含有量の最小量は、依然としてビーファロー(Beefalo)として17%に分類されています。
BeefaloはもともとヘレフォードとCharolaisの交配種でしたが、繁殖にはあらゆる牛の品種が許可されています。
バイソンの特徴を残しながら家畜牛のように扱う際にBeefaloを中心に育てる理由は、初期の書物でBeefaloが従来の牛肉よりも最大40%安く仕上がり、販売できることを示しました。
現在、Beefaloは、自然、ホルモンフリー、抗生物質フリーの牛肉を調達するための消費者の要望により、新たな関心を得ています。

 

Beefmaster
(ビーフマスター)

原産国:アメリカ

Beefmasterは1930年代初頭に開発された牛の品種です。
ヘレフォードの牛とBrahmanの雄牛を持つShorthornの牛の交配から、品種を作りました。
基礎牛の正確な交配種は不明であるが、約25%のヘレフォード、25%のミルキング・ショートホーン、50%のブラフマンであると考えられている。
それは1954年に新しい品種としてUSDAによって最初に認識された。
当初の目的は、南テキサスの厳しい環境で経済的に生産できる牛を生産することでした。
色の基準はありませんが、ほとんどが赤色から赤色で、白い斑点が付きます。
これらの牛は多目的な品種であり、牛乳や牛肉にも使用できます。

 

Belgian Blue
(ベルギー・ブルー)

原産国:ベルギー

ベルギー・ブルー(フランス語: 'Blanc-Bleu Belge'、オランダ語: 'Belgisch Witblauw')はベルギーの牛の品種です。
レース・デ・ラ・モイエンヌまたはオート・ベルギーとも呼ばれます。
ベルギー・ブルーは、一般的には青灰色の斑点状の体毛色の名前が付けられていますが、色は白から黒まで変わる場合があります。
この品種は、19世紀のベルギーの中部および上部で、地元の品種とイギリスのショートホーン品種を交配することから始まりました。
Charolais牛も交配された可能性があります。
現代の品種は、リエージュ州の人工授精センターで働いているハンセット教授によって1950年代に開発されました。
ベルギー・ブルーの骨構造は、通常の牛と同じですが、筋肉量が多いにもかかわらず肉と骨の比が大きくなります。
二重筋肉の品種の価値は、その優れた枝肉の特性によるものです。
しかし、脂肪含量が減少すると肉の霜降りが減少し、これは肉の優しさが減少することを意味する。
逆に、ベルギー・ブルーの肉の品質は、小さな筋肉繊維が多数存在するため、柔らかくなると主張されています。
ベルギー・ブルーは、より熟練した管理を必要とし、過酷な環境では飼育できません。

 

Belgian Red
(ベルギー・レッド)

原産国:ベルギー

体重

雄牛:平均 1200㎏
雌牛:平均   700㎏

体高

雄牛:平均 153㎝
雌牛:平均 138㎝

 

ベルギー・レッド(ベルギーのレッドウエスト・フラームスとも呼ばれています)は、ベルギーのフランダース地方の品種です。
それは絶滅の危機にあると考えられている。
一般的に、大きく、重い牛です。
この品種は、主に肉と牛乳の両方のために育てられた二重目的の品種です。
しかし、1980年代以降、この品種の育種家によって2つの別々の系統(肉および牛乳または二重目的)の選択がなされた。
2004年の乳牛のミルク性能は、乳脂肪含有量が4.27%、タンパク質が3.43%で約5,000kgの乳であった。
品種の元の地域はフランスのフランダース地方とベルギーの西フランダース地方です。
19世紀には地元の品種であるCasselとVeurne-Ambachtの新品種が開発されました。
これらの元の品種は、ベルギーの第一次世界大戦中にほぼ絶滅した。
戦後、ブリーダーたちは協力して新しい品種を作った。
1986年には依然として約5万頭のベルギー・レッドが残っていたが、頭数は急速に減少した。
2001年、世界に残された牛の数は100頭にも満たなかった。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.8

目安時間:約 5分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Baherie
(ベーリー)

原産国:エリトリア

面積:11.76万平方キロメートル(北海道と九州とを併せた広さとほぼ同じ)

人口:495万人

首都:アスマラ

 

Baherie牛は、エリトリア東部のMassawa地方の海岸で発見された牛の品種です。
海/海洋の牛を意味するBahari、またはソマリアやイエメンのアデンからの牛を意味するBerberaと呼ばれています。
これらの別名は、アラビア半島からの牛の起源と、ソマリアの牛との密接な関係を示唆している。
ソマリアのショートホーン・ゼブのサブグループに入っています。
短い角で小さい品種です。
牛乳と肉のために使われます。

 

Balancer
(バランサー)

原産国:アメリカ

バランサーは、最も価値のあるアメリカの牛の品種の1つです。
Gelbvieh(ゲルビエ)とAngus(アンガス)の交配種です。
この組み合わせは、牛の繁殖、飼料の消化方法の改善、収量の向上など、さまざまなことに役立ちます。
優れた繁殖能力と高品質の肉で知られています。
バランサー(Balancer)は、アメリカン・ゲルビエ協会によると、75〜25%のゲルビエ(Gelbvieh)に由来し、その残りの部分はアンガス(赤と黒)の系統に由来する。
赤または黒の外観を有するバランサー、放牧や肥育場の両方で飼育することができ、地元の貿易と輸出の両方の市場で価値があります。
まず第一に、彼らは非常に評判が良い繁殖特性と優れた成長の傾向を持っているので、農家はそれらを好みます。
Angus(アンガス)とBalancer(バランサー)の交配種は、より高い霜降りの質を持つ牛肉を提供します。

 

Baoule
(ボーウル)

原産国:コートジボワール

面積:322,436平方キロメートル(日本の約0.9倍)

人口:2,429万人

首都:ヤムスクロ(実質的首都機能はアビジャン)

体高

雄牛:100~110㎝
雌牛:  90~100㎝

 

Baoule(LobiまたはMereとしても知られている)は、北部および中央部の象牙海岸およびマリの南端に見られるサバンナショートホーンの品種である。
Bouaké、Bouna、Dabakalaで純粋な形で発見されています。
主にフラーニ遊牧民によって保持されています。
雌牛は280~340日間続く授乳期間中に120〜390kgのミルクを産みます。

 

Bargur
(バーガー)

原産国:インド

バーガー(タミル語:Karnada:Накария)は、インドのタミル・ナードゥ州西部のエロデ地区のアンティユール・タルク(Anthiyur Taluk)のバルゴール森林に生息する牛の一種です。
コンパクトな体をしており、茶色の肌に白い斑点が付いていますが、白や茶色の肌色がしばしば見られます。
非常に積極的で激しい気質のため、訓練が困難であることが知られています。
西部ガーツの険しい森林の森に慣れてきた彼らは、耐久性、スピード、速足能力で最もよく知られています。
牛乳は薬用効果があると考えられています。
主に丘陵地帯で農業活動を行うために使用されています。
現在、原産地で農耕作業用として飼育されており、牛乳生産にも適しています。

 

Barzona
(バルゾナ)

原産国:アメリカ

バルゾナは、アメリカで1940年代と1950年代のアリゾナ州の高砂漠、山岳地帯で、開発された肉牛の品種です。
ほぼ等しい割合で、アフリカンダー、ヘレフォード、ビーフショートーンとアンガスの組み合わせです。
熱、ダニ、耐病性に優れており、特に丈夫であるように飼育されています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.7

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Australian Charbray
(オーストラリア・チャーブレイ)

原産国:オーストラリア

オーストラリア・チャルブレイは、2つの品種、CharolaisとBrahmanの交配の牛の品種です。
Charolaisが75%でBrahmanが25%の範囲内にあります。
クリーム色から赤色の毛並みをしています。
子牛は生まれたときには一般的に軽い黄褐色ですが、数週間で白いクリーム色になります。
子牛は肥育場で優れた性能を示しました。
熱、湿度、寄生虫および病気に対するそれらの耐性は、南部牧草地ではっきされました。
彼らは12〜15ヶ月で大人の体重に達し、歩留等級1および2の牛肉になります。

 

Australian Friesian Sahiwal
(オーストラリア・フリジアン・サヒワール)

原産国:オーストラリア

オーストラリア・フリジアン・サヒワールは、1960年代にクイーンズランド州政府によって開発が開始されたオーストラリア産の牛の品種です。
これは、オーストラリアの熱帯地域向けに開発された、パキスタン産のBos indicusの酪農品種であるSahiwalとホルスタイン種(Bos taurus)の組み合わせです。
牛は、熱、湿度、ダニおよび他の寄生虫に対して高い抵抗性を有する熱帯牧草の条件下で、授乳あたり約3,000リットルの牛乳を生産する。
この品種は現在、東南アジア、中南米、インド亜大陸の多くの熱帯諸国に輸出されています。

 

Australian Milking Zebu
(オーストラリア・ミルキング・ゼブ)

原産国:オーストラリア

オーストラリア・ミルキング・ゼブ(AMZ)は、1950年代半ばにオーストラリアの連邦科学産業研究機関(CSIRO)によって開発された、酪農牛の複合品種です。
この品種を開発するために、CSIROは、ジャージー牛とパキスタンからのSahiwalとRed Sindhi牛を交配させた。
この品種の開発は、耐熱性、牛乳生産および家畜ダニ(Boophilus microplus)耐性のために厳格な選択によって交配され、現代のAMZ品種に帰着した。
雌牛は授乳あたり約2,700kgの牛乳を生産する。

 

Ayrshire
(エアシャー)

原産国:スコットランド(イギリス)

体重 :450~600㎏

スコットランド南西部のエアシャー州の乳牛の一種です。
通常は赤と白の斑模様を持っています。
赤は橙色から暗褐色までの範囲である。
頑強さと牧草を牛乳に効率的に変換する能力で知られています。
この品種の強みは簡単な分娩と長生きが特徴です
1800年以前にスコットランドのアイル郡を起源としていました。
品種の開発中は、Dunlop、後でCunningham、そして最後にエアシャー(Ayrshire)と呼ばれました。
どの牛の交配種がエアシャーを作り出したかは未だに分かっていない。
1750年に、彼らは他の品種の牛と交雑され、その特徴的な茶色の斑点につながった。
1822年に米国に持ち込まれました。
最初はコネチカット州とニューイングランド州の地域に持ち込まれました。
牛乳生産量は年に9,100 kg以上に達することがあります。
子牛は通常、他の牛や人間の怪我を減らすために角切されています。
角切されていない場合、その角は30cmの長さに成長することができます。
ホルスタインなどの他の酪農品種と比較して、エアシャーは通常、飼料量が少なく肥沃な土地でも生き残ることができます。

日本には明治11年に札幌農学校へ導入されたのを最初に、明治の末まで政府の奨励品種として活躍しましたが、ホルスタイン種よりも乳量が少ないため、その後、徐々に、乳用牛はホルスタイン種に置き換えられていきました。

 

Bachaur
(バチャール)

原産国:インド

バチャールは、インドに固有の牛の品種です。
ビハール北部のマドゥバニ地区(Madhubani)、ダルバンガ地区(Darbhanga)、シタマリ地区(Sitamarhi)で飼育がおこなわれている。
雄牛は中規模の農耕作業に使用されています。
インドの他の品種と比較してより良い牛乳の生産者であります。
イギリス東インド会社の時代には、ビハール(Bihar)で広く飼育されていました。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.6

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Aubrac
(オーブラック)

原産国:フランス


体重

雄牛:950㎏
雌牛:650㎏

体高

雄牛:140㎝
雌牛:129㎝

 

オーブラックは、フランス原産の牛の品種です。
フランス中央部のマッシフ中心部にあるアブラック宮殿(フランスの中心部)が発祥の地です。
オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地方とオクラティエ地方のアヴェロン、カンタル、ロゼールの現代美術館にまたがるマッシフ・セントラルの高原で19世紀初頭に始まりました。
2014年に飼育数は約170,000頭と報告されました。
堅牢で質素な、肥沃なと長寿命で、マシフ・セントラルの山岳環境によく適応しています。
牛乳は、ラギオールチーズの製造に使用されます。

 

Aulie-Ata
(オウリー・アタ)

原産国:カザフスタン

体重

雄牛:平均 810~960㎏ 最大 1160㎏
雌牛:平均 480~510㎏ 最大 570㎏

 

オウリー・アタの飼育は、1885年にキルギザのオウリー・アタ地区で始まりました。
交配種はキルギッツアとカザフスタンの他の地域、そしてウズベキスタンのいくつかの地域に徐々に広がった。
1950年に公式の品種として認められました。
現代のオウリー・アタは、地元の自然・気候条件によく適応しています。
容易に暑い天候に耐えられ、山の牧草地に保持することができます。
平均牛乳生産量は3735kgであり、脂肪含量は4.01%である。
肉は柔らかく、とてもおいしく、栄養価が高い。

 

Aure et Saint-Girons
(オーレ サン ジロン)

原産国:フランス


別名:Casta
体重

雄牛:900㎏
雌牛:600㎏

体高

雌牛:135㎝

 

オーレ・サン・ジロンは絶滅の危機に瀕しているフランスの牛の品種です。
品種の名前は、2つの主要な起源地域、Hautes-Pyrénées地区のValléed'Aure、およびAriègeのSaint-GironsとCouseransの地域に由来します。
名前 "Casta"は、その栗の色から派生しています。
オーレ・サン・ジロンはフランスのピレネーに由来します。
2つ異なった地域から2つのタイプが認められた。
この品種は、1900年に公式に「レース・ウシ・ドゥ・サン・ギロンス」と名付けられました。
1930年から1958年の間に、飼育数は約3万頭から9,000頭未満に減少しました。
第二次世界大戦後の数年間に、数はさらに減少し、1983年までに12の農場に76頭の牛しか見つかりませんでした。
その品種は、FAOによって2007年に「絶滅危惧種」とされた。
2005年には427頭と推定されたが、2014年には320頭だった。
もともと三重目的の品種で、肉、牛乳、農耕作業用のために飼育されていました。
現在は主に肉用に飼育されています。
ミルクは脂肪含量が高く、Bethmale(fr)チーズの製造に使用されています。

 

Australian Braford
(オーストラリア ブラフォード)

原産国:オーストラリア

1946年から1952年の間にクイーンズランド州で開発された牛の品種で、牛のダニに耐性があり、他の品種よりも耐熱性に優れている。
ブラフォードには小さなこぶ、ゆったりとした肌と、赤と白の短い毛並みがあり、ヘレフォード牛と似た色のパターンを持っています。
この種の遺伝的には、ヘレフォード約50%、ブラフマン約50%である。
主にNSWとクイーンズランド州で飼育されています。
南アメリカ、南アフリカ、インドネシア、タイに輸出されています。

 

Australian Brangus
(オーストラリア ブランガス)

原産国:オーストラリア

1950年代にBrahmanとAngusの牛を交雑させることによってオーストラリアのクイーンズランド州の熱帯沿岸地域で開発された牛の品種です。
最初に米国で開発され、その後、オーストラリアでオーストラリアン・ブランガスとして独立して開発されました。
その品種は他の牛の品種よりも高いダニと耐熱性を確立するために開発された。
オーストラリア全土で広く飼育されている肉牛であり、日本やアメリカなどの国に輸出されています。
3/8のブラフマンと5/8のアンガスがその遺伝的な構成になっています。
通常は滑らかな黒色ですが、赤色もあります。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.5

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Argentine Criollo
(アルゼンチン クリオロ)

原産国 : アルゼンチン


体重

雄牛:600〜800 kg

雌牛:400〜440kg

 

アメリカで発見されたクリオロ型の牛の1つであり、他にもテキサス・ロングホーン(Texas Longhorn)が含まれています。
クリストファー・コロンブスがアメリカにもたらした最初の牛の子孫です。
中程度の大きさの牛の品種です。
雄雌共に角があり、その角は中程度の大きさで湾曲しています。
牛乳と肉の両方の生産に適しています。
平均して、毎日約4~6kgの牛乳を生産することができます。
非常に丈夫な動物で、彼らの地域の環境に非常に適応しています。

 

Armoricaine
(アメリケーヌ)

原産国:フランス

体重 :約650㎏

体高 :約138㎝

 

ArmoricaineまたはArmoricanは絶滅の危機に瀕しているフランスの牛の品種です。
それは19世紀のブルターニュで始まりました。
地元のFroment duLéonと現在消滅しているPie Rouge de Carhaixの交配によって、19世紀に英国から輸入されたDurham(現在はShorthornと呼ばれています)の品種によって作られました。
それはまれであり、FAOは2007年に「危機的に危機に瀕している」と表明している。
2005年の頭数は約240頭、2014年の頭数は263頭でした。
肌色は赤く、白いマーキングが付いています。
二重目的の品種であり、肉と牛乳の両方のために育てられます。
牛は約305日間の授乳期間中に約4500リットルの牛乳を生産する。

 

Arouquesa
(アロウケーサ)

原産国 :ポルトガル


体重  :約360~430㎏
体高

雄牛:平均 136㎝
雌牛:平均 123㎝

 

Arouquesaはポルトガルの牛の品種です。
雄は雌より少し暗くなるかもしれませんが、彼らの体毛の色は明るい茶色です。
角は最初に前方に、そして次に上方に向けられています。
アロウケーサは山々に適応しています。
後ろ足は非常に筋肉質です。
今日のポルトガルでは、まだ農耕作業用として働いています。
過去の1世紀は、牛肉のためにイギリスに輸出されることが多かった。
1902年、パリで「ベストビーフ賞」を受賞したのはアロウケーサ牛です。
残念ながら、この優れた、霜降りの肉は今日はポルトガルでしか知られていません。
そこでは、彼らは牛肉生産のための最高の品種と見なします。
非常に長生きです。
牛1頭あたり16~18匹の子牛は珍しくありません。
飼育地域は、ほとんどがヴィゼウ、アベイロ、ポルト、ブラガの北ポルトガル地区に限定されています。

 

Asturian Mountain
(アストゥリアス マウンテン)

原産国:スペイン

アストゥリアス・マウンテン(スペイン語:Asturiana de laMontaña)は、地元のスペイン産の牛で、顕著な飼養能力、飼育能力、習熟度が保有されています。
彼らは主に、アストゥリアスの東、スペイン北部、特にコヴァドンガ国立公園内を含むピコス・デ・エウロパの山脈で飼育されている。
アストゥリアス・マウンテンの繁殖は、非常に長い間アストゥリアス東部の風景と生態系の一部となっています。
この品種は、北部のスペイン産の品種のみを含むカンカブロ(Cantabric trunk)として知られているスペインの独占的な品種に属し、そのうち最も多くはアストゥリアスバレー牛である。
アストゥリアス・マウンテンは、歴史的にアストゥリアスに位置する東部のロッソ牛の子孫です。
その結果、品種はRAM(Roxa、Asturian Mountain)と呼ばれることがあります。

 

Asturian Valley
(アストゥリアス バレー)

原産国:スペイン

体重 :600~700㎏

 

アストゥリアス・バレーは、スペインのアストゥリアスの谷に由来しています。
彼らは主にビスケー湾の北部沿岸地域と山脈Cantábrica山脈の麓の川の谷で育っています。
この品種は、スペイン北部の純粋品種のみを含むトロントカンタブリーコ(Cantabric trunk)として知られるスペインの独占的な集団に属しアストゥリアスバレーも含まれています。
これらすべての品種のうち、アストゥリアス・バレーは最大の数を維持しています。
伝統的に、牛乳、肉、仕事(農耕作業用)に使われました。
他の乳用品種がスペインに導入されて以来、酪農業界での飼育数は低下しています。
Casínチーズを生産するために使用される3つの品種の1つになっています。
19世紀までに、スペイン北部で最も多い品種でした。
20世紀の初めに、外国品種の大規模な輸入はアストゥリアスバレーの数を危険なほどに約22,000頭に減らしました。
1980年代に、アストゥリアナ・デ・ロス・バレス(ASEAVA、1981年に設立されたアストゥリアスバレーの繁殖牛の飼育家スペイン協会)とスペイン政府が保護する動きを開始しました。
現在はこの種は北部地域で再び飼育されるようになり、スペインの他の地域にも広がっています。
脂肪やタンパク質が豊富な高品質の肉や牛乳で高く評価されています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.4

目安時間:約 8分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Anatolian Black
(アナトリアン・ブラック)

原産国 :トルコ

保存状態:絶滅危惧種
別名  :アナトリアネイティブ
主飼育地:中央トルコ
体重

雄牛:300~400kg
雌牛:200~300kg

 

Native Black Cattleとも呼ばれるアナトリアン・ブラック(トルコ語:Yerli Kara)は、現在トルコのアナトリア(Anatolia)で生まれた牛の一種です。
トルコで最も人気のある牛の品種であり、乳製品の生産、肉生産、小規模農場での農耕作業用として使用されています。
主に中央トルコで飼育されています。
アナトリアン・ブラックはトルコの品種の中で最も小さいものです。
それは東アナトリア赤と南アナトリア赤のトルコ品種と遺伝的に密接に関連しています。
これらの3つの品種は、総称して「アナトリアネイティブ」と呼ばれ、遺伝的にではなく、形態学的および地域的な理由で区別される。
この品種は絶滅の危機にあると考えられ、遺伝的に純粋な個体の数は減少している。
これは、生産性と収量、無意識の交雑繁殖と管理不足、農村地方の移住を改善するためのヨーロッパの品種との交雑によるものです。
アナトリアン・ブラックやその他の品種の繁殖を防ぐために、生産者の生産性を向上させる方法が研究されており、農業従事者にとってより現実的な選択肢になりました。
ララハンの中央畜産研究所に保全牛群がおります。
アナトリアン・ブラックは、タウリン牛の一種で、短角型の牛です。
*タウリン牛とはヨーロッパ牛とも呼ばれるは近東発祥の家畜の亜種である。
長い体幹とスリムな骨格で小柄です。
首は平均的な長さで、小さなのどぶくろが付いています。
体の後端は幅が広く、前の肩よりも高く、肩は狭く、長くて斜めであり、臀部は鋭く傾斜している。
背中はストレートで、 足は丈夫で短い。
頭部は鼻に向かって狭くなり、深い目を持つ。
雄雌共に角を持っています。
病気や寄生虫に強い牛です。
雌牛は授乳ごとに牛乳を1000〜1100kgまで生産することができます。
授乳期は240~260日間続くことができます。
ミルクは脂肪含量が4〜5%です。
アナトリアン・ブラックはトルコで最も重要な牛肉の1つです。
急速に成長することができます - 飼育場での毎日の体重増加は700~900 gです。
その適応性と低メンテナンス性は残念なことに生産性の低下を招いており、地元の農家にとって実行可能な選択肢にするためには、その生産量をヨーロッパの品種に合わせて改善する必要があります。

 

Andalusian Black
(アンダルシア ブラック)

原産国 :スペイン

保存状態:絶滅危惧種
別名  :ネグラデラスカンピニャス、ネグラ・カンピニャサ
主飼育地:アンダルシア
体重

雄牛:875~950kg
雌牛:600~650kg

体高

雄牛:140cm
雌牛:135cm

 

Negra de lasCampiñasとして現地で知られているアンダルシア・ブラック(スペイン語:Negra Andaluza)は、スペインのアンダルシア西部で生まれたタウリン系の牛です。
アンダルシア西部の2つの主要地域、すなわちコルドバからシエラ・モレナのふもとで飼育されています。
最初の品種協会は1996年にスペインで結成されました。
2007年には純粋な個体が800頭しかなかったが、その数は他の地元のスペイン品種との交雑により減少した。
頭数は2011年までに1,883頭に増加した。
今では絶滅の危機に瀕しており、1,415頭がスタッドブックに登録されています。
2005年に結成された現在の品種協会は、品種を維持するためにコルドバ大学と協力して保護プログラムを実施しています。
悪環境に適応できる強くて丈夫な品種です。
出生率は80〜95%で、双子を産む確率は1.15%です。
強い母性本能を持っています。

 

Angeln
(アングラー)

原産国 :ドイツ

体重

雄牛:平均 900㎏
雌牛:平均 550㎏

体高

雄牛:平均 143㎝
雌牛:平均 129㎝

 

最初に1600年に記載されているシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州でアンゲルン半島原産の牛の品種です。
しかし、一部の人々は、彼らが5000年以上にわたって存在している可能性があると考えます。
1830年以来、繁殖管理が実践されています。
肌色は、赤色です。
高脂肪分のミルクを生産することで知られています。
現在の育種の目的は、脂肪が4.8%、タンパク質が3.8%の牛乳9000kgです。
平均収量は授乳あたり4.6%の牛乳で5,200kgです。

 

Angus
(アンガス/アバディーン・アンガス)

原産国:イギリス

体重

雄牛:850㎏
雌牛:550㎏

 

別名はアバディーン・アンガスで、スコットランドの小さな肉牛の品種です。
それはスコットランド北東部のアバディーン州とアンガス州の牛に由来します。
本来の色は黒ですが、最近では赤の色が出現しています。
イギリスは両方とも同じ品種とみなされますが、米国では2つの別個の品種、レッドアンガスとブラックアンガスとみなされています。
北東部の少なくとも16世紀以降、スコットランドで記録されています。
20世紀半ばにイギリス諸島全域で飼育されるようになった。
日本には、1916年に導入され無角和種の造成に貢献している。
アンガスを使用した銘柄牛としては、島根県の大国牛があります。

 

Ankole-Watusi
(アンコール・ワトスティ)

原産国 :アメリカ


体重

雄牛:450~730㎏ 平均590㎏
雌牛:410~550㎏ 平均476㎏

 

アンコール・ワトスティは近代的なアメリカの牛の品種です。
それは中央アフリカのサンガ牛のアンコール系から派生したものです。
非常に大きな角が特徴です。
20世紀初めに動物園の標本としてドイツに輸入されたアンコール型の家畜に由来しています。
ドイツから、他のヨーロッパの動物園にも広がっています。
いくつかは米国に輸入され、1960年にはカナディアン・ブルと交配することでニューヨーク州で飼育が始まった。
品種協会であるアンコール・ワトスティ・インターナショナル・レジストリは1983年に設立され、そして1989年には品種基準が策定されました。
2016年には、その品種の総数は約1500頭となりました。
色々な色がありますが、通常赤です。
角は異常に大きく、幅広い広がりを見せています。
ギネス世界記録には、103.5cmの角円周を持つCT Woodieと95.25cmの角を持つLurchという名前の牛が記録保有者として掲載されています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.3

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Albera
(アルベラ)

原産国:フランス

フランスのピレネー山脈にあるヴァレスキルの部分的に存在するアルベラ・マッシフ(Albera Massif)固有の小さな牛で絶滅のおそれのある品種です。
寒さに強いですが、熱に弱く、そしてウェル山地の急峻な地形に適応しています。
19世紀にAlbera Massifで牛の品種が確認されましたが、Alberaの最初の記述は1957年のものです。
当時、品種内で3つのサブタイプが区別されていました。
最近では、タイプは2つであると考えられている:ネグラ(Negra)、またはダークタイプ、ファジーナ(Fagina)、またはより淡いタイプ。
1999年に、ファジーナ型は、アルベラ・ネグラ型よりも、ブルナ・デ・ロス・ピリネオス型に遺伝的に近いことが判明した。
ブリーダーズ協会は2008年に設立されました。
アルベラの品種は2011年7月27日に公式の認定を受けました。
品種標準が承認され確立されました。
2014年末に全頭数は763頭と記録され、そのうち618頭が雌牛で145頭が雄牛でした。
アルベラは寒さに強いが熱に弱い、アルベラ・マッシフ(Albera Massif)の急な地形によく適応しています。
彼らは人間との接触が少なく、生産能力もほとんどありません。
牛は2年ごとに繁殖し、子牛のためにかろうじて十分なミルクを生産します。
肉の収量は非常に低く、35~40%程度である。
牛は植生管理に使用されている:下草を食べることによって、彼らは森林火災を防止するのに役立ちます。

 

Alentejana
(アレンテジャーナ)

原産国:ポルトガル

アレンテジャーナは、アレンテージョの南部ポルトガル地方、アレンテージョ高地と低アレンテージョの両方に存在します。
肉の生産と農耕作業用として使用され、それはスペインで見出されるRetintaの品種に似ています。
アレンテジャーナは長い角が特徴で金赤色の牛です。
ブラジル産のメルトレンガと南部のクリウロは、この品種から産まれました。
アレンテジャーナ種は、欧州委員会からDOC(Denominao de Origem Controlada)の地理的地位が保護されています。

 

American Milking Devon
(アメリカンミルクデボン)

原産国 :アメリカ


体重

雄牛:平均 726㎏
雌牛:平均 499㎏

 

アメリカンミルクデボンは、アメリカの牛の品種です。
もともとは、17世紀に北米にもたらされたイギリスのノースデボン牛に由来しています。
彼らの名前にもかかわらず、彼らは肉の生産や農耕作業用として働くことにも適しています。
1623年、デボンシャー北部からノースデボン牛を少量出荷してプリマス植民地に到着した。
ミルクデボンは、フロリダほど遠い南東の東海岸に広がり、農耕、肉、牛乳を提供する多目的能力は農民によって評価されました。
しかし、19世紀初めに、ショートホーンの品種は、二重目的の牛のために農家に好まれ始め、1900年までにミルクデボンはニューイングランド以外ではほとんど見られませんでした。
20世紀の半ばまでに、数はさらに大幅に減少し、三重目的の牛の市場は事実上消えてしまった。
この品種は、1970年代には100頭以下の低水準に達しました。
今日、ミルクデボンは世界で最も絶滅のおそれのある牛の一つです。
しかし、アメリカ家畜繁殖保全やスローフードUSAの「味覚の箱」などの組織の助けを借りて、数字はやや戻り始めています。
アメリカンミルクデボンは、肉、牛乳、農耕の価値がある、西洋に残された真の三重目的の牛の数種のうちの1つです。
皮膚は暗く光沢のある赤色であり、角は白く黒い先端を有する。

 

Amerifax
(アメリファックス)

原産国 :アメリカ


体重

雄牛:500~544㎏

 

アメリファックスは1970年代に米国で開発された肉牛の品種です。
「アメリファックス」という名前は、アメリカのフリージアンとアンガスの交配から由来しています。
それらは5/8のアンガスと、3/8のフリージアンの交配種です。
1971年、アイルランドから米国に輸出されたフリージアンは、生産力に優れていました。
フリージアンとアンガスの品種はお互いを補完し、機能的で生産的な子孫を産みます。
アメリファックスは、黒または赤のいずれかになります。
品種は優れた枝肉の特徴と優れた離乳のパフォーマンスを備えています。
彼らは約29〜38㎏の子牛を産む。
離乳時の体重は34~45㎏です。
アメリファックスの子牛は15〜18ヶ月で生育する。
1977年、アメリファックス牛協会が設立されました。

 

Amrit Mahal
(アマリマハル)

原産国:インド

従来Benne Chavadiとして知られていたAmrit Mahal(Kannada)牛は、インドのカルナタカにあるマイソールの原種から生まれた牛の一種です。
それらは、密接に関連する既存の品種であるハガラバディ(Hagalavadi)およびチトラスグ(Chithradurg)とともに飼育されたハリケール(Hallikar)の繁殖牛から生じたものである。
もともとは、戦争で装備を輸送する目的で開発されたもので、その耐久力とスピードが特長です。
対照的に、牛乳生産が乏しいため、農耕作業用の品種である。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

ページの先頭へ