世界の牛 図鑑 Vol.20

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Dwarf Lulu
(ドワーフ・ルル)

原産地域:中央アジア

 

Mustang地区の在来種であるDwarf luluは、Mustang地区の高地で放牧されています。
それは、タウリン、ヤク、ゼブウの牛の遺伝子を持っています。
Dwarf luluは絶滅の危機に瀕しています。
雌牛の体重は68〜153kgであり、恐らく最も小さな雌牛となります。

 

Eastern Finncattle
(イースタン フィンカトル)


原産国:フィンランド

体重

雄牛:約600㎏
雌牛:約440㎏

体高

雄牛:135㎝
雌牛:118㎝

 

フィンランド東部の牛の品種です。
乳製品と牛肉の生産に使用される二重目的の品種です。
牛は授乳あたり約4100kgの乳を生産し、脂肪は約4.4%、タンパク質は3.5%である。
1890年代に別種として認識されました。

国の東部は、特にカレリアとサボは、西部と南部の地域に比べ、輸入牛の影響を受けませんでした。
1898年にKuopio(Savo)で行われた会議で品種協会を確立しました。
1927年には、登録された4620頭の雄牛と14650頭の雌牛が確認された。
生産的ではない在来の牛は時代遅れであり放棄された。
1980年代には、わずか50頭の雌牛と10頭未満の雄牛が残っていた。
フィンランドは、EUに加盟して以来、地元の品種を飼育する農家を積極的に支援してきました。
1997年、純粋な牛の数は、東フィンランドと北フィンランドでは100頭を超えました。
現時点では、純粋な(4世代まで)牛の数は約450頭です
その数は徐々に増えています。
この品種は現在人気を得ています。

 

Ennstal Mountain Pied
(エンスタル マウンテン パイド)

原産国:オーストリア

Ennstal Mountain Piedは、絶滅の危機に瀕しているオーストリアの家畜種です。
名前はEnnstal、Enns川の谷から来ています。
農耕作業用や牛肉としてかつて人気がありましたが、18世紀にはMurboden Cattle、Pinzgau Cattle、またはCarinthian Blondviehに置き換えられました。
太っていないが、肉は霜降りになっている。
最後の2頭の牛は1986年に絶滅したと考えられていたが、生き残った牛がいくつか見つかった。
絶滅の恐れのある家畜の品種保存のための連合(VEGH)と遺伝子保存のためのオーストリアの全国連合によって組織されています。
2004年にはオーストリアでも6農場に65頭が確認された。

 

Estonian Red
(エストニア レッド)

原産国:エストニア


体重

雄牛:800〜900 kg 最大1000 kg
雌牛:450〜550 kg 最大780 kg

 

エストニア・レッドは、在来のエストニアの牛とアングラーおよびデンマークの赤牛との交配から進化しました。
この交雑の開発は1800年代半ばに始まり、脂肪含有量が高く、収量が増加した牛乳を生産する品種を生み出すことを目的としていました。
1885年に最初のエストニア・レッドが登録されました。
第一次・第二次世界大戦の間に多くの牛が死んだが、エストニア・レッドは19世紀の終わりごろにエストニア中に広がり始めました。
過去10年間で、この品種を改良するために7種類の品種が使用されてきました。
これらは、Angler、Danish Red、Swiss、Red Holstein、Norwegian Red、Ayrshire、およびSwedish Red and Whiteです。
エストニア・レッドは今やエストニアの全牛の63.3%を占めています。
1頭あたりの平均乳量3784 kg、脂肪含有量3.98%、タンパク質含有量3.30%。
改良は、純粋な繁殖とデンマークレッドとアングラーとの交配によって行われています。

 

Évolène
(エヴォレーヌ)


原産国:スイス

体重

雄牛:600~700㎏
雌牛:平均750㎏

体高

雄牛:約130cm
雌牛:115~125 cm

 

エヴォレーヌはスイスのヴァレー州の乳牛の品種です。
それは絶滅危惧種の牛です。
中型の品種で黒色または赤色です、牛乳の生産よりも牛肉の生産に多く使用されています。
乳生産量は年間約3,200 kgで、脂肪含有量は約3.8%です。
品種は山岳地帯の牧草地に適応しています。
白い部分は主に背中と腹部にあります。
短くて強い足と短くて広い頭を持っています。
角は非常に丈夫で、非常に長いです。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.19

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Dhanni
(ダニー)

原産国:パキスタン

体重

雄牛:平均 400㎏
雌牛:平均 300㎏

 

Dhanniは、Attack、Chakwal、Fatehjang、tehsil Kot Fateh Khanを中心にパキスタンのパンジャブ州を起源とする牛の品種です。
乳製品、肉、作業用(農耕を含む)の三重目的の品種です。
Dhanniは中型の品種で、大きなこぶと小さい顔に特徴があります。
白い毛で終わる長い尾があります。
雄牛は大きな敏捷性を持つことが知られています。
主に作業用の品種で、地元で人気の高い牛カートレースで頻繁に見られる。
レース用の雄牛は非常に貴重になり、時には通常の牛の5倍の価格で販売されることがあります。
Dhanniは色のパターンに応じて異なる名前を持っています。
白い肌色で黒の斑点(Chitta Burga)
黒い肌色で白の斑点(Kala Burga)
白と茶色の斑点(Nuqra)
赤い肌色で白の斑点(Ratta Burga)

 

Doayo
(ドーヤ)

原産国:カメルーン

Doayo牛は、カメルーン北部の丘陵地帯にいる牛で、Namji、Namchi、Namshi、Poli、Donayo、M'Bougiとしても知られています。
Savannah Shorthorns(サバンナショートホーン)として分類され、Doayoの人々によって維持されています。
小柄でわずか97〜110cmの小型の牛で、主に均一な黒色、白黒または黒色の斑点された肌色をしているが、褐色または斑点のある茶色の肌色も生じる。
Daoyoの人は死者の重要性に応じて葬儀で屠畜され、皮は身体を包むために使われます。

 

Dølafe
(ドラフェ)


原産国:ノルウェー

体重:約450~500㎏

 

Dølafeは珍しい牛の品種です。
品種はノルウェーのGudbrand Valley、ØsterdalenとHedmarkenに由来します。
これらの地域は、豊かな山の牧草地へのアクセスが容易で家畜に適した条件を提供しました。
Dølafeのほとんどの牛は、今日、Gudbrand ValleyのFåvangで飼育されていました。
かつては絶滅の危機に瀕していたと考えられていた1990年代からその品種の頭数は増加し、現在ではかなり増加しています。
Dølafeは、短い脚を持つ小さな牛の品種です。
通常、角があります。
ほぼ均一に濃い茶色から白、茶色、黒色の多色の品種です。

 

Droughtmaster
(ドラグマスター)


原産国:オーストラリア

Droughtmasterは、1900年代初頭にBrahmanと英国の牛、主にBeef Shorthornの数頭の牛によって、クイーンズランド州北部で開発された熱帯性の肉牛です。
この品種は、オーストラリアの熱帯雨林での優れたダニの抵抗性が良好で、最も効率的な方法で環境と牧草地を使用して体重増加と肥沃度を高めることができる必要性に対応して考案されました。
短い体毛は、一般的に赤色であるが、黄金色の蜂蜜色から濃い赤色までのバリエーションが生じる可能性がある。
赤い色素沈着は、日焼けの痛みから牛を保護するのに役立ちます。
クイーンズランド州とノーザンテリトリーの両方で、大規模なDroughtmaster群れが牧草地で飼育されており、オーストラリア南部の伝統的な「英国産」地域で急速に増加しいています。
1970年代以来、Droughtmasterは、アジア、アフリカ、中南米、南米、中東、太平洋諸島に輸出されています。

 

Dutch Belted
(ダッチ ベルテッド)

原産国:オランダ

体重

雄牛:910㎏
雌牛:410~680㎏

 

Dutch Beltedは主に酪農品種です。
基本色が黒(最も一般的)か暗い赤で、品種の最も顕著な特徴は、肩と腰の間に置かれた、その中央の周りの白の広い「帯」です。
酪農品種として、Dutch Beltedは、平均的な品種よりも飼料の効率が高く、集中的な管理方法は必要ありません。
年間9,100kgの牛乳を生産することができます。
脂肪含量は3.5~5.5%の範囲である。
この品種は米国でよく確立され、1940年頃まで人気があったが、1900年代にはDutch Beltedの数が世界的に絶滅寸前にまで減少した。
アメリカは、保全の優先順位リスト上の「重要」として、Dutch Beltedを示しています。
米国の頭数は300頭未満で、世界中で1,000頭未満であると推定されています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.18

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Danish Jersey
(デーニッシュ ジャージー)

原産国:デンマーク

体重

雄牛:約500〜600kg
雌牛:約350〜425kg

体高  :115~120㎝

 

Danish Jerseysは、他の酪農品種(身長115〜120cm)よりも小柄です。
肌色は淡黄褐色です。
明るい色から濃い茶色、ほぼ黒色まで変化します。
暗い茶色は、四肢(鼻、足、耳、尾)に見られます。
雌牛は通常、雄牛よりも暗い色の肌色をしています。
デンマークの主に西Fünenで飼育されています。
1800年代後半にスウェーデンの牛から、1900年代初期にはジャージーから開発された。
年間平均搾乳量は7,600 kgで、脂肪の割合は5.75%です。
アルバニア、ロシア、フランス、イングランド、オランダ、ベルギー、ギリシャの国々に輸出されています。

 

Danish Red
(デーニッシュ レッド)

原産国:デンマーク

Danish Redは、Red Danish(レッド・デーニッシュ)またはRed Dane(レッド・デーン)としても知られており、北ヨーロッパの主要な乳牛です。
デンマークには計42,599頭飼育されている。
牛乳の生産が終了したら牛肉として使用される。
この品種は、Angelnと地元の品種を交配して開発されました。
Danish Redは、多くの他の国に輸出されており、Lithuanian Red(リトアニア・レッド)、Estonian Red(エストニア・レッド)、Latvian Red(ラトビア・レッド)、Polish Red(ポーランド・レッド)、Belarus Red(ベラルーシ・レッド)、Russian Red(ロシア・レッド)、Bulgarian Red(ブルガリア・レッド)などの多くの地元の品種を改善している。
良好な乳牛であり、ホルスタインよりも高いバター脂肪およびタンパク質含量を有する牛乳を生産する。

 

Deoni
(デオーニ)

原産国:インド

体高

雄牛:平均 130㎝
雌牛:平均 120㎝

 

Deoniは、インドの在来品種です。
良い牛乳生産者と農耕作業用の両方であることが知られていて、インドでは重要な二重目的品種とみなされています。
ホルスタインとジャージーとの交配種は非常に良い牛乳生産者です。
丈夫で、環境によく適応し、インドの重要な牛の資源を構成します。
デオーニの品種は、時にはDongari(ドナリ)/Dongarpati(ドンパラティ)として知られており、過去200年間進化してきました。
この品種は良好な搾乳者であり、300日間の授乳期間で約1135kgを生産する。
平均脂肪含量は4.3%であった。
雄牛は、重い作業に適しています。
雄牛は、5〜6歳で最大の力を示し、10〜12歳まで維持します。
3歳から農耕作業に使用されます。

 

Devon
(デボン)

原産国:イギリス

体重

雄牛:770~1000㎏
雌牛:460~590㎏

 

デボンは、イギリスの南西部デボン州の古代牛の品種である。
この品種は、最近開発された黄褐色のサウスデボン牛の品種との混乱を避けるため、ノースデボンと呼ばれることもあります。
主な飼育地はイングランド南西部、主にデボン州、サマセット州、コーンウォール州、ドーセット州です。
ヘレフォード、サセックス、リンカーンレッド、レッドポールと一緒に、イングランド南部の伝統的な赤い牛に由来するいくつかの現代品種の1つです。
色は豊かな赤色または黄色です。
草や他の飼料を効率的に利用する彼らの能力は、南ブラジル、オーストラリア、ニュージーランドなどの地域で人気が高まっています。

 

Dexter
(デキスター)

原産国:アイルランド

デキスター牛は、アイルランドに由来する牛の品種です。
ヨーロッパの牛の中で最も小さく、伝統的なヘレフォードの約半分、牛の牛の約1/3の大きさです。
最近まで希少品種でしたが、現在は回復していると考えられています。
1882年にイギリスに持ち込まれたアイルランド南西部の品種に由来しています。
この品種はアイルランドでは事実上姿を消しましたが、イングランドや米国でも、小さな牧草地で純粋な品種として維持されていました。
色は、黒、赤、ダン(茶色)の3色があります。
多くのデクスターは自然に無角ですが、多くは角がかなり小さく、厚く、雄牛は前方カーブで雌牛は上方カーブで成長します。
牛肉や乳生産に適している二重目的の品種に分類されます。
豊富なミルクを生産し、バター脂肪(4%)が比較的高く、全体として牛乳の品質はジャージーに似ています。
1日当たり7.6〜9.5ℓを生産します。
分娩が容易であることが知られています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

タグ:     

カテゴリ:牛肉 

世界の牛 図鑑 Vol.17

目安時間:約 5分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Chillingham
(チャイリンガム)

原産国:イギリス

体重

雄牛:約300㎏
雌牛:約280㎏

 

Chillinghamは野生の牛としても知られている、イングランドノーサンバーランドの、チリンガム城にある大きな公園に住む牛の一種です。
2009年には、牛は「中世以来存在していた非常に大きな公園に生息するチャイリンガムで約90頭の動物」と記載されました。
群れは数百年の間、隔離されたままであります。
スコットランド北東部のFochabersに近いクラウンエステートの土地には、約20頭の小さな小群があります。
Chillinghamは小さく、雄と雌の両方に直立した角があります。
赤色の耳を持ち肌色は白色です(彼らはまた、足、鼻、および目の周りにいくつかの色を持つことがあります)。
一般的に原始的な形態であります。

 

Chinese Black Pied
(チャイニーズ ブラック パイド)

原産国 :中国

体重

雄牛:平均 1142㎏
雌牛:平均 615㎏

体高

雄牛:平均 157㎝
雌牛:平均 136㎝

 

Chinese Black PiedまたはChinese Black and Whiteは中国の酪農牛です。
それは、カナダ、ドイツ、日本、オランダ、英国、および米国から1870年代に輸入された様々な品種の黒と白の乳牛の地元の牛との交配から派生しています。
それは中国で最も数多くの酪農品種であり、全国に分布しています。
黒と白の乳牛は、カナダ、ドイツ、日本、英国、米国から1870年代に中国の主要都市に輸入された。
第二次世界大戦後、大規模なアメリカのHolstein-Friesiansが輸入され、オランダからはDutch Black Piedも輸入された。
これらは、最初に中国の品種内の大小の種類を発生させたが、これらはもはや区別することはできません。
1982年、27万頭の平均牛乳収量は305日間の授乳当り4,461kgと推定された。
牛乳の脂肪成分は、国の南部では平均3.3%、北部では3.4%である。

 

Corriente
(コリエンテ)


原産国:スペイン


体重:平均450kg以下

 

コリエンテ牛は、1493年にアメリカにもたらされたスペイン牛の子孫であるクリオロ牛の品種です。
今日、ロデオのためのスポーツ牛として主に使用されています。
直進の運動能力があり、長いアップカービング角を持っています。
分娩に人間の介入がほとんど必要ない。
他のクリオロの品種と同様に、コリアンテは水を必要としない。
米国の公式の品種登録はコリエンテ牛と呼ばれ、北メキシコで最も一般的な用語である。
メキシコの他の地域では、CriolloまたはChinampoと呼ばれています。

 

Crioulo Lageano
(クリウロ リーゲーノ)

原産国:ブラジル

400年前に、ポルトガルからブラジルにCrioulo Lageano Longhornが、イエズス会によってもたらされました。
この品種はおそらくエジプトで紀元前4000年に家畜化され、アフリカの北部からスペイン南部にやってきました。
それはブラジルの領土に広がったサンパウロ州フランカから来た同じ起源のフランケイラの品種に似ています。
ブラジルの牛の大部分は、3つのセンターから得たものである。
サンヴィセンテ、サルバドール、レシフェであり、元々はポルトガルの品種であった。

 

Dangi
(ダンギー)


原産国:インド

Dangi牛はインド原産の農耕作業用の牛の品種です。
それはMaharashtra(マハラシュトラ)州のNasik(ナーシク)およびAhmednagar(アフマドナガル)地区のDangsの丘陵地帯に由来しています。
中型の牛の品種です。
非常に良い農耕作業用の品種であり、大雨地域への適応能力があることで知られています。
肌は、豪雨に耐えることができるオイル要素を分泌します。
牛乳の搾乳量は少なく、泌乳当たり約430kgの牛乳を産生することができる。
牛乳は脂肪含量の約4.3%を含む非常に良質のものです。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.16

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Caracu
(カラクー)


原産国:ブラジル

体重

雄牛:平均 1000㎏ 最大1200㎏
雌牛:550~650㎏ 最大750㎏

 

Caracuは適応性、丈夫さ、優れた母性能力で知られているブラジルの二重目的(牛肉と牛乳)の品種です。
その主な用途は、牛肉ための交配種で、ブラジル産肉牛の5%未満を占める。
イベリア半島から輸入されたものであり、おそらくムーア人の占領からアフリカ牛の影響を受けている可能性がある。
ブラジルで見られる熱帯条件に最も適したヨーロッパ種です。
1980年以来、Caracu Breeders(ABCC)のブラジル連合が率いる最も現代的な選択技術と遺伝的改良の使用によりCaracuが改善されました。

 

Carinthian Blondvieh
(カリンティア ブロンドヴィエ)

原産国:オーストリア


体重

雄牛:800~850㎏
雌牛:500~600㎏

 

Carinthian Blondvieh(ドイツ語:KärntnerBlondvieh)は、オーストリアのカリンシア地域の古い牛の品種です。
典型的には均一な白色または淡い黄色で、口、角、および蹄が薄い。
かつては、農耕作業、牛乳と牛肉の三重目的の牛であった。
品種の起源は不明です。
1924年に育種協会が設立されました。
1990年までに飼育数が約100頭に急激に減少したため希少品種になりました。
それ以来、種の保存のためにいくつかの努力がなされてきた。

 

Carora
(カローラ)


原産国:ベネズエラ

体重 :426kg

 

Caroraは、BraunviehとCriolloを交配させることによって開発された牛の品種です。
主に牛乳生産に使用されます。
選択的な育種は、1935年にベネズエラの北西部のララで始まりました。
BraunviehをCriolloの品種Amarillo de Quebrada Arribaと交配させ、3/4〜7/8ブラウンビエで品種を安定させた。
主な育種の目的は、暑い低降水量の環境で満足な乳生産を達成することでした。
Caroraが開発された地域の気候は半乾燥しており、年間平均降雨量は約700mm、平均気温は28℃です。
1975年から1986年の記録によると、平均牛乳収量は2433kgであった。

 

Charolais
(シャロレー)

原産国:フランス


体重

雄牛:平均 1200㎏
雌牛:平均 700㎏

体高

雄牛:平均 150㎝
雌牛:平均 140㎝

 

フランス東部のブルゴーニュにあるCharolais地域のタウリン牛の品種です。
発育の良い事と赤肉量の多いことからイギリス、アメリカ、オーストラリアなどで重用され、脂肪が少なく赤肉生産用とされ、純粋種としてのみでなく、他の肉用種や乳用種との交配種の作成にも多用される。
フランスでは、ホルスタインが一番多く2番目に多い牛の品種です。
1934年にメキシコから米国南部に導入されました。
1965年にカナダのニューイングランド州北部で導入されました。

 

Chianina
(キアニーナ)

原産国:イタリア


重量

雄牛:1200~1500㎏
雌牛:800~1000㎏

体高

雄牛:160~170㎝
雌牛:155~165㎝

肌色:黒

 

キアニーナ(Chianina:イタリア語の発音:[kjaniːna])は、以前は主に農作業のために飼育されていたイタリアの牛の品種です
それは世界で最も古い牛の品種です。
キアニーナの名前はヴァルディキアーナ(Valdichiana)に由来しています。
イタリアのトスカーナ地方、ウンブリア州、ラツィオ州では、少なくとも2200年間、キアニーナが飼育されています。
キアニーナの雄牛は機械化と第二次世界大戦に続くメザドリアシステムの崩壊によって移転されるまで、その地域の農業力の主要な源であった。
少なくとも1970年まで農業で使用されていました。
1931年から、飼育者は、より短い肢、長い体、およびより重い筋肉の臀部および大腿部を有する、肉生産に適した牛の選択を支持し始めた。
最近の選択は、成長率、肉収量、牛の母親能力などの要因にも基づいています。
第二次世界大戦以来、キアニーナは世界的な品種になっており、高品質の肉をほとんど独占的に生産しています。
キアニーナは、最も背の高い牛と最も重い牛の両方です。
2010年末にイタリアに登録された頭数は47,236頭であり、トスカーナ、ウンブリア、ラツィオには90%以上が登録されていました。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.15

目安時間:約 8分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Cachena
(カケーナ)


原産国 :ポルトガル/スペイン

 
体重

雄牛:平均 550㎏
雌牛:平均 390㎏

体高   :110㎝以下

 

Cachenaは、北ポルトガルとガリシア(スペイン)の茶色と黄色の地方の牛から発生した。
世界最小の牛の品種の一つです。
もともとポルトガルの北部にあるVila Real地区で飼育され、その後ガリシア(スペイン)に輸出されました。
気候は夏には暑く乾燥し、冬には寒く湿っています。
スペインの自然公園Baixa Limia-Serra doXurésの低山脈地域に分布しています。
もともとは、牛肉や牛乳そして農耕作業用として使用されている三重目的の牛の品種でした。
現在は、牛肉の生産にのみ使用されています。
牛肉はその優れた品質で知られています。
香りの良い野生のハーブの香りがする牛乳を少量生産します。
それは "Brandas da Cachena"というチーズに使用されています。
彼らの良い臭覚は、ブッシュランドの珍しいハーブを探すのに役立ちます。
1986年にはわずか30頭しか存在しなかったが、5年後には260頭に増加した。
ポルトガルでは、絶滅の危機にある家畜の維持計画が立てられました。
2013年には、4700頭以上に増加しています。

 

Camargue
(カマルグ)

原産国   :フランス

体重

雄牛:平均 400㎏
雌牛:平均 250㎏

体高

雄牛:平均 125㎝
雌牛:平均 115㎝

 

カマルグは、南フランスのローヌ川デルタのカマルグ湿原にいる固有の家畜の品種である。
それは伝統的なスポーツのcourse camarguaise、無血闘牛の一種ではなく、コリダ、イベリアスタイルの闘牛のために使用されます。
プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地方のブーシュ・デュ・ローヌとプチ・カマルグの地方で、カマルグの湿地で半野生で長く飼育された2品種の牛の1つです。
もう一つはBravaまたはRace de Combatで、闘牛の品種です。
Camargue品種の名前はRaçodiBiòuに変更されました。
2004年の飼育頭数は5,950頭と推定されています。
2014年には5,332頭と報告されました。
肌色は一様に黒く、時には濃い茶色です。
大きな角があります。
一般的には灰色で、中央にはクリーミーな白、先端では暗い色です。
毎年約2000頭の牛肉が販売されています。
カマルグ湿地で広く管理されています。
カマルグ湿地の広い地域の維持に貢献し、また観光地としても評価されています。

 

Canadian Speckle Park
(カナディアン スペックル パーク)

原産国:カナダ

カナディアン・スペックル・パークは、カナダのサスカチュワン州の牛の品種です。
それはカナダで開発された肉牛の一つです。
品種名の後半は、それが知られている特徴的な白、黒、灰色の点と色の模様から派生しています。
2006年にカナダ政府が正式に認定した最新の牛の品種の1つです。
1985年に交配団体が結成され、カナディアン・スペックル・パークを米国とオーストラリアに輸出しました。
カナディアン・スペックル・パークの繁殖作業は、1950年代にローン・ショートホーンの雌牛をブラック・アンガス雄牛に交配すことから始まりました。
斑点は子孫の支配的な形質となり、新しい品種の始まりが浮かび上がった。
イギリスの3つの品種、Teeswater Shorthorn、Aberdeen Angus、British whiteから開発されたカナダの品種です。
1993年に、カナダ動物の種族法の下に組合が設立されたので、品種が開発され、1995年に最初の細則が制定されました。
2006年にカナディアン・スペックル・パークは完全な品種の認定を受けました。

 

Canadienne
(カナディアン)


原産国:カナダ

ブラックカナディアン、フランスカナディアン、ブラックジャージとも呼ばれるカナディアン牛は、カナダで開発された唯一の酪農牛である。
彼らは16世紀にフランスの入植者がカナダに入植するために牛を持ち込みました。
入った品種は不明です。
ガーンジー、ジャージー、ケリーの牛と同じ祖先に由来すると考えられています。
牛は作業と肉類を提供し、入植者にとって重要だった。
1600年代のフランスのノルマンディー地方とブルターニュ地方に由来する現在のケベック州の牛にさかのぼることができます。
19世紀後半までカナダで最も一般的な家畜の品種であり、他の品種がそれらを置き換え始めた。
まだ全国の農場や牧場で飼育されていますが、ケベック州の特定の地域を除いて比較的稀です。
近年、絶滅の危機に瀕した品種を保護するために、活発な品種保護とケベック州政府による取り組みが行われています。
1999年、カナディアン牛はケベック州政府の公式遺産となり、その繁殖プログラムは種を保護するために支援されています。
効率的な牛乳生産者です。
牛乳には高レベルのバター脂肪とタンパク質が含まれているため、チーズ製造に最適です。

 

Canchim
(キャンチム)

原産国:ブラジル

Canchimの品種は、ヨーロッパのCharolais牛を、既にアジアのZebuタイプの牛(こぶ牛)が熱帯条件に最も適しているブラジルに既に保管されているIndubrazil牛と交配することによって、中央ブラジルで開発された牛の品種です。
ヨーロッパの品種と比較して、Canchimの牛は、同じ重量ではあるがより大きい数の子牛を産みます。
形成に用いられたヨーロッパの品種はCharolaisであった。
結論は、5/8 Charolaisと3/8 Zebuが最も適していて、肉、早熟、熱と寄生虫に対する耐性、および優れた体格をしていた。
最初の交配種は、5/8 Charolaisおよび3/8 Zebuで1953年に生まれた。
品種が開発された地域で非常に一般的な木の名前に由来するCANCHIMという名前で、中央ブラジルのための新しいタイプの肉牛が生まれました。
1983年5月18日、農業省はCanchim型牛を品種として認めた。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.14

目安時間:約 5分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Buelingo
(ブエリンゴ)

原産国:アメリカ

Buelingoは、現代的なアメリカの交配種で、ベルト付きの牛の品種です。
それは、米国のノースダコタ州で1970年代に作られたもので、ブリーダーの一人、ラス・ブエリングに命名されました。
開発は、リムーザンやベルト類の遺伝子を修正するためにオランダのベルト付きの雄牛と交配したアンガスと短角種から開始しました。
これは純粋に外観のためだった。
1989年に、Buelingo肉牛協会が開始されました。

細やかな霜降りは、優れた味を伴ってきました。

Buelingoは、主にアメリカとカナダで飼育されています。

 

Burlina
(バーリナ)

原産国:イタリア

体重

雄牛:平均 1000㎏
雌牛:平均 750㎏

体高

雄牛:平均 145㎝
雌牛:平均 140㎝

 

Burlinaは、北東イタリアの亜高山地域の牛の品種です。
主にトレヴィーゾ、ヴェローナ、ヴィチェンツァ州に分布しています。
Bassanese、Binda、Boccarda、Pezzata degli altipianiなどの他の名前でも知られています。
それは二重目的の品種ですが、主に牛乳生産のために飼育されています。
その品種の正確な起源は不明である。
20世紀初頭にイタリアの北東部にあった最も数多くの品種の1つで、数万頭の頭数を計っています。
1930年代までは、Altopiano di Asiago、Colli Berici、Monte Grappa、Monti Lessiniで最も一般的な酪農品種でした。
第一次・第二次世界大戦中、そして1950年代から1960年代にかけて徐々に減少した。
生産性の高いホルスタインに置き換えられました。
その品種の総頭数は1956年に11,283頭と記録されたが、2008年までにその総数は約300頭に減少した。
黒と白の斑点のついた小さな品種です。
雄雌の両方に小さな角が付いています。

 

Buša
(ブサ)

原産地域 :旧ユーゴスラビア(ディナルアルプス)

体重

 雄牛:平均 300㎏
 雌牛:180~250㎏

体高  :100~110㎝

 

ブサ牛(またはブサ; Bos brachyeros europeus)は、旧ユーゴスラビア(ディナルアルプス)の南部全域に多数の品種が見つかっている小さな牛である。
それは、短角牛のグループに属します。
寿命は約20年です。
農耕作業用として、また牛肉や牛乳の生産にも使用されています
牛乳の搾乳量は年間700~800ℓです。
牛乳は約4〜6%の乳脂肪を含みます。
ブサとその交配種は、旧ユーゴスラビアに広がっている。
コソボ、マケドニア、セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、リカ・ダルマチア、モンテネグロのようなクロアチアの一部で飼育されている。
冬の2〜6ヶ月間は屋内で飼育され、残りは屋外で飼育されます。

 

Butana
(ブタナ)

原産国:スーダン

Butanaは、東アフリカの品種群であるショートホーン・ゼブ族の一種です。
彼らは珍しいのは、ボラン、バガラ、フォンなどの他の品種と違って、彼らが酪農品種であるということです。
スーダン中央、ブタナ地域のハルツームの東に存在する。
アッバラのスーダン農業省のアトバール研究所は、Butana種の保存と改善のための研究を行っています。
パキスタンのレッド・シンディとサヒワルのような濃い赤色です。
彼らはアフリカでは最高の酪農品種であります。

 

Bushuyev
(ブシュエフ)

原産国:ウズベキスタン

Bushuyev(ロシア語:Бушуевская、translit。Bushuyevskaya)は、ウズベキスタンの牛の品種です。
西ヨーロッパの酪農品種とゼブ牛(こぶ牛)の交配種に由来しています。
白い黒い斑点、黒い耳と目の周りの縁、そして鼻口部の周りの黒い帯で覆われています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

タグ:     

カテゴリ:牛肉 

世界の牛 図鑑 Vol.13

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Braunvieh
(ブラウンビエ)

原産国 :スイス

別名  :Schwyzer

体重

雄牛:1,000~1,300kg
雌牛:550〜750kg

体高  :138〜152cm

 

Braunvieh(ドイツ語、 "brown cattle")は、スイスに起源を持ち、アルパイン地域に分布している牛の品種またはグループです。
もともと牛乳生産、肉、農耕作業に使用されていた三重目的の品種でした。
現代は主に酪農品種です。
中央スイスのSchwyz(シュヴィーツ)のSwiss Canton(スイスのカントン)で中世から育った茶色の山岳牛に由来しています。
パリの1855年博覧会、1862年ロンドンの国際展に展示されました。
1967年から1998年の間に、ミルクの収量、身体の大きさおよび乳房の形態を改善する目的で、アメリカンブラウンスイスとの実質的な交配が行われた。
ドイツでは、改善のプログラムとして始まったものが代替プログラムになりました。
1994年にブラウンスイスのブラウンビエへの遺伝的貢献度は60%に達していた。
スイスでは、いくつかの酪農家は伝統的なタイプのブラウンビーエイを繁殖させていましたが、これは1993年にSchweizer Original Braunviehとして公式化されました。
元のブラウンビエを維持する努力は、1988年にドイツで始まりました。
イタリアでは、Bruna Italiana Vecchio Ceppoとして知られています。
牛乳の生産は、年間 7200ℓ(山地地域)~12000ℓの範囲です。
アルパイン地域、オーストリア、ドイツ、イタリア、スペイン、米国のブラウンスイスで、いくつかのヨーロッパの牛の繁殖をもたらしました。

 

Brava
(ブラバ)

原産国:フランス

別名:Race de Combat(レース・デ・コンバット)

体重

雄牛:平均 400㎏
雌牛:平均 250㎏

体高

雄牛:平均 125㎝
雌牛:平均 115㎝

 

BravaまたはRace de Combatはフランス南部のRhôneのデルタであるCamargueで飼育されたフランス産の家畜牛です。
スペインでもポルトガルでも、闘牛のために特別に飼育されています。
Bravaは、19世紀に輸入されたイベリア戦闘牛に由来し、Espagnole Bravaとしても知られています。
イベリア戦闘雄牛の繁殖用飼育品をフランスに初めて導入したのは、Arlesに1869年に輸入されたものです。
これ以来、このような輸入は1975年までありませんでした。
2004年の頭数は5950頭、2014年には3275頭と報告されました。
肌色は、ほとんどの場合、一様に黒です。
角は大きく、前方を指しています。
飼育された約10%が闘牛の目的に適していることが分かっている。
残りは肉のために使用される。

 

British White
(ブリティッシュ ホワイト)


原産国:イギリス

 

ブリティッシュ・ホワイトは、自然に放牧されたイギリスの牛の品種で、黒または赤の点が白く、主に牛肉に使用されます。
それは17世紀に確認された歴史を持っています。
白い毛が短く、暗い点があります(通常は黒、時には赤)。
着色された部位は、耳、足、まぶた、鼻、そしてしばしば乳首も含まれます
それは自然にポーリングされ(角なし)、中型の品種です。
身体の毛皮に色のついた斑点があり、毛皮の下の皮膚は通常は灰色または赤みを帯びています。
ピンク色の斑点があります。
ホワイト・パークのように他のイギリスの品種と遺伝的に区別されていないため、正確な起源について疑問があります。
20世紀初頭までに、イギリスの東部郡にある登録動物約130頭にまで減少しました。
20世紀末までに、イギリスで1,500頭以上の登録動物に、そしておそらくアメリカでは2,500頭にまで増加しました。
オーストラリアのような世界の他の地域でも飼育されています。

 

Brown Carpathian
(ブラウン カルパチア)


原産国:ウクライナ


体重

雄牛:600~750㎏
雌牛:425~450㎏

 

ブラウン・カンパチアンは西ウクライナの牛の品種です。
ウクライナのトランスカルパチア地方で見つかったこの品種は、ブラウンスイスと地元の牛とを交雑させた結果、乳製品と牛肉生産のための二重目的品種を生産した結果であった。
その品種は1972年に初めて認識され、1980年代以降、ブラウンスイスとジャージーの雄牛との交配がさらに進んでいます。
牛乳の収量は2,500〜3,000kgで、最大6,000kgで脂肪含量は3.6~3.8%である。
褐色カルパチアの牛は、主にトランスカルパチア州とチェルノフツー県で飼育されている。

 

Brown Swiss
(ブラウン・スイス)

原産国:スイス

 

ブラウン・スイスはスイスの乳牛である。
それはアルパイン・ブラウンヴィエーから派生したものです。
年産牛乳収量はホルシスタインの次に多く、年産9,000 kgを超える乳収量を誇っています。
牛乳は、平均4%のバター脂肪と3.5%のタンパク質を含み、チーズの生産に優れています。
長い妊娠期間、巨大な体格、大規模な毛皮で覆われた耳、そして非常に従順な気質で知られています。
スイスのアルプスの斜面に生息しています。
この厳しい気候の中で生活したので、熱、寒さ、および他の多くの一般的な牛の問題に対応しています。
色は、通常、灰色がかった淡黄褐色の淡褐色です。
日本にも第二次世界大戦後、アメリカから輸入されましたが、泌乳量が少ない等の理由から特徴が生かせず、当時は普及しませんでした。
しかし近年になって、チーズ等の加工用に向いていることが評価され、飼養頭数は増えてきています

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.12

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Bonsmara
(ボンズマラ)

原産国:南アフリカ

 

ボンズマラは、高品質の牛肉と地元の病気に対する抵抗力で知られている牛の品種です。
南アフリカで、ジャン・ボンズマ教授の科学実験として発足し、アフリカーナの5/8、ヘレフォードの3/16、ショートホーンの交配により作成された。

「ボンズマラ」という名前は、品種の開発に大きな役割を果たした男である「ボンズマ」と、動物が飼育された農場である「マラ」に由来しています。

 

Boran
(ボラン)

原産地域:東アフリカ

ウガンダ/エチオピア/エリトリア/ケニア
ジブチ/セーシェル/ソマリア/タンザニア
ブルンジ/ルワンダ/コモロ/ザンビア
マダガスカル/マラウイ/モザンビーク
モーリシャス/ジンバブエ/南スーダン

体重

ケニア・ボラン

雄牛:550~850㎏
雌牛:400~550㎏

オルマ・ボラン

雄牛:225~395㎏
雌牛:250~355㎏

 

ボランはアフリカ東部で人気のゼブ牛(こぶ牛)です。
繁殖力、早熟、丈夫さ、そして従順で知られています。
ケニア・ボラン牛は、エチオピア南部のボラン・オロモ族のショートホーンゼブ牛から開発されました。
通常肌色は、白または淡黄褐色であり、雄牛は黒い点で暗くなります。
1000年以上アフリカにいた彼らは、地元の条件や寄生虫に非常によく適応しています。
オルマ・ボランは、ボラン品種の中でも最も小さいもので、ケニア・ボランよりも小さいものです。
ケニア・ボランは、オルマ・ボラン、ボラナ、ソマリ・ボランから発展しました。

 

Braford
(ブラフォード)

原産国:アメリカ

 

ブラフォードは、雄のヘレフォードと雌のブラフマンの交配種である。
ブラフォードの構成は、ブラフマン3/8、ヘレフォード5/8です。
両方の両親の特性を持っています。
ブラフォードは白い下腹部、頭、そして足を持つヘレフォードのような赤い牛です。
ブラフォードは主に牛肉に使われますが、ロデオのために使われることもあります。
ブラフォードは1946年にオーストラリアで、1947年にフロリダで開発されました。
暖かい気候にむいています。
ブラフォードはアメリカとオーストラリアで作成され、評価がよく、マレーシア、ニューギニア、ニュージーランド、西サモア、南アメリカ、南アフリカ、中国などの国に輸出されています。

 

Brahman
(ブラフマン)

原産国:アメリカ

 

ブラフマン(Brahman)またはブラフマ(Brahma)は、インドから輸入された牛の品種からアメリカで最初に作成したゼブ牛(こぶ牛)の品種である。
1900年代初めにグジャラート、オンゴール、ギル、クリシュナバレーの4種類の牛の交配種として初めての品種でした。
牛肉を目的とした最も一般的な牛の品種の一つであり、アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、米国、パナマ、コロンビア、オーストラリアで広く使用されています。
元のアメリカのブラフマンは、1854年から1926年にかけて米国に輸入されたいくつかのインドの品種の約266頭の雄と22頭の雌から作成された。
熱に対して極端な寛容性のために知られており、熱帯地域で広く普及しているされています。
その肌が厚いために害虫に抵抗性があります。
この品種は、暑い気候だけでなく、より寒い気候でもよく適応します。
オマーンとフジャイラでは、ブラフマンブルズは伝統的な闘牛のスポーツに使われています。

 

Brangus
(ブランガス)

原産国:アメリカ

 

ブランガスは、丈夫な品種であり、アンガスとブラフマンの交配種であり人気のある肉牛です。
ブランガスとして登録することができるのは、アンガスが5/8 とブラフマンが3/8 です。
International Brangus Breeders Association(IBBA)の登録商標です。
ブランガスの品種を開発する努力は1932年に始まり、Brangus Breedersの最初の組織は1949年に始まった。
現在、米国、アルゼンチン、オーストラリア、カナダ、中米、メキシコ、ジンバブエのほぼすべての国にメンバーがいます。
この品種は高温高湿に強いことが証明されています。
寒さの条件の下では、彼らは寒さ対策のための体毛を生成するようです。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

タグ:     

カテゴリ:牛肉 

世界の牛 図鑑 Vol.11

目安時間:約 5分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Black Baldy
(ブラック・バディ)

原産国:オーストラリア

 

Black Baldyは、ヘレフォード牛を黒い牛、通常はAberdeen Angusと交配させて作った交雑牛の一種です。
Angusの雄牛はヘレフォードの雌牛にも使用され、より小さな仔牛を作り、難産を減らそうとしています。
ヘレフォードに似た白い顔が特徴ですが、ヘレフォードの赤い体色はアンガスの黒色に置き換えられています。

交雑種の活力は、2匹の牛を交配する主な理由であり、ブラック・バディが優れた特性です。
その品種は、純粋な牛よりも健康であるという評判を得ています。

 

Black Hereford
(ブラック・ヘレフォード)

原産国:イギリス

 

ブラック・ヘレフォードは主にヘレフォード(通常は赤と白)から派生した品種であり、ブラック・アンガスの交雑種で白の頭と黒い牛を生み出します。
レッド・ヘレフォードのように、ブラック・ヘレフォードは飼料効率と従順な気質で知られるようになりました。
ブラック・ヘレフォードは、通常、アンガスとヘレフォードを組み合わせた品種です。
アメリカ・ブラック・ヘレフォード協会は、1994年に非営利団体として設立されました。
2003年に全米動物繁殖協会(NADS)の国際的な品種指定を受けました。
ブラック・ヘレフォードは、主に牛肉を生産するために使用される効率的で従順な牛の品種です。

 

Blonde d'Aquitaine
(ブロンド・ド・アキテーヌ)

原産国: フランス

体重

雄牛:1400㎏
雌牛:1050㎏

体高

雄牛:165㎝
雌牛:155㎝

 

ブロンド・ド・アキテーヌは現代フランスの大型の牛の品種です。
それは1962年に3つのBlonde desPyrénées、Blonde de QuercyとGaronnaiseを交配して作られました。
1970年頃から牛肉生産のために特別に選択して飼育されてきた。
Charolaisとリムーザンの後でフランスの3番目に多い牛の品種です。
世界中の多くの国に輸出されています。
3頭はすべて主に農耕作業用の品種でした。
ブロンド・ド・アキテーヌにはフランス南部のほとんどの伝統的なブロンドの牛の品種が含まれています。
1970年頃から、この品種の牛肉産生特性を改善するための協調的な努力がなされた。
2013年には、18,000以上の農場に約56万頭が飼育されていました。
ブロンド・デイ・アキテーヌは、小麦色またはクリーム色で、暗い色から非常に薄い色の色合いにまで及ぶ。
目の周りの領域はより淡いです。
雄牛は210日で約300kg、15ヶ月で約500kgに達します。
肉の歩留まり率は約65%である。

 

Blue Albion
(ブルー・アルビオン)

原産国:イギリス

 

ブルーアルビオンはイギリスのミッドランドで生まれた牛の品種です。
多目的品種であり、牛乳生産と一緒に肉生産にも可能性を持っていました。
この品種は、口蹄疫とそれに続く病気を制御するために必要な淘汰のために1967年に絶滅した。
ブルーアルビオンは、青い色の牛だった。
ブルー・アルビオンの交配に使用された元の品種は、ショートボーン、ウェールズブラック、ブリティッシュフリーシスと考えられています。
1921年にダービーシャー州のピーク地区でブルーアルビオン牛協会が結成されたとき、公式の品種になりました。
絶滅以来、品種を再構成する試みがなされている。
現在の品種は、もはや真の品種ではありませんが、イギリスのフリージアとショートホーンの牛が使用されました。

 

Blue Grey
(ブルー・グレー)


原産国:イギリス

 

ブルーグレーは、スコットランドとイングランドの北部で人気のある牛の品種です。
それは、伝統的には、ホワイト・ショートホーンの雄とブラック・ギャロウェイの雌を交配して生産されています。
荒れた放牧地に適しており、他の品種が食べない草を利用できます。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

ページの先頭へ