世界の牛 図鑑 Vol.27

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Hybridmaster
(ハイブリッドマスター)

原産国:アメリカ

 

Hybridmasterは牛の新しい品種です。
遺伝的構成は、アンガス牛の約50%、ブラウンスイス牛の25%、ブラフマン牛の6.25%、シンメンタール牛の6.25%、東南アジアの野生牛の6.25%、北米の野生のバイソンの6.25%である。
オクラホマ州で開発されたHybridmastersは、牛乳、繁殖力、寿命、成長の4つの特性で35年間選択されています。
この品種は牛乳だけでなく大量の牛肉も生産するように設計されました。

 

Highland
(ハイランド)

原産国:イギリス

体重

雄牛:平均 800㎏
雌牛:平均 500㎏

体高

雄牛:106~120㎝
雌牛: 90~106㎝

 

ハイランド牛(スコットランドのゲール語:BòGhàidhealach、スコットランドの:Heilan coo)はスコットランドの牛です。
丈夫な品種で、スコットランド高地の状況に耐えてきました。
牛乳は一般的に非常に高いバター脂肪含有量を持っています、そして他の種類の牛肉よりもコレステロールが低いので最高品質のものと見なされています。
彼らは珍しい二重の体毛をしています。
外側には油性の毛で覆われています。
年間降水量が多く、時には非常に強い風が吹くハイランド地方の気候に最適です。
ヨーロッパのすべての牛は比較的低温にうまく対処できますが、ハイランド牛は「北極圏に住むカリブーやトナカイと同じくらい耐寒性がある」と言われています。
ノルウェーやカナダなど、冬がスコットランドよりもはるかに寒い国でうまく飼育されています。
彼らが食料を探し求める能力は、他の多くの牛が避けている植物を放牧して食べるので急な山岳地帯で生き残ることを可能にします。
他のほとんどの種類の牛よりも寿命が長く、最大20年です。
20世紀初頭以来、世界の多くの地域、特にオーストラリアと北アメリカに輸出されてきました。
1988年にオーストラリアのハイランド牛協会が設立されました。
ハイランド牛の繁殖と飼育の促進するため、デンマークへの品種の導入、1987年にデンマークのハイランド牛協会が設立されました。
1997年にフィンランドのハイランド牛協会が設立され、2016年にフィンランドには13,000頭のハイランド牛がいたと述べています。
アメリカハイランド牛協会は1948年に設立され、現在8つの地域ハイランド牛協会があります。

 

Hinterwald
(ヒンターヴァルト)


原産国:ドイツ

体重:380〜480㎏
体高:115〜125㎝

 

Hinterwald(ドイツ語:Hinterwälder-Rind)は、Black Forestの地元の種類の牛です。
ドイツとスイスには品種協会があります。
頭はほとんど白く、残りの部分は薄黄色から濃い赤褐色に塗られています。
寒い冬、急な牧草地、質素な食事などの極端な条件に対処するために飼育されてきたため、アルプスの気候に順応しています。
彼らは牛肉と牛乳の生産の両方に使用され、その倹約、長寿および分娩のしやすさのために注目されています。
絶滅の恐れのある国内種の保護を専門とする非営利団体によって開始された繁殖プログラムの導入以来、スイスアルプスのヒンターヴァルト牛の数を大幅に増加させました。

 

Holando-Argentino
(ホランド-アルゼンチン)


原産国:アルゼンチン

体重:600〜650㎏
体高:140〜150㎝

 

主にアルゼンチンで発見された牛の品種で、Holstein-Friesian(ホルスタイン)牛に由来します。
それは1880年にオランダから最初にパンパスの肥沃な地域に導入され、牛肉と牛乳の両方の生産に使用されました。
EntreRíosの各地方、およびSalta、Tucuman、Formosa、Catamarca、Mendozaの小さな河川流域で見つけることができます。
それらは近隣諸国にも輸出されています。
それを管理するためのこの品種と技術資源の促進は、1944年に設立されたAsociaciónCriadores de Holando-Argentino(ACHA、Holando-Argentino Breeders Association)の目標です。

 

Horro
(ホロ)

原産国:エチオピア

 

ホロ、ウォレガまたはウォレガの牛はエチオピア原産の牛です。
ホロは通常茶色で、後ろにこぶがあります。
それらは牛乳、肉および農耕作業に使用することができます。
エチオピアでは、彼らは富と名声のしるしと見られています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.26

目安時間:約 9分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Hariana
(ハリアナ)


原産国:インド

 

ハリアナは北インド原産のゼブ牛(こぶ牛)で、特にハリヤナ州で飼育されています。
それはハリヤナ州のRohtak、Karnal、Jind、Hissar、およびGurgaon地区の出身です。
牛は中型から大型で、色は白から灰色の色合いです。
角は短く、顔が細くて長いです。
雌牛はかなり良いミルクの生産者で、雄牛は農耕作業の仕事で優れています。
ハリヤナとパンジャブ東部で発見されたハリアナ種は、ゼブの既知の75種のうちの1種です。

 

Harzer Rotvieh
(ハルツ ロトヴィー)

原産国:ドイツ

 

Harzer RotviehはドイツのHarzからの赤牛です。
牛乳、牛肉と農耕作業用の力を提供する目的を果たします。
その名前は「ハルツの赤い牛」を意味します。
この牛の品種は南部および中部ドイツの赤い牛の品種に由来し、おそらく単色の赤いGermanic-Celtic牛にまでさかのぼっていた。
それらのうち、地元の牛種はハルツ山脈の厳しい条件下で開発されました。
1950年代にこの牛の品種は、乳量を増やすためにデンマークのレッドブルと交雑しました。
その後、彼らはアンゲルン半島に渡りました。
1980年以来Harzer Rotviehは、アンゲルン半島の多様の品種のみとなっています。
Harzer Rotviehはほんのいくつかの農場で飼育されています。
Mountainfarmer Wolfgang「クラインチロル農場」、20頭の雌牛、1頭の雄牛
タンネのブロッケン麓の農家ティエレッケ
クロースとカタリーナ・コールシュ、雄牛21頭、雄牛5頭

 

Heck
(ヘック)


原産国:ドイツ

体重

雄牛:600~900㎏
雌牛:400~600㎏

体高

雄牛:約140 cm
雌牛:約130㎝

 

ヘック牛は放牧用、動物園用、農業用に飼育されている丈夫な家畜です。
この品種は、1920年代と1930年代に現代のオーロックス由来の牛から絶滅したオーロックスを繁殖させる試みの結果です。
しかし、オーロックスの間にはかなりの違いがあります。
この品種は、国内の家畜をその祖先の形に繁殖させるためにドイツで生まれました。
1920年代と1930年代の現代のオーロクス由来の牛から絶滅したオーロクスを繁殖させようとするヘック兄弟の試みの結果です。
ヘック兄弟は、それぞれ彼らが繁殖実験を始めた11年後に初めて彼らの成功を発表しました。
繁殖の試みでは、両方の兄弟が異なる種類の牛種を使用しました。
使用されている品種は次のとおりです。

・Hungarian Grey (ハンガリー・グレー)
・Highland (ハイランド)
・Corsican (コルシカ)
・Murnau-Werdenfels (ムルナウ・ヴェルデンフェルス)
・Angeln (アンジェルン)
・Black-pied lowland (ブラック・パイド・ローランド)
・White Park (ホワイト・パーク)
・Brown Swiss(ブラウン・スイス)

 

1932年、Heinz Heckが「Glachl」と名付けたオーロックスに似ていると信じた最初の雄牛が生まれました。
それは75%のコルシカと25%(Gray cattle × Lowland × Highland × Angeln)を交配していた。
彼らが似ているために飼育してたオーロックスよりも20〜30センチ短い。
どんな野生動物や他のほとんどの家畜よりも大量の異質性を示しています。
毛皮の色、角の形、角の大きさ、サイズ、大きさなどは様々です。
野生で寒い気温や栄養価の低い食べ物に対処することができます。
ヨーロッパには約2000頭のヘック牛が、他にはほとんどいません。
Flevoland(オランダ)のOostvaardersplassenでは、約600頭のヘック牛が自由に歩き回っています。
他にはベルリン近郊のFalkenthaler Rieselfelder、テューリンゲン州イェーナ近郊のNesseaue自然保護区、バイエルン州AuerbachのGrubenfelder Leonie自然保護区にいます。
2000年にフランスで約100頭が登録されました。
2009年には、9頭の牛と4頭の雄牛がベルギーから南西イングランドに輸出されました。

 

Hereford
(ヘレフォード)

原産国:イギリス

重量

雄牛:816㎏
雌牛:544㎏

体高

雄牛:152㎝
雌牛:140㎝

 

イギリスのウェストミッドランドにあるヘレフォードシャー郡で生まれたイギリスの肉牛です。
それは多くの国に輸出されました、そして世界中で50以上の国で500万頭以上の純血種のヘレフォード牛がいます。
ヘレフォード牛の輸出貿易は、1817年にイギリスから始まり、アメリカ合衆国のケンタッキー州で始まり、アメリカからカナダにかけてメキシコを経て南米の国に広がりました。
今日、ヘレフォード牛はオーストラリアからロシアの草原に至るまでの世界各地にいます。
これらは、イスラエル、日本、そしてヨーロッパ大陸とスカンジナビア、オーストラリア、カナダ、アメリカ、カザフスタンとロシアの温帯地域、アルゼンチンの中央と東、ウルグアイ、チリとニュージーランドで見られます。
彼らは登録牛で最大の割合を占めています。
それらはブラジル各地で見られ、南アフリカのいくつかの国々(主に南アフリカ、ザンビア、ジンバブエ)でも見られます。
彼らはほとんどすべての大陸ではるかに過酷な気候で繁栄することを証明しました。
ワールドヘレフォード評議会はイギリスを拠点としています。
現在、20のヘレフォード協会と10の非加盟国を含む17の加盟国があり、合計8の協会があります。
18世紀から19世紀初頭にかけて、他の牛(主にショートホーン)が、最初は色が変化し、黄色から灰色、淡褐色、そして白の量が変化する新しい種類の農耕作業用と肉牛を生み出しました。
しかし、18世紀の終わりまでに現代の品種に特徴的な白い顔はなく、現代の色は19世紀の間に確立されました。
アメリカへのヘレフォードの最初の輸出は、1840年代に始まった。

 

Hérens
(ヘレン)

原産国:ドイツ

体重

雄牛:650~700㎏
雌牛:500~600㎏

体高

雄牛:125~134㎝
雌牛:118~128㎝

 

Herens(ドイツ語でEringer)はスイスのヴァル=ドレン地方にちなんで名付けられた牛の品種です。
小さな角のある高山牛は、黒、茶色、または暗赤色の肌色をして斑模様は非常に珍しいものです。
組織的な牛の戦いで使用されています。
ヨーロッパで最小の牛の品種の一つです。
際立った特徴は、前頭部がくぼんで短くて広い頭部です。
非常に筋肉質で、雄雌ともに角を持っています。
主に牛肉のために飼育されていますが、雌牛は年間約3,200 kgの牛乳を生産しています。
高山の牧草地によく適応しています。
Herensの頭数は1960年代から減少しています。
2000年の頭数は約13,500頭でした。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

タグ:     

カテゴリ:牛肉 

世界の牛 図鑑 Vol.25

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Greek Shorthorn
(ギリシャ ショートホーン)


原産地:ギリシャ

体重

雄牛:約300㎏
雌牛:約200㎏

体高

雄牛:平均114㎝
雌牛:平均97㎝

 

ギリシャの北西部の山岳地帯で広範な牧畜条件下で飼育されている、かなり珍しい家畜種です。
牛乳や肉の生産とともに、この品種は、原産地での農耕作業用にも使用されます。
ギリシャ・ショートホーンは小型の動物で、イベリア型です。
肌色は一般的に灰色がかった茶色から濃い茶色までです。
小さな頭を持っており、雄雌の両方が通常角を持っています。
角は短くて細いです。
彼らは質の高い肉生産に非常に適しており、雌牛も牛乳生産に適しています。

 

Greymans
(グレイマン)

原産地:オーストラリア

 

1970年代にクイーンズランドで開発されたオーストラリアの肉牛で、特にMurray GreyとBrahmanの両方の品種の優れた遺伝的特徴を組み合わせることによって、クイーンズランドの環境に適合しています。
25%から75%のMurray Grey(マレーグレイ)で、残りはBrahman(ブラフマン)でできています。
これにより、地域や環境条件に最適なパフォーマンスを選択できるようになります。
このように、Greymans(グレイマン)は熱帯の国々でのBrahman(ブラフマン)含有量をより重視して、あるいは南部の州に適したより高いパーセンテージのMurray Grey(マレーグレイ)血で繁殖することができます。
Greymanは、ダークグレーからシルバーまで色が変化する滑らかな毛皮で、厳しい気候条件では肌や目の問題に影響されにくいダークスキンの色素沈着を示します。
Greyman牛は、天然のダニに対する抵抗力、優れた母親の能力、干ばつおよび熱に対する耐性、そして効率的な飼料転換を提供します。
あらゆる条件下で最高の性能と生産性を発揮するように適応された数少ないオーストラリアの品種の1つであるため、海外の牛生産者から関心を集めました。

 

Guernsey
(ガンジー)

原産地:イギリス(チャネル諸島)

体重

雄牛:600〜700kg
雌牛:450〜500kg

 

ガンジー種は、チャネル諸島のガンジー島原産の乳用種である。
毛色は淡褐白斑または赤褐白斑に赤白地に出入りが複雑な白色斑がある。
牛乳は、ビタミンAのためのプロビタミンであるβ-カロテンの含有量が高いため、黄金色の色合いがあります。
牛乳はまた、5%の高いバター脂肪含量および3.7%の高タンパク質含量を有する。
雌牛は年間約6000ℓの牛乳を生産します。
日本には明治の末から輸入されました。

 

Hallikar
(ハリカー)


原産国:インド

 

インドのカルナータカ州に生まれた牛の品種です。
南カルナータカ州のマイソール、マンディア、ハッサン、トゥムクール地方では一般的です。
長くて垂直で後方に曲がった角、雄牛の大きなこぶ、中程度から高い身長、そして中程度の体の大きさ、そして白から灰色、そして時には黒の顔色がこの品種の特徴です。
雄牛は、その強度と耐久性のために知られており、主に農耕作業用のために使用されています。
インド政府郵便局は、2000年にその名前の切手を発行することによって品種を記念しました。

 

Hanwoo
(ハンウ)


原産国:韓国

別名

Hanu
Korean Brown
Korean Native

体重

雄牛:466㎏
雌牛:355㎏

体高

雄牛:124㎝
雌牛:117㎝

 

Hanwoo(Korean:한우)、HanuまたはKorean Nativeは、韓国原産の小型牛です。
以前は農耕作業用として使用されていましたが、現在はほとんどなくなりました。
現在は主に肉用に育てられています。
それは4つの韓国在来の品種のうちの1つです、他はChikso、HeuguとJeju Blackです。
1960年代に韓国経済が拡大するまで、牛肉の生産にはほとんど使われていませんでした。
群れの登録は1968年に開始されました。
Hanwooの肉はそれ以来プレミアム製品になりました。
2003年には、総頭数は約124万頭と報告されました。
2014年には、267万頭と報告されました。
肌色は茶色で、雄雌ともに角があります。
雌牛の母体的品質は良好ですが、乳量は少なく、泌乳日数170日で400リットル強です。
Hanwooのまれな白い変種は2009年以来繁殖しています。
2014年には14頭がいました。
韓国人は韓牛を文化の象徴であり、世界でも有数の最高品質の牛肉の1つであると考えているので、伝統的な食べ物や人気の休日の料理、または特別な日の贈り物として使われています。
Hoengseong郡は環境が牛の養殖によく適しているHanwoo牛で最もよく知られています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.24

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

German Black Pied
(ジャーマン ブラック パイド)


原産国:ドイツ

 

German Black Piedは、北ドイツとオランダの北海沿岸地域で生まれた乳牛です。
18世紀まで様々な色の牛がこれらの地域で繁殖していました。
1750年以降、黒彩色が主流でした。
しかし、まだ単色の赤の放牧牛もいました。
東フリジア(ドイツ)で1878年に、最初の繁殖会社が設立されました。
東フリジアと東プロイセン(今日のロシア、リトアニア、そしてポーランド)は品種の中で最も重要な繁殖地域でした。
後でそれは北部および中央ドイツの全体に及んだ。
西ドイツで1958年以来、品種はホルスタインと交配されました。
1960年代以降、これらの交配動物が優勢になり、ドイツの白黒牛種が生まれました。
元の繁殖タイプは遺伝的保護区として東ドイツで保存されていました。
German Black Piedsはホルスタインより小さく、搾乳量は少ないですが、より肥沃で長寿命です。

 

German Red Pied
(ジャーマン レッド パイド)

原産国:ドイツ

 

ジャーマン・レッド・パイド(ドイツ語:Deutsche Rotbunte、Rotbuntes Niederungsvieh、またはRotbuntes Niederungsrind)は、ドイツの牛の品種です。
品種の開発は19世紀の間にドイツのいくつかの地域で起こりました、これらのレッド・パイド・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン牛はその後オランダのミューズ - ライン - イッセル(MRY)雄牛と多数交配されました。
それから、1934年に、彼らはドイツのRed Pied Lowlandに合併され、この名前はGerman Red Piedに短縮されました。
1980年代から、Red Holstein(アメリカ)の継続的な発展により、ドイツのブリーダーはGerman Red Pied個体群を2つの異なる方向、すなわち乳製品用と肉兼用にするようになりました。
このため、彼らは現在、乳製品に焦点を絞ったドイツのRed Pied Holsteinと二重の目的のRed Piedとして掲げられ、記録されています。

 

Gyr
(ギュー)


原産国:インド

 

由来は、グジャラート州のGir森林地域とその周辺のSaurashtra地域です。
Gyrは南アジアで生まれた主要なZebu(こぶ牛)の品種の一つです。
中型から大型の品種です。
平均乳量は泌乳あたり1590 kgであり、インドでは4.5%の脂肪で3182 kgの記録的な生産があります。
ブラジルでは、1泌乳あたり平均3500 kgです。
体色は赤から斑点を付けられた白に輝いています。

肌は柔らかく、薄く、そして光沢があります。
最も珍しい特徴は彼らの凸状の額です。
色は真っ赤からスペックルまで、黄色がかった赤から白まで、大きな赤い斑点があります。
こぶはZebuの品種の中で最大のものであると考えられています。

 

Glan
(グラン)


原産国:ドイツ

体重

雄牛:1000~1200㎏
雌牛:600~750㎏

体高

雄牛:140~145㎝
雌牛:135~140㎝

 

グランは、ドイツのラインランドプファルツ州で特に見られる伝統的な牛です。
かつては絶滅したと思われましたが、今日では約2,000頭います。
もともとは多目的で、今日では主に牛肉生産に使われています。
1920年代に彼らはGelbviehと交配し始めました。
1950年以来、彼らはDanish Redと交配し、それが牛乳の性能または牛肉の性能の低下を引き起こしました。
これが純血種のグラン牛の終わりの始まりでした。
1967年に純粋な品種は放棄され、1972年にRhenish Glan Cattle Breeders協会は閉鎖されました。
1984年または1985年に、保存と促進のための協会が設立されました。
古いタイプのグラン牛を探して、彼らは25頭の牛を発見しました、そのうちの4頭は純血種でした。
生きている純血種の雄牛は見つかりませんでしたが、彼らは純血種の雄牛の冷凍精子を見つけました。
品種の保全のために彼らはまたGelbviehのような関連品種の雄牛を使用しました。
今日では多くの人がグランを飼育しており、その主な焦点は牛肉の生産です。
注目すべき飼育地はラインランドプファルツ州、ザールランド州とノルトライン=ヴェストファーレン州です。

 

Gloucester
(グロスター)

原産国:イギリス

 

グロスターシャー州とイングランド西部地方の周辺地域から生まれた乳肉兼用の品種です。
大型の牛で、雌牛、子牛、去勢牛では濃い褐色に、雄牛ではほぼ黒くなります。
背中に沿ってそして尾を越えて続く白い腹と白い縞模様を持っています、そして彼らは通常黒い先端を持つよく発達した白い角を持っています。
13世紀には、コッツウォルズの丘陵地とイギリスのセバーン渓谷で同じような種類の牛が多数いました。
牛乳(グロスターチーズに使われる)、強くてしなやかな牛肉を提供することで高く評価されました。
1972年までに1つの群れだけが残りました、そして、その品種は絶滅の危機に瀕していました。
グロスター牛協会は1973年に復活し、その品種は未だに絶滅の危機に瀕しているが、登録された繁殖雌は750頭に満たないため、「希少種生存サバイバルトラスト」によって「危険にさらされている」と評価された。
グロスターのミルクは、タンパク質が多く、バター脂肪が多いチーズ作りに非常に適しています。
シングルグロスターチーズとビショップチーズは、グロスター牛乳のみで作られています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.23

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Garvonesa
(ガルボネサ)

原産国:ポルトガル

 

Garvonesaは、ポルトガルの中心部にあるアレンテージョ地方の在来種です。
Alentejanaの品種に非常に近いと言われていました。
それが別品種として認識される前は、それらはAlentejanaの変種と見なされていました。
その名前はOuriqueの自治体のGarvãoの教区から来ています。
1994年に、南西アレンテージョとコスタヴィチェンティーナ自然公園(NAVSNP)と保護協会の代表団(ICN)が繁殖計画を立てたとき、純血種は非常にまれでした。
2004年は145頭で2013年に1000頭に達し、保存プログラムが設定されました。
色は暗褐色の頭と脚を持つ象牙色で、ほぼ黒です、上部の背中は少し明るくなっています。
過酷な気象条件にもかかわらず、仕事ができることで長い間評判が高かったです。
田園地帯の機械化によって、牛肉の品種に変換されています。

 

Gascon
(ガスコンヌ)

原産国:フランス

体重

雄牛:800~950㎏
雌牛:550~700㎏

体高

雄牛:平均 145㎝
雌牛:平均 135㎝

 

この種には2つの異なる種類があります。
muqueuses noires(ムケウスノワール)とaréolé(アレオレ)。
これらは1955年に一つ品種にまとめられました、しかし1999年に彼らは再び二つの異なる品種となりました。
Gasconには、他のどの種類の牛とも異なる点が多くあります。
毛皮の硬さはその1つです。
毛皮の硬さは、他の牛よりも寒い天候に耐えることを可能にします。
分娩がしやすい。
他の牛とは異なり、ずっと短期間で陣痛を起こします。
もう一つの特徴は、子牛が他の種類の牛よりも成長が早いと言うことです。
灰色の毛皮をしています。
雄牛は灰色ですが、下に黒い陰影があります。
もともとフランスのピレネー山脈で繁殖していましたが、そこでは厳しい気候と限られた資源がこの品種に見られる適応をもたらしました。
冬は低地で、夏はピレネー山脈で過ごすため、彼らは気候の大きな変化に慣れています。

 

Gelbvieh
(ゲルビエ)

原産国:ドイツ

 

Gelbvieh(「catlbfiː」と発音、ドイツ語で「黄色い牛」を意味する)は、18世紀半ばにドイツのバイエルン州のいくつかのフランコニア地方で生まれた牛の品種です。
Gelbviehはもともと「赤黄色のフランコニア牛」として知られており、いくつかの地元の品種から開発されました。
もともと3つの目的の牛(牛乳、牛肉、および農耕に使用される)として繁殖されました、しかし現代は主に牛肉生産に使用されます。
高い成長率と飼料効率で知られており、もともと成長が早い、成熟が早い、ロースの長さ、そして長寿のために選択されました。
多くの異なる放牧地や気候条件に適応することができます。
純血種のGelbviehはある種の品種改良のために外部の遺伝学を用いて繁殖してきましたが、雄雌ともに88%Gelbviehのままでなければなりません。
スペイン、ポルトガル、イギリス、カナダ、アメリカ、オーストラリア、南アフリカを含む世界中のいくつかの国々に輸出を通じて導入されてきました。
現在カナダでは6番目に大きな牛肉の品種で、年間登録数は3500頭です。
最初のアメリカのGelbvieh牛は、1971年にドイツから輸出されました。
Gelbvieh協会は同じ年に結成されました。
現在米国には45,000頭の登録されたGelbvieh牛がいます。

 

Georgian Mountain
(ジョージア マウンテン)


原産国:ジョージア

重量:180~230㎏(雄牛最大300㎏)
体高:98~102㎝

 

ジョージア・マウンテン(Georgian Mountain)は、ジョージア共和国の在来種です。
黒、白黒、または赤と白の色をしています。
コーカサス山脈の厳しい山の状態に適応した、非常に小さな品種です。
この品種は、その高い敏捷性と堅牢な造りによって特徴付けられます。
これらの特徴、それ自身を方向付ける能力および堅い蹄のおかげで、それは山の牧草地の典型的な急勾配によく適応しています。
成体牛の平均乳生産量は、食料不足の状態では800〜900 kgであり、豊富になると1300〜1500 kg(または最大2500 kg)に達することがあります。
高脂肪(4%)およびタンパク質(3,4%)含有量の牛乳を生産することに加えて、この品種は優れた牛肉も持っています。
1980年には、ジョージア州の山岳牛の約8万頭が登録され、国内で飼育されている牛の17%を占めました。
現在では、この割合は10〜15%に減少しています。

 

German Angus
(ジャーマン アンガス)

原産国:ドイツ

体重

雄牛:950〜1,200 kg
雌牛:600〜700 kg

体高

雄牛:135〜150 cm
雌牛:125〜140 cm

 

ジャーマン・アンガス種は、1950年代にドイツのブラックパード種の牛、Gelbvieh、Fleckviehのようなドイツ原産の異なる種類の牛とアバディーン・アンガスを交配することによって作成された最初の肉牛です。
新しい品種は元の品種より大きくて重く、そしてより高い体重増加を示します。
この品種は、牛の授乳や植生管理に使用されます。
色は単色の黒か赤です。
簡単な分娩と良い性質によって知られています。
ドイツでは、その品種は1990年以来統合されており、2002年以来Aberdeen Angusと共に1冊のスタッドブックに記録されています。
アンガス牛は、さらなる改良のために、依然として主に米国から輸入されています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.22

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

French Simmental
(フレンチ シメンタール)

原産国:フランス

体重

雄牛:平均 1100㎏
雌牛:平均 700㎏

体高

雄牛:平均 150㎝
雌牛:平均 140㎝

 

この品種はスイスのSimmental牛に由来する。
それらは20世紀の初めにフランスに輸入されました。
Eastern red piedと名付けられました。(フランス語では、Pie Rouge de l'est)
フレンチシメンタールはフレックヴィア牛とスイスシメンタールと交配しています。
現在約35,000頭の牛がいます。
色は赤のまらだで白い顔と足です。
赤は澄んだ赤色です。
牛肉と牛乳の生産の両方で使用されますが、主に乳製品のために使用されます。
年間約6,400 kgの牛乳を生産します。(4%の脂肪と3.3%のタンパク質)
牛乳はcomteとlaguioleなどのAOCチーズに使用されます。
この品種は、シャロレーやリムーザンなどの肉牛との交配にも使用されています。

 

Galician Blond
(ガリシアン ブロンド)

原産国:スペイン

別名:Rubia Gallega

重量

雄牛:1000 kg
雌牛:700 kg

体高 

雄牛:145 cm
雌牛:135 cm

 

Rubia Gallegaは北西スペインのガリシア自治区の在来の品種です。
主に肉用に育てられています。
それはガリシア全土に分布し、全頭数の約75%がルーゴ県に集中している。
肌色は、赤、小麦色、またはシナモン色です。
20世紀には、ポルトガルのBarrosã、Swiss BraunviehとSimmental、そして英国のShorthornとの交配が行われました。
2015年末現在、登録されているRubia Gallegaの総頭数は39,971頭で、そのほとんどがガリシアにいました。
牛乳は、1993年からDenominaciónde Origenの認証を受け、1996年からEuropean DOPの認証を受けているTetillaチーズの製造に使用されています。

 

Galloway
(ギャロウェイ)

原産国:スコットランド(イギリス)

体重

雄牛:770~1043㎏
雌牛:453~680㎏

 

ギャロウェイは、スコットランドのギャロウェイ地方に因んで名付けられた、世界で最も長い間確立されている肉牛の品種の1つです。
それは現在、カナダ、アメリカ合衆国、オーストラリアなど、世界の多くの地域で見られます。
1950年代に成功を収めたが、これは口蹄疫の危機の間に減少しました。
今日、牛肉市場の要求により、この品種は復活しつつあります。
もともとこの品種の中には、さまざまな色や模様など、さまざまなバリエーションがありました。
元のギャロウェーの群れ本は黒牛しか登録していませんでしたが、赤色の劣性遺伝子は集団に残っていました。
その結果、黒はギャロウェイにとってまだ最も一般的な色ですが、それらはまた赤と数段の鈍い色になることができます。
1877年にギャロウェイ牛協会が設立されました。
ギャロウェイはカナダで1853年に導入され、1882年にアメリカ合衆国で導入されました。
1908年に英国ギャロウェイ協会が結成されました。
1951年、ギャロウェイがオーストラリアに紹介されました。
1950年代に牛肉市場は高品質の肉を持つ低投入量(飼料)牛を要求したため、この品種は多くの成功を収めました。
しかし、ギャロウェイ牛でBSEが発見されたケースはありませんでしたが、BSE危機(一般的に狂牛病)は1990年に輸出禁止を引き起こし頭数は減少した。
現在では需要が回復しています。

 

Gangatiri
(ガンガティリ)

原産国:インド

 

ガンガティリはインドの在来品種です。
それは、ウッタル・プラデシュ州東部のガンガ川のほとりにある地域と、ビハール州の西部地域に由来することが知られています。
この品種は中型の牛乳生産種であり、また優れた農耕作業性を有する。
色は完全な白(Dhawar)または灰色(Sokan)です。
角は中程度の大きさで、目の裏側と目の外側では上向きに湾曲し、内向きには尖った先端で終わっている。
額は中央に浅い溝があり、目立つ、まっすぐで広い。
まぶた、蹄および尾の先端は、一般に黒色である。
泌乳における平均乳量は約1050kgであり、平均脂肪は4.9%であり、4.1%から5.2%まで変動する。

 

Gaolao
(ガオラオ)


原産国:インド

 

ガオラオはインド原産の牛です。
農耕作業と乳牛の両方として使用される二重目的の品種です。
マハラシュトラ州のWardha地区、マディヤプラデーシュ州のBalaghat地区、Chindwara地区、およびChhattisgarh州のRajnandgaon地区で飼育されていました。
中程度の大きさの牛です。
色は灰色の顔で体は通常白です。
雄雌両方が通常角を持っています。
授乳あたり約604㎏の牛乳を生産することが可能です。
ミルクは、バター脂肪含有量の約4.32%を含む良質のものです。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.21

目安時間:約 8分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Finnish Ayrshire
(フィンランド エアシャー)


原産国:フィンランド

体重:平均540 kg

 

フィンランド・エアシャーは、フィンランドで最も一般的な牛です(74%)。
1847年~1923年までのスコットランドとスウェーデンからのおよそ1600頭のAyrshire牛の輸入から生じました。
スウェーデン・レッド(SRB)と地元のノルウェー牛と交配して、ノルウェーで最も優勢なノルウェー・レッドを飼育しています。
2008年には、わずか1頭のフィンランド・エアシャーがすべてのノルウェー・レッズの父として使われました。
ほとんどの場合、落ち着いた性質を持ち角のあり肌色は赤褐色です。
年間乳生産量は、最大7400 kgで、脂肪は4.36%、タンパク質は3.36%です。

 

Finncattle
(フィンランド種)


原産国:フィンランド

 

フィンランド種とはフィンランドに由来する3種類の密接に関連した牛種を指します。
ほとんどの場合、乳製品の生産のために飼育されており、一部の牛は動物園やペットとして使用されています。
フィンランド種はサイズが小さく、自然に放牧されていますが、外観と生産レベルが異なります。
東フィンランド種は赤と白の両方で、北フィンランド種は白く、西フィンランド種は赤い色で、3つの品種の中で最大です。
外国の近代的な酪農牛の品種は、第二次世界大戦後にフィンランドに輸入された。
フィンランド種の総数は急速に減少した。
1960年には約6万頭が飼育されていました。
現在は牛乳と肉の両方の生産のために飼育されています。
しかし、ほとんどの場合、乳生産のための乳牛の繁殖用として使用されています。
フィンランド種は非常に強くて丈夫な動物です。
他の牛の品種よりもフィンランドの気候によく適応しています。
また、森林の牧草地を正常に維持することができます。
長生きの動物である傾向があり、牛には繁殖力があります。
牛乳生産に非常に適しており、牛乳は非常に良質です。
ミルク中のタンパク質と脂肪の含量は、フィンランドの他の乳牛の品種よりもはるかに高い。
牛乳生産レベルは、他のフィンランドの牛の品種よりもかなり低いですが。
この品種は肉生産にも非常に適しています。

 

Fjäll
(フジャル)


原産国:スウェーデン


別名

スウェーデン語:Fjällko
スウェーデン語:SvenskFjällras
Swedish Mountain

 

重量

雄牛:650~800 kg
雌牛:450 kg

体高

雄牛:135~140 cm
雌牛:125 cm

 

Fjäll(スウェーデン語: 'Fjällko'またはSvenskFjällras)は、スウェーデンの伝統的な山岳牛です。
それは1970年代と1980年代に絶滅の危機に瀕していましたが、1995年に回復しました。
19世紀の品種として設立されました。
群れの登録は1907年に始まった。
1996年には、およそ400頭の牛がいると推定されていました。
伝統的なFjällは、2つのサブ品種、Swedish Mountain BreedとMountain Close Cattleに分けられています。
肌色はさまざまです。
それはほぼ白かもしれません。
白は赤または黒で斑点を付けます。
色付きの赤または黒のフィンチ。
あるいは、時折、赤、黒、またはまれに灰色になります。
貧しい牧草の山の環境や飼料に適応されています。
主に乳製品に使用している。
平均乳量は授乳あたり約5500 kgです。
牛乳は、約4.5%の高バター脂肪含有量と、約3.6%のタンパク質含有量を持っています。
それはチーズを製造するのに適している。

 

Fleckvieh
(フレックフレー)

原産国:オーストリア

重量

雄牛:1100~1300 kg
雌牛:700~800 kg

体高

雄牛:150~165 cm
雌牛:140~150 cm

 

Fleckviehは、1830年頃からスイスから輸入されたSimmental牛と地元の家畜の交配から、オーストリア帝国とバイエルン王国で生まれました。
Simmentalは優れた乳生産性と農耕作業用能力を持っていました、そして結果としての交配は牛乳、肉と農耕作業用能力を持った三重目的の牛でした。
現在は二重目的の品種です。
牛肉や牛乳の生産のために使われ、あるいは乳製品または牛肉の品種と交配されるかもしれません。
オーストリア、ベルギー、ドイツ、オランダ、そしてスペインを含むヨーロッパのいくつかの国から、そしてまた2009年以来、スイスから報告されています。
ハンガリーでは、Fleckviehは多くの小規模農場に存在し、その重要性は着実に高まっています。

 

Florida Cracker
(フロリダ クラッカー)

原産国:アメリカ

 

フロリダ・クラッカーはフロリダ州で開発された牛の品種で、飼育されていたフロリダクラッカー文化にちなんで名付けられました。
フロリダ・クラッカーまたは単にクラッカー牛としても知られているこれらの牛は、もともとスペインによって米国南部にもたらされたクリオロタイプの種の1つです。
その品種はPineywoods牛の品種と非常に密接に関連しています、しかし純血種のクラッカーはPineywoodsが過去に持っていたようにどんな英国の品種とも交雑していません。
その他の関連品種にはコリエンテとテキサス・ロングホーンがあります。
フロリダ・クラッカーは、米国で最も古くて最も希少な種類の牛の1つです。
16世紀に大陸に輸入されたスペインの牛から派生して、フロリダ・クラッカーはすぐにフロリダの環境に適応して、長い間寄生虫や他の丈夫な形質に対する彼らの抵抗のために高く評価されてきました。
一般的に900ポンド(400キロ)以下の重さで、多くの色があります、そして、雄雌の両方に角があります。
それらは、グレー/ブルーの水玉、茶色のブラウン、ベタの白、黒の斑点のある白、茶色の斑点のある白、すべて黒、または場合によっては純粋な金色のパロミノがあります。
1949年以降、自由放牧家畜に関する新しい法律の組み合わせと、より大型の牛肉種の導入により、フロリダ・クラッカーは急速に衰退しました。
フロリダ州政府と品種協会の継続的な作業にもかかわらず、品種はまだアメリカの家畜品種保護協会によって「重要」としてリストされております。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.20

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Dwarf Lulu
(ドワーフ・ルル)

原産地域:中央アジア

 

Mustang地区の在来種であるDwarf luluは、Mustang地区の高地で放牧されています。
それは、タウリン、ヤク、ゼブウの牛の遺伝子を持っています。
Dwarf luluは絶滅の危機に瀕しています。
雌牛の体重は68〜153kgであり、恐らく最も小さな雌牛となります。

 

Eastern Finncattle
(イースタン フィンカトル)


原産国:フィンランド

体重

雄牛:約600㎏
雌牛:約440㎏

体高

雄牛:135㎝
雌牛:118㎝

 

フィンランド東部の牛の品種です。
乳製品と牛肉の生産に使用される二重目的の品種です。
牛は授乳あたり約4100kgの乳を生産し、脂肪は約4.4%、タンパク質は3.5%である。
1890年代に別種として認識されました。

国の東部は、特にカレリアとサボは、西部と南部の地域に比べ、輸入牛の影響を受けませんでした。
1898年にKuopio(Savo)で行われた会議で品種協会を確立しました。
1927年には、登録された4620頭の雄牛と14650頭の雌牛が確認された。
生産的ではない在来の牛は時代遅れであり放棄された。
1980年代には、わずか50頭の雌牛と10頭未満の雄牛が残っていた。
フィンランドは、EUに加盟して以来、地元の品種を飼育する農家を積極的に支援してきました。
1997年、純粋な牛の数は、東フィンランドと北フィンランドでは100頭を超えました。
現時点では、純粋な(4世代まで)牛の数は約450頭です
その数は徐々に増えています。
この品種は現在人気を得ています。

 

Ennstal Mountain Pied
(エンスタル マウンテン パイド)

原産国:オーストリア

Ennstal Mountain Piedは、絶滅の危機に瀕しているオーストリアの家畜種です。
名前はEnnstal、Enns川の谷から来ています。
農耕作業用や牛肉としてかつて人気がありましたが、18世紀にはMurboden Cattle、Pinzgau Cattle、またはCarinthian Blondviehに置き換えられました。
太っていないが、肉は霜降りになっている。
最後の2頭の牛は1986年に絶滅したと考えられていたが、生き残った牛がいくつか見つかった。
絶滅の恐れのある家畜の品種保存のための連合(VEGH)と遺伝子保存のためのオーストリアの全国連合によって組織されています。
2004年にはオーストリアでも6農場に65頭が確認された。

 

Estonian Red
(エストニア レッド)

原産国:エストニア


体重

雄牛:800〜900 kg 最大1000 kg
雌牛:450〜550 kg 最大780 kg

 

エストニア・レッドは、在来のエストニアの牛とアングラーおよびデンマークの赤牛との交配から進化しました。
この交雑の開発は1800年代半ばに始まり、脂肪含有量が高く、収量が増加した牛乳を生産する品種を生み出すことを目的としていました。
1885年に最初のエストニア・レッドが登録されました。
第一次・第二次世界大戦の間に多くの牛が死んだが、エストニア・レッドは19世紀の終わりごろにエストニア中に広がり始めました。
過去10年間で、この品種を改良するために7種類の品種が使用されてきました。
これらは、Angler、Danish Red、Swiss、Red Holstein、Norwegian Red、Ayrshire、およびSwedish Red and Whiteです。
エストニア・レッドは今やエストニアの全牛の63.3%を占めています。
1頭あたりの平均乳量3784 kg、脂肪含有量3.98%、タンパク質含有量3.30%。
改良は、純粋な繁殖とデンマークレッドとアングラーとの交配によって行われています。

 

Évolène
(エヴォレーヌ)


原産国:スイス

体重

雄牛:600~700㎏
雌牛:平均750㎏

体高

雄牛:約130cm
雌牛:115~125 cm

 

エヴォレーヌはスイスのヴァレー州の乳牛の品種です。
それは絶滅危惧種の牛です。
中型の品種で黒色または赤色です、牛乳の生産よりも牛肉の生産に多く使用されています。
乳生産量は年間約3,200 kgで、脂肪含有量は約3.8%です。
品種は山岳地帯の牧草地に適応しています。
白い部分は主に背中と腹部にあります。
短くて強い足と短くて広い頭を持っています。
角は非常に丈夫で、非常に長いです。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.19

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Dhanni
(ダニー)

原産国:パキスタン

体重

雄牛:平均 400㎏
雌牛:平均 300㎏

 

Dhanniは、Attack、Chakwal、Fatehjang、tehsil Kot Fateh Khanを中心にパキスタンのパンジャブ州を起源とする牛の品種です。
乳製品、肉、作業用(農耕を含む)の三重目的の品種です。
Dhanniは中型の品種で、大きなこぶと小さい顔に特徴があります。
白い毛で終わる長い尾があります。
雄牛は大きな敏捷性を持つことが知られています。
主に作業用の品種で、地元で人気の高い牛カートレースで頻繁に見られる。
レース用の雄牛は非常に貴重になり、時には通常の牛の5倍の価格で販売されることがあります。
Dhanniは色のパターンに応じて異なる名前を持っています。
白い肌色で黒の斑点(Chitta Burga)
黒い肌色で白の斑点(Kala Burga)
白と茶色の斑点(Nuqra)
赤い肌色で白の斑点(Ratta Burga)

 

Doayo
(ドーヤ)

原産国:カメルーン

Doayo牛は、カメルーン北部の丘陵地帯にいる牛で、Namji、Namchi、Namshi、Poli、Donayo、M'Bougiとしても知られています。
Savannah Shorthorns(サバンナショートホーン)として分類され、Doayoの人々によって維持されています。
小柄でわずか97〜110cmの小型の牛で、主に均一な黒色、白黒または黒色の斑点された肌色をしているが、褐色または斑点のある茶色の肌色も生じる。
Daoyoの人は死者の重要性に応じて葬儀で屠畜され、皮は身体を包むために使われます。

 

Dølafe
(ドラフェ)


原産国:ノルウェー

体重:約450~500㎏

 

Dølafeは珍しい牛の品種です。
品種はノルウェーのGudbrand Valley、ØsterdalenとHedmarkenに由来します。
これらの地域は、豊かな山の牧草地へのアクセスが容易で家畜に適した条件を提供しました。
Dølafeのほとんどの牛は、今日、Gudbrand ValleyのFåvangで飼育されていました。
かつては絶滅の危機に瀕していたと考えられていた1990年代からその品種の頭数は増加し、現在ではかなり増加しています。
Dølafeは、短い脚を持つ小さな牛の品種です。
通常、角があります。
ほぼ均一に濃い茶色から白、茶色、黒色の多色の品種です。

 

Droughtmaster
(ドラグマスター)


原産国:オーストラリア

Droughtmasterは、1900年代初頭にBrahmanと英国の牛、主にBeef Shorthornの数頭の牛によって、クイーンズランド州北部で開発された熱帯性の肉牛です。
この品種は、オーストラリアの熱帯雨林での優れたダニの抵抗性が良好で、最も効率的な方法で環境と牧草地を使用して体重増加と肥沃度を高めることができる必要性に対応して考案されました。
短い体毛は、一般的に赤色であるが、黄金色の蜂蜜色から濃い赤色までのバリエーションが生じる可能性がある。
赤い色素沈着は、日焼けの痛みから牛を保護するのに役立ちます。
クイーンズランド州とノーザンテリトリーの両方で、大規模なDroughtmaster群れが牧草地で飼育されており、オーストラリア南部の伝統的な「英国産」地域で急速に増加しいています。
1970年代以来、Droughtmasterは、アジア、アフリカ、中南米、南米、中東、太平洋諸島に輸出されています。

 

Dutch Belted
(ダッチ ベルテッド)

原産国:オランダ

体重

雄牛:910㎏
雌牛:410~680㎏

 

Dutch Beltedは主に酪農品種です。
基本色が黒(最も一般的)か暗い赤で、品種の最も顕著な特徴は、肩と腰の間に置かれた、その中央の周りの白の広い「帯」です。
酪農品種として、Dutch Beltedは、平均的な品種よりも飼料の効率が高く、集中的な管理方法は必要ありません。
年間9,100kgの牛乳を生産することができます。
脂肪含量は3.5~5.5%の範囲である。
この品種は米国でよく確立され、1940年頃まで人気があったが、1900年代にはDutch Beltedの数が世界的に絶滅寸前にまで減少した。
アメリカは、保全の優先順位リスト上の「重要」として、Dutch Beltedを示しています。
米国の頭数は300頭未満で、世界中で1,000頭未満であると推定されています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.18

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Danish Jersey
(デーニッシュ ジャージー)

原産国:デンマーク

体重

雄牛:約500〜600kg
雌牛:約350〜425kg

体高  :115~120㎝

 

Danish Jerseysは、他の酪農品種(身長115〜120cm)よりも小柄です。
肌色は淡黄褐色です。
明るい色から濃い茶色、ほぼ黒色まで変化します。
暗い茶色は、四肢(鼻、足、耳、尾)に見られます。
雌牛は通常、雄牛よりも暗い色の肌色をしています。
デンマークの主に西Fünenで飼育されています。
1800年代後半にスウェーデンの牛から、1900年代初期にはジャージーから開発された。
年間平均搾乳量は7,600 kgで、脂肪の割合は5.75%です。
アルバニア、ロシア、フランス、イングランド、オランダ、ベルギー、ギリシャの国々に輸出されています。

 

Danish Red
(デーニッシュ レッド)

原産国:デンマーク

Danish Redは、Red Danish(レッド・デーニッシュ)またはRed Dane(レッド・デーン)としても知られており、北ヨーロッパの主要な乳牛です。
デンマークには計42,599頭飼育されている。
牛乳の生産が終了したら牛肉として使用される。
この品種は、Angelnと地元の品種を交配して開発されました。
Danish Redは、多くの他の国に輸出されており、Lithuanian Red(リトアニア・レッド)、Estonian Red(エストニア・レッド)、Latvian Red(ラトビア・レッド)、Polish Red(ポーランド・レッド)、Belarus Red(ベラルーシ・レッド)、Russian Red(ロシア・レッド)、Bulgarian Red(ブルガリア・レッド)などの多くの地元の品種を改善している。
良好な乳牛であり、ホルスタインよりも高いバター脂肪およびタンパク質含量を有する牛乳を生産する。

 

Deoni
(デオーニ)

原産国:インド

体高

雄牛:平均 130㎝
雌牛:平均 120㎝

 

Deoniは、インドの在来品種です。
良い牛乳生産者と農耕作業用の両方であることが知られていて、インドでは重要な二重目的品種とみなされています。
ホルスタインとジャージーとの交配種は非常に良い牛乳生産者です。
丈夫で、環境によく適応し、インドの重要な牛の資源を構成します。
デオーニの品種は、時にはDongari(ドナリ)/Dongarpati(ドンパラティ)として知られており、過去200年間進化してきました。
この品種は良好な搾乳者であり、300日間の授乳期間で約1135kgを生産する。
平均脂肪含量は4.3%であった。
雄牛は、重い作業に適しています。
雄牛は、5〜6歳で最大の力を示し、10〜12歳まで維持します。
3歳から農耕作業に使用されます。

 

Devon
(デボン)

原産国:イギリス

体重

雄牛:770~1000㎏
雌牛:460~590㎏

 

デボンは、イギリスの南西部デボン州の古代牛の品種である。
この品種は、最近開発された黄褐色のサウスデボン牛の品種との混乱を避けるため、ノースデボンと呼ばれることもあります。
主な飼育地はイングランド南西部、主にデボン州、サマセット州、コーンウォール州、ドーセット州です。
ヘレフォード、サセックス、リンカーンレッド、レッドポールと一緒に、イングランド南部の伝統的な赤い牛に由来するいくつかの現代品種の1つです。
色は豊かな赤色または黄色です。
草や他の飼料を効率的に利用する彼らの能力は、南ブラジル、オーストラリア、ニュージーランドなどの地域で人気が高まっています。

 

Dexter
(デキスター)

原産国:アイルランド

デキスター牛は、アイルランドに由来する牛の品種です。
ヨーロッパの牛の中で最も小さく、伝統的なヘレフォードの約半分、牛の牛の約1/3の大きさです。
最近まで希少品種でしたが、現在は回復していると考えられています。
1882年にイギリスに持ち込まれたアイルランド南西部の品種に由来しています。
この品種はアイルランドでは事実上姿を消しましたが、イングランドや米国でも、小さな牧草地で純粋な品種として維持されていました。
色は、黒、赤、ダン(茶色)の3色があります。
多くのデクスターは自然に無角ですが、多くは角がかなり小さく、厚く、雄牛は前方カーブで雌牛は上方カーブで成長します。
牛肉や乳生産に適している二重目的の品種に分類されます。
豊富なミルクを生産し、バター脂肪(4%)が比較的高く、全体として牛乳の品質はジャージーに似ています。
1日当たり7.6〜9.5ℓを生産します。
分娩が容易であることが知られています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

タグ:     

カテゴリ:牛肉 

ページの先頭へ