世界の牛 図鑑 Vol.9

目安時間:約 8分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛について調べてみました。

Bazadais
(バサス)

原産国 :フランス


体重

雄牛:平均 1000㎏
雌牛:平均 750㎏

体高

雄牛:平均 145㎝
雌牛:平均 140㎝

 

フランスの南西部のヌーヴェル=アキテーヌ地方にあるジロンド県のバザスの町からその名前をとり、その町の近くのガロンヌ川の南にある低地に生息しています。
これは、アキテーヌの地元の牛とスペインの牛との交配に起因すると考えられています。
南西フランスのヌーベル=アキテーヌ地方のピレネーとジロンドの伝統的な農耕用の品種です。
バザスとその肉を祝うために毎年バザスで毎年行われるフェス・デ・ボーイズ・グラースが開催されます。
霜降り肉で、その優しい味で有名です。
伝統的に作業用であり、伐採された木材を森林から運搬するなどの作業に使用されていました。
1940年には約6万頭でした。
第二次世界大戦後の数年間で、農業の機械化とその地域の穀物作物のより広範な栽培は両方とも急速に減少した。
1970年には700匹の牛しか残っておらず、その品種を回復する努力が始まった。
2013年には140ヵ所以上の農場に約3,400頭の牛がいました。
現在は、オーストラリア、チリ、スペイン、イギリスに輸出されています。
輸出された牛は純粋に飼育され、交配に使用されている。
肌色は、ユニ・カラー・グレーで、性別や年齢によっていくつかのバリエーションがあります。

 

Beefalo
(ビーファロ)

原産国:アメリカ

Beefaloは、1970年代初めにアメリカのバイソンと国内牛を交配させたBasoloによって米国で開発された複合牛の品種です。
バイソン血は3/8に設定され、国内牛の血は5/8であった。
バイソンと国内牛の交配は数年間行われているが、交配はしばしば失敗している。
Basoloは、その豊かな経験で、徹底的にバイソンと国内牛の交配種を生産していると評価されています。
3/8を超えるバイソンの含有量を有するそのような牛は、バイソンハイブリッドとして分類される。
バイソン・ハイブリッドは、しばしば品種協会によって「祖先動物」として登録される。
バイソン・ハイブリッドが抱えている可能性のあるバイソンの含有量の最小量は、依然としてビーファロー(Beefalo)として17%に分類されています。
BeefaloはもともとヘレフォードとCharolaisの交配種でしたが、繁殖にはあらゆる牛の品種が許可されています。
バイソンの特徴を残しながら家畜牛のように扱う際にBeefaloを中心に育てる理由は、初期の書物でBeefaloが従来の牛肉よりも最大40%安く仕上がり、販売できることを示しました。
現在、Beefaloは、自然、ホルモンフリー、抗生物質フリーの牛肉を調達するための消費者の要望により、新たな関心を得ています。

 

Beefmaster
(ビーフマスター)

原産国:アメリカ

Beefmasterは1930年代初頭に開発された牛の品種です。
ヘレフォードの牛とBrahmanの雄牛を持つShorthornの牛の交配から、品種を作りました。
基礎牛の正確な交配種は不明であるが、約25%のヘレフォード、25%のミルキング・ショートホーン、50%のブラフマンであると考えられている。
それは1954年に新しい品種としてUSDAによって最初に認識された。
当初の目的は、南テキサスの厳しい環境で経済的に生産できる牛を生産することでした。
色の基準はありませんが、ほとんどが赤色から赤色で、白い斑点が付きます。
これらの牛は多目的な品種であり、牛乳や牛肉にも使用できます。

 

Belgian Blue
(ベルギー・ブルー)

原産国:ベルギー

ベルギー・ブルー(フランス語: 'Blanc-Bleu Belge'、オランダ語: 'Belgisch Witblauw')はベルギーの牛の品種です。
レース・デ・ラ・モイエンヌまたはオート・ベルギーとも呼ばれます。
ベルギー・ブルーは、一般的には青灰色の斑点状の体毛色の名前が付けられていますが、色は白から黒まで変わる場合があります。
この品種は、19世紀のベルギーの中部および上部で、地元の品種とイギリスのショートホーン品種を交配することから始まりました。
Charolais牛も交配された可能性があります。
現代の品種は、リエージュ州の人工授精センターで働いているハンセット教授によって1950年代に開発されました。
ベルギー・ブルーの骨構造は、通常の牛と同じですが、筋肉量が多いにもかかわらず肉と骨の比が大きくなります。
二重筋肉の品種の価値は、その優れた枝肉の特性によるものです。
しかし、脂肪含量が減少すると肉の霜降りが減少し、これは肉の優しさが減少することを意味する。
逆に、ベルギー・ブルーの肉の品質は、小さな筋肉繊維が多数存在するため、柔らかくなると主張されています。
ベルギー・ブルーは、より熟練した管理を必要とし、過酷な環境では飼育できません。

 

Belgian Red
(ベルギー・レッド)

原産国:ベルギー

体重

雄牛:平均 1200㎏
雌牛:平均   700㎏

体高

雄牛:平均 153㎝
雌牛:平均 138㎝

 

ベルギー・レッド(ベルギーのレッドウエスト・フラームスとも呼ばれています)は、ベルギーのフランダース地方の品種です。
それは絶滅の危機にあると考えられている。
一般的に、大きく、重い牛です。
この品種は、主に肉と牛乳の両方のために育てられた二重目的の品種です。
しかし、1980年代以降、この品種の育種家によって2つの別々の系統(肉および牛乳または二重目的)の選択がなされた。
2004年の乳牛のミルク性能は、乳脂肪含有量が4.27%、タンパク質が3.43%で約5,000kgの乳であった。
品種の元の地域はフランスのフランダース地方とベルギーの西フランダース地方です。
19世紀には地元の品種であるCasselとVeurne-Ambachtの新品種が開発されました。
これらの元の品種は、ベルギーの第一次世界大戦中にほぼ絶滅した。
戦後、ブリーダーたちは協力して新しい品種を作った。
1986年には依然として約5万頭のベルギー・レッドが残っていたが、頭数は急速に減少した。
2001年、世界に残された牛の数は100頭にも満たなかった。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ