世界の牛 図鑑 Vol.3

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Albera(アルベラ)

原産国:フランス

 

フランスのピレネー山脈にあるヴァレスキルの部分的に存在するアルベラ・マッシフ(Albera Massif)固有の小さな牛で絶滅のおそれのある品種です。
寒さに強いですが、熱に弱く、そしてウェル山地の急峻な地形に適応しています。
19世紀にAlbera Massifで牛の品種が確認されましたが、Alberaの最初の記述は1957年のものです。
当時、品種内で3つのサブタイプが区別されていました。
最近では、タイプは2つであると考えられている:ネグラ(Negra)、またはダークタイプ、ファジーナ(Fagina)、またはより淡いタイプ。
1999年に、ファジーナ型は、アルベラ・ネグラ型よりも、ブルナ・デ・ロス・ピリネオス型に遺伝的に近いことが判明した。
ブリーダーズ協会は2008年に設立されました。
アルベラの品種は2011年7月27日に公式の認定を受けました。
品種標準が承認され確立されました。
2014年末に全頭数は763頭と記録され、そのうち618頭が雌牛で145頭が雄牛でした。
アルベラは寒さに強いが熱に弱い、アルベラ・マッシフ(Albera Massif)の急な地形によく適応しています。
彼らは人間との接触が少なく、生産能力もほとんどありません。
牛は2年ごとに繁殖し、子牛のためにかろうじて十分なミルクを生産します。
肉の収量は非常に低く、35~40%程度である。
牛は植生管理に使用されている:下草を食べることによって、彼らは森林火災を防止するのに役立ちます。

 

Alentejana(アレンテジャーナ)

原産国:ポルトガル

 

アレンテジャーナは、アレンテージョの南部ポルトガル地方、アレンテージョ高地と低アレンテージョの両方に存在します。
肉の生産と農耕作業用として使用され、それはスペインで見出されるRetintaの品種に似ています。
アレンテジャーナは長い角が特徴で金赤色の牛です。
ブラジル産のメルトレンガと南部のクリウロは、この品種から産まれました。
アレンテジャーナ種は、欧州委員会からDOC(Denominao de Origem Controlada)の地理的地位が保護されています。

 

American Milking Devon(アメリカンミルクデボン)

原産国 :アメリカ
体重

雄牛:平均 726㎏
雌牛:平均 499㎏

 

アメリカンミルクデボンは、アメリカの牛の品種です。
もともとは、17世紀に北米にもたらされたイギリスのノースデボン牛に由来しています。
彼らの名前にもかかわらず、彼らは肉の生産や農耕作業用として働くことにも適しています。
1623年、デボンシャー北部からノースデボン牛を少量出荷してプリマス植民地に到着した。
ミルクデボンは、フロリダほど遠い南東の東海岸に広がり、農耕、肉、牛乳を提供する多目的能力は農民によって評価されました。
しかし、19世紀初めに、ショートホーンの品種は、二重目的の牛のために農家に好まれ始め、1900年までにミルクデボンはニューイングランド以外ではほとんど見られませんでした。
20世紀の半ばまでに、数はさらに大幅に減少し、三重目的の牛の市場は事実上消えてしまった。
この品種は、1970年代には100頭以下の低水準に達しました。
今日、ミルクデボンは世界で最も絶滅のおそれのある牛の一つです。
しかし、アメリカ家畜繁殖保全やスローフードUSAの「味覚の箱」などの組織の助けを借りて、数字はやや戻り始めています。
アメリカンミルクデボンは、肉、牛乳、農耕の価値がある、西洋に残された真の三重目的の牛の数種のうちの1つです。
皮膚は暗く光沢のある赤色であり、角は白く黒い先端を有する。

 

Amerifax(アメリファックス)

原産国 :アメリカ
体重

雄牛:500~544㎏

 

アメリファックスは1970年代に米国で開発された肉牛の品種です。
「アメリファックス」という名前は、アメリカのフリージアンとアンガスの交配から由来しています。
それらは5/8のアンガスと、3/8のフリージアンの交配種です。
1971年、アイルランドから米国に輸出されたフリージアンは、生産力に優れていました。
フリージアンとアンガスの品種はお互いを補完し、機能的で生産的な子孫を産みます。
アメリファックスは、黒または赤のいずれかになります。
品種は優れた枝肉の特徴と優れた離乳のパフォーマンスを備えています。
彼らは約29〜38㎏の子牛を産む。
離乳時の体重は34~45㎏です。
アメリファックスの子牛は15〜18ヶ月で生育する。
1977年、アメリファックス牛協会が設立されました。

 

Amrit Mahal(アマリマハル)

原産国:インド

 

従来Benne Chavadiとして知られていたAmrit Mahal(Kannada)牛は、インドのカルナタカにあるマイソールの原種から生まれた牛の一種です。
それらは、密接に関連する既存の品種であるハガラバディ(Hagalavadi)およびチトラスグ(Chithradurg)とともに飼育されたハリケール(Hallikar)の繁殖牛から生じたものである。
もともとは、戦争で装備を輸送する目的で開発されたもので、その耐久力とスピードが特長です。
対照的に、牛乳生産が乏しいため、農耕作業用の品種である。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ