世界の牛 図鑑 Vol.26

目安時間:約 9分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Hariana
(ハリアナ)


原産国:インド

 

ハリアナは北インド原産のゼブ牛(こぶ牛)で、特にハリヤナ州で飼育されています。
それはハリヤナ州のRohtak、Karnal、Jind、Hissar、およびGurgaon地区の出身です。
牛は中型から大型で、色は白から灰色の色合いです。
角は短く、顔が細くて長いです。
雌牛はかなり良いミルクの生産者で、雄牛は農耕作業の仕事で優れています。
ハリヤナとパンジャブ東部で発見されたハリアナ種は、ゼブの既知の75種のうちの1種です。

 

Harzer Rotvieh
(ハルツ ロトヴィー)

原産国:ドイツ

 

Harzer RotviehはドイツのHarzからの赤牛です。
牛乳、牛肉と農耕作業用の力を提供する目的を果たします。
その名前は「ハルツの赤い牛」を意味します。
この牛の品種は南部および中部ドイツの赤い牛の品種に由来し、おそらく単色の赤いGermanic-Celtic牛にまでさかのぼっていた。
それらのうち、地元の牛種はハルツ山脈の厳しい条件下で開発されました。
1950年代にこの牛の品種は、乳量を増やすためにデンマークのレッドブルと交雑しました。
その後、彼らはアンゲルン半島に渡りました。
1980年以来Harzer Rotviehは、アンゲルン半島の多様の品種のみとなっています。
Harzer Rotviehはほんのいくつかの農場で飼育されています。
Mountainfarmer Wolfgang「クラインチロル農場」、20頭の雌牛、1頭の雄牛
タンネのブロッケン麓の農家ティエレッケ
クロースとカタリーナ・コールシュ、雄牛21頭、雄牛5頭

 

Heck
(ヘック)


原産国:ドイツ

体重

雄牛:600~900㎏
雌牛:400~600㎏

体高

雄牛:約140 cm
雌牛:約130㎝

 

ヘック牛は放牧用、動物園用、農業用に飼育されている丈夫な家畜です。
この品種は、1920年代と1930年代に現代のオーロックス由来の牛から絶滅したオーロックスを繁殖させる試みの結果です。
しかし、オーロックスの間にはかなりの違いがあります。
この品種は、国内の家畜をその祖先の形に繁殖させるためにドイツで生まれました。
1920年代と1930年代の現代のオーロクス由来の牛から絶滅したオーロクスを繁殖させようとするヘック兄弟の試みの結果です。
ヘック兄弟は、それぞれ彼らが繁殖実験を始めた11年後に初めて彼らの成功を発表しました。
繁殖の試みでは、両方の兄弟が異なる種類の牛種を使用しました。
使用されている品種は次のとおりです。

・Hungarian Grey (ハンガリー・グレー)
・Highland (ハイランド)
・Corsican (コルシカ)
・Murnau-Werdenfels (ムルナウ・ヴェルデンフェルス)
・Angeln (アンジェルン)
・Black-pied lowland (ブラック・パイド・ローランド)
・White Park (ホワイト・パーク)
・Brown Swiss(ブラウン・スイス)

 

1932年、Heinz Heckが「Glachl」と名付けたオーロックスに似ていると信じた最初の雄牛が生まれました。
それは75%のコルシカと25%(Gray cattle × Lowland × Highland × Angeln)を交配していた。
彼らが似ているために飼育してたオーロックスよりも20〜30センチ短い。
どんな野生動物や他のほとんどの家畜よりも大量の異質性を示しています。
毛皮の色、角の形、角の大きさ、サイズ、大きさなどは様々です。
野生で寒い気温や栄養価の低い食べ物に対処することができます。
ヨーロッパには約2000頭のヘック牛が、他にはほとんどいません。
Flevoland(オランダ)のOostvaardersplassenでは、約600頭のヘック牛が自由に歩き回っています。
他にはベルリン近郊のFalkenthaler Rieselfelder、テューリンゲン州イェーナ近郊のNesseaue自然保護区、バイエルン州AuerbachのGrubenfelder Leonie自然保護区にいます。
2000年にフランスで約100頭が登録されました。
2009年には、9頭の牛と4頭の雄牛がベルギーから南西イングランドに輸出されました。

 

Hereford
(ヘレフォード)

原産国:イギリス

重量

雄牛:816㎏
雌牛:544㎏

体高

雄牛:152㎝
雌牛:140㎝

 

イギリスのウェストミッドランドにあるヘレフォードシャー郡で生まれたイギリスの肉牛です。
それは多くの国に輸出されました、そして世界中で50以上の国で500万頭以上の純血種のヘレフォード牛がいます。
ヘレフォード牛の輸出貿易は、1817年にイギリスから始まり、アメリカ合衆国のケンタッキー州で始まり、アメリカからカナダにかけてメキシコを経て南米の国に広がりました。
今日、ヘレフォード牛はオーストラリアからロシアの草原に至るまでの世界各地にいます。
これらは、イスラエル、日本、そしてヨーロッパ大陸とスカンジナビア、オーストラリア、カナダ、アメリカ、カザフスタンとロシアの温帯地域、アルゼンチンの中央と東、ウルグアイ、チリとニュージーランドで見られます。
彼らは登録牛で最大の割合を占めています。
それらはブラジル各地で見られ、南アフリカのいくつかの国々(主に南アフリカ、ザンビア、ジンバブエ)でも見られます。
彼らはほとんどすべての大陸ではるかに過酷な気候で繁栄することを証明しました。
ワールドヘレフォード評議会はイギリスを拠点としています。
現在、20のヘレフォード協会と10の非加盟国を含む17の加盟国があり、合計8の協会があります。
18世紀から19世紀初頭にかけて、他の牛(主にショートホーン)が、最初は色が変化し、黄色から灰色、淡褐色、そして白の量が変化する新しい種類の農耕作業用と肉牛を生み出しました。
しかし、18世紀の終わりまでに現代の品種に特徴的な白い顔はなく、現代の色は19世紀の間に確立されました。
アメリカへのヘレフォードの最初の輸出は、1840年代に始まった。

 

Hérens
(ヘレン)

原産国:ドイツ

体重

雄牛:650~700㎏
雌牛:500~600㎏

体高

雄牛:125~134㎝
雌牛:118~128㎝

 

Herens(ドイツ語でEringer)はスイスのヴァル=ドレン地方にちなんで名付けられた牛の品種です。
小さな角のある高山牛は、黒、茶色、または暗赤色の肌色をして斑模様は非常に珍しいものです。
組織的な牛の戦いで使用されています。
ヨーロッパで最小の牛の品種の一つです。
際立った特徴は、前頭部がくぼんで短くて広い頭部です。
非常に筋肉質で、雄雌ともに角を持っています。
主に牛肉のために飼育されていますが、雌牛は年間約3,200 kgの牛乳を生産しています。
高山の牧草地によく適応しています。
Herensの頭数は1960年代から減少しています。
2000年の頭数は約13,500頭でした。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

タグ:     

カテゴリ:牛肉 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ