世界の牛 図鑑 Vol.25

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Greek Shorthorn
(ギリシャ ショートホーン)


原産地:ギリシャ

体重

雄牛:約300㎏
雌牛:約200㎏

体高

雄牛:平均114㎝
雌牛:平均97㎝

 

ギリシャの北西部の山岳地帯で広範な牧畜条件下で飼育されている、かなり珍しい家畜種です。
牛乳や肉の生産とともに、この品種は、原産地での農耕作業用にも使用されます。
ギリシャ・ショートホーンは小型の動物で、イベリア型です。
肌色は一般的に灰色がかった茶色から濃い茶色までです。
小さな頭を持っており、雄雌の両方が通常角を持っています。
角は短くて細いです。
彼らは質の高い肉生産に非常に適しており、雌牛も牛乳生産に適しています。

 

Greymans
(グレイマン)

原産地:オーストラリア

 

1970年代にクイーンズランドで開発されたオーストラリアの肉牛で、特にMurray GreyとBrahmanの両方の品種の優れた遺伝的特徴を組み合わせることによって、クイーンズランドの環境に適合しています。
25%から75%のMurray Grey(マレーグレイ)で、残りはBrahman(ブラフマン)でできています。
これにより、地域や環境条件に最適なパフォーマンスを選択できるようになります。
このように、Greymans(グレイマン)は熱帯の国々でのBrahman(ブラフマン)含有量をより重視して、あるいは南部の州に適したより高いパーセンテージのMurray Grey(マレーグレイ)血で繁殖することができます。
Greymanは、ダークグレーからシルバーまで色が変化する滑らかな毛皮で、厳しい気候条件では肌や目の問題に影響されにくいダークスキンの色素沈着を示します。
Greyman牛は、天然のダニに対する抵抗力、優れた母親の能力、干ばつおよび熱に対する耐性、そして効率的な飼料転換を提供します。
あらゆる条件下で最高の性能と生産性を発揮するように適応された数少ないオーストラリアの品種の1つであるため、海外の牛生産者から関心を集めました。

 

Guernsey
(ガンジー)

原産地:イギリス(チャネル諸島)

体重

雄牛:600〜700kg
雌牛:450〜500kg

 

ガンジー種は、チャネル諸島のガンジー島原産の乳用種である。
毛色は淡褐白斑または赤褐白斑に赤白地に出入りが複雑な白色斑がある。
牛乳は、ビタミンAのためのプロビタミンであるβ-カロテンの含有量が高いため、黄金色の色合いがあります。
牛乳はまた、5%の高いバター脂肪含量および3.7%の高タンパク質含量を有する。
雌牛は年間約6000ℓの牛乳を生産します。
日本には明治の末から輸入されました。

 

Hallikar
(ハリカー)


原産国:インド

 

インドのカルナータカ州に生まれた牛の品種です。
南カルナータカ州のマイソール、マンディア、ハッサン、トゥムクール地方では一般的です。
長くて垂直で後方に曲がった角、雄牛の大きなこぶ、中程度から高い身長、そして中程度の体の大きさ、そして白から灰色、そして時には黒の顔色がこの品種の特徴です。
雄牛は、その強度と耐久性のために知られており、主に農耕作業用のために使用されています。
インド政府郵便局は、2000年にその名前の切手を発行することによって品種を記念しました。

 

Hanwoo
(ハンウ)


原産国:韓国

別名

Hanu
Korean Brown
Korean Native

体重

雄牛:466㎏
雌牛:355㎏

体高

雄牛:124㎝
雌牛:117㎝

 

Hanwoo(Korean:한우)、HanuまたはKorean Nativeは、韓国原産の小型牛です。
以前は農耕作業用として使用されていましたが、現在はほとんどなくなりました。
現在は主に肉用に育てられています。
それは4つの韓国在来の品種のうちの1つです、他はChikso、HeuguとJeju Blackです。
1960年代に韓国経済が拡大するまで、牛肉の生産にはほとんど使われていませんでした。
群れの登録は1968年に開始されました。
Hanwooの肉はそれ以来プレミアム製品になりました。
2003年には、総頭数は約124万頭と報告されました。
2014年には、267万頭と報告されました。
肌色は茶色で、雄雌ともに角があります。
雌牛の母体的品質は良好ですが、乳量は少なく、泌乳日数170日で400リットル強です。
Hanwooのまれな白い変種は2009年以来繁殖しています。
2014年には14頭がいました。
韓国人は韓牛を文化の象徴であり、世界でも有数の最高品質の牛肉の1つであると考えているので、伝統的な食べ物や人気の休日の料理、または特別な日の贈り物として使われています。
Hoengseong郡は環境が牛の養殖によく適しているHanwoo牛で最もよく知られています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ