世界の牛 図鑑 Vol.24

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

German Black Pied
(ジャーマン ブラック パイド)


原産国:ドイツ

 

German Black Piedは、北ドイツとオランダの北海沿岸地域で生まれた乳牛です。
18世紀まで様々な色の牛がこれらの地域で繁殖していました。
1750年以降、黒彩色が主流でした。
しかし、まだ単色の赤の放牧牛もいました。
東フリジア(ドイツ)で1878年に、最初の繁殖会社が設立されました。
東フリジアと東プロイセン(今日のロシア、リトアニア、そしてポーランド)は品種の中で最も重要な繁殖地域でした。
後でそれは北部および中央ドイツの全体に及んだ。
西ドイツで1958年以来、品種はホルスタインと交配されました。
1960年代以降、これらの交配動物が優勢になり、ドイツの白黒牛種が生まれました。
元の繁殖タイプは遺伝的保護区として東ドイツで保存されていました。
German Black Piedsはホルスタインより小さく、搾乳量は少ないですが、より肥沃で長寿命です。

 

German Red Pied
(ジャーマン レッド パイド)

原産国:ドイツ

 

ジャーマン・レッド・パイド(ドイツ語:Deutsche Rotbunte、Rotbuntes Niederungsvieh、またはRotbuntes Niederungsrind)は、ドイツの牛の品種です。
品種の開発は19世紀の間にドイツのいくつかの地域で起こりました、これらのレッド・パイド・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン牛はその後オランダのミューズ - ライン - イッセル(MRY)雄牛と多数交配されました。
それから、1934年に、彼らはドイツのRed Pied Lowlandに合併され、この名前はGerman Red Piedに短縮されました。
1980年代から、Red Holstein(アメリカ)の継続的な発展により、ドイツのブリーダーはGerman Red Pied個体群を2つの異なる方向、すなわち乳製品用と肉兼用にするようになりました。
このため、彼らは現在、乳製品に焦点を絞ったドイツのRed Pied Holsteinと二重の目的のRed Piedとして掲げられ、記録されています。

 

Gyr
(ギュー)


原産国:インド

 

由来は、グジャラート州のGir森林地域とその周辺のSaurashtra地域です。
Gyrは南アジアで生まれた主要なZebu(こぶ牛)の品種の一つです。
中型から大型の品種です。
平均乳量は泌乳あたり1590 kgであり、インドでは4.5%の脂肪で3182 kgの記録的な生産があります。
ブラジルでは、1泌乳あたり平均3500 kgです。
体色は赤から斑点を付けられた白に輝いています。

肌は柔らかく、薄く、そして光沢があります。
最も珍しい特徴は彼らの凸状の額です。
色は真っ赤からスペックルまで、黄色がかった赤から白まで、大きな赤い斑点があります。
こぶはZebuの品種の中で最大のものであると考えられています。

 

Glan
(グラン)


原産国:ドイツ

体重

雄牛:1000~1200㎏
雌牛:600~750㎏

体高

雄牛:140~145㎝
雌牛:135~140㎝

 

グランは、ドイツのラインランドプファルツ州で特に見られる伝統的な牛です。
かつては絶滅したと思われましたが、今日では約2,000頭います。
もともとは多目的で、今日では主に牛肉生産に使われています。
1920年代に彼らはGelbviehと交配し始めました。
1950年以来、彼らはDanish Redと交配し、それが牛乳の性能または牛肉の性能の低下を引き起こしました。
これが純血種のグラン牛の終わりの始まりでした。
1967年に純粋な品種は放棄され、1972年にRhenish Glan Cattle Breeders協会は閉鎖されました。
1984年または1985年に、保存と促進のための協会が設立されました。
古いタイプのグラン牛を探して、彼らは25頭の牛を発見しました、そのうちの4頭は純血種でした。
生きている純血種の雄牛は見つかりませんでしたが、彼らは純血種の雄牛の冷凍精子を見つけました。
品種の保全のために彼らはまたGelbviehのような関連品種の雄牛を使用しました。
今日では多くの人がグランを飼育しており、その主な焦点は牛肉の生産です。
注目すべき飼育地はラインランドプファルツ州、ザールランド州とノルトライン=ヴェストファーレン州です。

 

Gloucester
(グロスター)

原産国:イギリス

 

グロスターシャー州とイングランド西部地方の周辺地域から生まれた乳肉兼用の品種です。
大型の牛で、雌牛、子牛、去勢牛では濃い褐色に、雄牛ではほぼ黒くなります。
背中に沿ってそして尾を越えて続く白い腹と白い縞模様を持っています、そして彼らは通常黒い先端を持つよく発達した白い角を持っています。
13世紀には、コッツウォルズの丘陵地とイギリスのセバーン渓谷で同じような種類の牛が多数いました。
牛乳(グロスターチーズに使われる)、強くてしなやかな牛肉を提供することで高く評価されました。
1972年までに1つの群れだけが残りました、そして、その品種は絶滅の危機に瀕していました。
グロスター牛協会は1973年に復活し、その品種は未だに絶滅の危機に瀕しているが、登録された繁殖雌は750頭に満たないため、「希少種生存サバイバルトラスト」によって「危険にさらされている」と評価された。
グロスターのミルクは、タンパク質が多く、バター脂肪が多いチーズ作りに非常に適しています。
シングルグロスターチーズとビショップチーズは、グロスター牛乳のみで作られています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ