世界の牛 図鑑 Vol.22

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

French Simmental
(フレンチ シメンタール)

原産国:フランス

体重

雄牛:平均 1100㎏
雌牛:平均 700㎏

体高

雄牛:平均 150㎝
雌牛:平均 140㎝

 

この品種はスイスのSimmental牛に由来する。
それらは20世紀の初めにフランスに輸入されました。
Eastern red piedと名付けられました。(フランス語では、Pie Rouge de l'est)
フレンチシメンタールはフレックヴィア牛とスイスシメンタールと交配しています。
現在約35,000頭の牛がいます。
色は赤のまらだで白い顔と足です。
赤は澄んだ赤色です。
牛肉と牛乳の生産の両方で使用されますが、主に乳製品のために使用されます。
年間約6,400 kgの牛乳を生産します。(4%の脂肪と3.3%のタンパク質)
牛乳はcomteとlaguioleなどのAOCチーズに使用されます。
この品種は、シャロレーやリムーザンなどの肉牛との交配にも使用されています。

 

Galician Blond
(ガリシアン ブロンド)

原産国:スペイン

別名:Rubia Gallega

重量

雄牛:1000 kg
雌牛:700 kg

体高 

雄牛:145 cm
雌牛:135 cm

 

Rubia Gallegaは北西スペインのガリシア自治区の在来の品種です。
主に肉用に育てられています。
それはガリシア全土に分布し、全頭数の約75%がルーゴ県に集中している。
肌色は、赤、小麦色、またはシナモン色です。
20世紀には、ポルトガルのBarrosã、Swiss BraunviehとSimmental、そして英国のShorthornとの交配が行われました。
2015年末現在、登録されているRubia Gallegaの総頭数は39,971頭で、そのほとんどがガリシアにいました。
牛乳は、1993年からDenominaciónde Origenの認証を受け、1996年からEuropean DOPの認証を受けているTetillaチーズの製造に使用されています。

 

Galloway
(ギャロウェイ)

原産国:スコットランド(イギリス)

体重

雄牛:770~1043㎏
雌牛:453~680㎏

 

ギャロウェイは、スコットランドのギャロウェイ地方に因んで名付けられた、世界で最も長い間確立されている肉牛の品種の1つです。
それは現在、カナダ、アメリカ合衆国、オーストラリアなど、世界の多くの地域で見られます。
1950年代に成功を収めたが、これは口蹄疫の危機の間に減少しました。
今日、牛肉市場の要求により、この品種は復活しつつあります。
もともとこの品種の中には、さまざまな色や模様など、さまざまなバリエーションがありました。
元のギャロウェーの群れ本は黒牛しか登録していませんでしたが、赤色の劣性遺伝子は集団に残っていました。
その結果、黒はギャロウェイにとってまだ最も一般的な色ですが、それらはまた赤と数段の鈍い色になることができます。
1877年にギャロウェイ牛協会が設立されました。
ギャロウェイはカナダで1853年に導入され、1882年にアメリカ合衆国で導入されました。
1908年に英国ギャロウェイ協会が結成されました。
1951年、ギャロウェイがオーストラリアに紹介されました。
1950年代に牛肉市場は高品質の肉を持つ低投入量(飼料)牛を要求したため、この品種は多くの成功を収めました。
しかし、ギャロウェイ牛でBSEが発見されたケースはありませんでしたが、BSE危機(一般的に狂牛病)は1990年に輸出禁止を引き起こし頭数は減少した。
現在では需要が回復しています。

 

Gangatiri
(ガンガティリ)

原産国:インド

 

ガンガティリはインドの在来品種です。
それは、ウッタル・プラデシュ州東部のガンガ川のほとりにある地域と、ビハール州の西部地域に由来することが知られています。
この品種は中型の牛乳生産種であり、また優れた農耕作業性を有する。
色は完全な白(Dhawar)または灰色(Sokan)です。
角は中程度の大きさで、目の裏側と目の外側では上向きに湾曲し、内向きには尖った先端で終わっている。
額は中央に浅い溝があり、目立つ、まっすぐで広い。
まぶた、蹄および尾の先端は、一般に黒色である。
泌乳における平均乳量は約1050kgであり、平均脂肪は4.9%であり、4.1%から5.2%まで変動する。

 

Gaolao
(ガオラオ)


原産国:インド

 

ガオラオはインド原産の牛です。
農耕作業と乳牛の両方として使用される二重目的の品種です。
マハラシュトラ州のWardha地区、マディヤプラデーシュ州のBalaghat地区、Chindwara地区、およびChhattisgarh州のRajnandgaon地区で飼育されていました。
中程度の大きさの牛です。
色は灰色の顔で体は通常白です。
雄雌両方が通常角を持っています。
授乳あたり約604㎏の牛乳を生産することが可能です。
ミルクは、バター脂肪含有量の約4.32%を含む良質のものです。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ