世界の牛 図鑑 Vol.21

目安時間:約 8分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Finnish Ayrshire
(フィンランド エアシャー)


原産国:フィンランド

体重:平均540 kg

 

フィンランド・エアシャーは、フィンランドで最も一般的な牛です(74%)。
1847年~1923年までのスコットランドとスウェーデンからのおよそ1600頭のAyrshire牛の輸入から生じました。
スウェーデン・レッド(SRB)と地元のノルウェー牛と交配して、ノルウェーで最も優勢なノルウェー・レッドを飼育しています。
2008年には、わずか1頭のフィンランド・エアシャーがすべてのノルウェー・レッズの父として使われました。
ほとんどの場合、落ち着いた性質を持ち角のあり肌色は赤褐色です。
年間乳生産量は、最大7400 kgで、脂肪は4.36%、タンパク質は3.36%です。

 

Finncattle
(フィンランド種)


原産国:フィンランド

 

フィンランド種とはフィンランドに由来する3種類の密接に関連した牛種を指します。
ほとんどの場合、乳製品の生産のために飼育されており、一部の牛は動物園やペットとして使用されています。
フィンランド種はサイズが小さく、自然に放牧されていますが、外観と生産レベルが異なります。
東フィンランド種は赤と白の両方で、北フィンランド種は白く、西フィンランド種は赤い色で、3つの品種の中で最大です。
外国の近代的な酪農牛の品種は、第二次世界大戦後にフィンランドに輸入された。
フィンランド種の総数は急速に減少した。
1960年には約6万頭が飼育されていました。
現在は牛乳と肉の両方の生産のために飼育されています。
しかし、ほとんどの場合、乳生産のための乳牛の繁殖用として使用されています。
フィンランド種は非常に強くて丈夫な動物です。
他の牛の品種よりもフィンランドの気候によく適応しています。
また、森林の牧草地を正常に維持することができます。
長生きの動物である傾向があり、牛には繁殖力があります。
牛乳生産に非常に適しており、牛乳は非常に良質です。
ミルク中のタンパク質と脂肪の含量は、フィンランドの他の乳牛の品種よりもはるかに高い。
牛乳生産レベルは、他のフィンランドの牛の品種よりもかなり低いですが。
この品種は肉生産にも非常に適しています。

 

Fjäll
(フジャル)


原産国:スウェーデン


別名

スウェーデン語:Fjällko
スウェーデン語:SvenskFjällras
Swedish Mountain

 

重量

雄牛:650~800 kg
雌牛:450 kg

体高

雄牛:135~140 cm
雌牛:125 cm

 

Fjäll(スウェーデン語: 'Fjällko'またはSvenskFjällras)は、スウェーデンの伝統的な山岳牛です。
それは1970年代と1980年代に絶滅の危機に瀕していましたが、1995年に回復しました。
19世紀の品種として設立されました。
群れの登録は1907年に始まった。
1996年には、およそ400頭の牛がいると推定されていました。
伝統的なFjällは、2つのサブ品種、Swedish Mountain BreedとMountain Close Cattleに分けられています。
肌色はさまざまです。
それはほぼ白かもしれません。
白は赤または黒で斑点を付けます。
色付きの赤または黒のフィンチ。
あるいは、時折、赤、黒、またはまれに灰色になります。
貧しい牧草の山の環境や飼料に適応されています。
主に乳製品に使用している。
平均乳量は授乳あたり約5500 kgです。
牛乳は、約4.5%の高バター脂肪含有量と、約3.6%のタンパク質含有量を持っています。
それはチーズを製造するのに適している。

 

Fleckvieh
(フレックフレー)

原産国:オーストリア

重量

雄牛:1100~1300 kg
雌牛:700~800 kg

体高

雄牛:150~165 cm
雌牛:140~150 cm

 

Fleckviehは、1830年頃からスイスから輸入されたSimmental牛と地元の家畜の交配から、オーストリア帝国とバイエルン王国で生まれました。
Simmentalは優れた乳生産性と農耕作業用能力を持っていました、そして結果としての交配は牛乳、肉と農耕作業用能力を持った三重目的の牛でした。
現在は二重目的の品種です。
牛肉や牛乳の生産のために使われ、あるいは乳製品または牛肉の品種と交配されるかもしれません。
オーストリア、ベルギー、ドイツ、オランダ、そしてスペインを含むヨーロッパのいくつかの国から、そしてまた2009年以来、スイスから報告されています。
ハンガリーでは、Fleckviehは多くの小規模農場に存在し、その重要性は着実に高まっています。

 

Florida Cracker
(フロリダ クラッカー)

原産国:アメリカ

 

フロリダ・クラッカーはフロリダ州で開発された牛の品種で、飼育されていたフロリダクラッカー文化にちなんで名付けられました。
フロリダ・クラッカーまたは単にクラッカー牛としても知られているこれらの牛は、もともとスペインによって米国南部にもたらされたクリオロタイプの種の1つです。
その品種はPineywoods牛の品種と非常に密接に関連しています、しかし純血種のクラッカーはPineywoodsが過去に持っていたようにどんな英国の品種とも交雑していません。
その他の関連品種にはコリエンテとテキサス・ロングホーンがあります。
フロリダ・クラッカーは、米国で最も古くて最も希少な種類の牛の1つです。
16世紀に大陸に輸入されたスペインの牛から派生して、フロリダ・クラッカーはすぐにフロリダの環境に適応して、長い間寄生虫や他の丈夫な形質に対する彼らの抵抗のために高く評価されてきました。
一般的に900ポンド(400キロ)以下の重さで、多くの色があります、そして、雄雌の両方に角があります。
それらは、グレー/ブルーの水玉、茶色のブラウン、ベタの白、黒の斑点のある白、茶色の斑点のある白、すべて黒、または場合によっては純粋な金色のパロミノがあります。
1949年以降、自由放牧家畜に関する新しい法律の組み合わせと、より大型の牛肉種の導入により、フロリダ・クラッカーは急速に衰退しました。
フロリダ州政府と品種協会の継続的な作業にもかかわらず、品種はまだアメリカの家畜品種保護協会によって「重要」としてリストされております。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ