世界の牛 図鑑 Vol.18

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Danish Jersey
(デーニッシュ ジャージー)

原産国:デンマーク

体重

雄牛:約500〜600kg
雌牛:約350〜425kg

体高  :115~120㎝

 

Danish Jerseysは、他の酪農品種(身長115〜120cm)よりも小柄です。
肌色は淡黄褐色です。
明るい色から濃い茶色、ほぼ黒色まで変化します。
暗い茶色は、四肢(鼻、足、耳、尾)に見られます。
雌牛は通常、雄牛よりも暗い色の肌色をしています。
デンマークの主に西Fünenで飼育されています。
1800年代後半にスウェーデンの牛から、1900年代初期にはジャージーから開発された。
年間平均搾乳量は7,600 kgで、脂肪の割合は5.75%です。
アルバニア、ロシア、フランス、イングランド、オランダ、ベルギー、ギリシャの国々に輸出されています。

 

Danish Red
(デーニッシュ レッド)

原産国:デンマーク

Danish Redは、Red Danish(レッド・デーニッシュ)またはRed Dane(レッド・デーン)としても知られており、北ヨーロッパの主要な乳牛です。
デンマークには計42,599頭飼育されている。
牛乳の生産が終了したら牛肉として使用される。
この品種は、Angelnと地元の品種を交配して開発されました。
Danish Redは、多くの他の国に輸出されており、Lithuanian Red(リトアニア・レッド)、Estonian Red(エストニア・レッド)、Latvian Red(ラトビア・レッド)、Polish Red(ポーランド・レッド)、Belarus Red(ベラルーシ・レッド)、Russian Red(ロシア・レッド)、Bulgarian Red(ブルガリア・レッド)などの多くの地元の品種を改善している。
良好な乳牛であり、ホルスタインよりも高いバター脂肪およびタンパク質含量を有する牛乳を生産する。

 

Deoni
(デオーニ)

原産国:インド

体高

雄牛:平均 130㎝
雌牛:平均 120㎝

 

Deoniは、インドの在来品種です。
良い牛乳生産者と農耕作業用の両方であることが知られていて、インドでは重要な二重目的品種とみなされています。
ホルスタインとジャージーとの交配種は非常に良い牛乳生産者です。
丈夫で、環境によく適応し、インドの重要な牛の資源を構成します。
デオーニの品種は、時にはDongari(ドナリ)/Dongarpati(ドンパラティ)として知られており、過去200年間進化してきました。
この品種は良好な搾乳者であり、300日間の授乳期間で約1135kgを生産する。
平均脂肪含量は4.3%であった。
雄牛は、重い作業に適しています。
雄牛は、5〜6歳で最大の力を示し、10〜12歳まで維持します。
3歳から農耕作業に使用されます。

 

Devon
(デボン)

原産国:イギリス

体重

雄牛:770~1000㎏
雌牛:460~590㎏

 

デボンは、イギリスの南西部デボン州の古代牛の品種である。
この品種は、最近開発された黄褐色のサウスデボン牛の品種との混乱を避けるため、ノースデボンと呼ばれることもあります。
主な飼育地はイングランド南西部、主にデボン州、サマセット州、コーンウォール州、ドーセット州です。
ヘレフォード、サセックス、リンカーンレッド、レッドポールと一緒に、イングランド南部の伝統的な赤い牛に由来するいくつかの現代品種の1つです。
色は豊かな赤色または黄色です。
草や他の飼料を効率的に利用する彼らの能力は、南ブラジル、オーストラリア、ニュージーランドなどの地域で人気が高まっています。

 

Dexter
(デキスター)

原産国:アイルランド

デキスター牛は、アイルランドに由来する牛の品種です。
ヨーロッパの牛の中で最も小さく、伝統的なヘレフォードの約半分、牛の牛の約1/3の大きさです。
最近まで希少品種でしたが、現在は回復していると考えられています。
1882年にイギリスに持ち込まれたアイルランド南西部の品種に由来しています。
この品種はアイルランドでは事実上姿を消しましたが、イングランドや米国でも、小さな牧草地で純粋な品種として維持されていました。
色は、黒、赤、ダン(茶色)の3色があります。
多くのデクスターは自然に無角ですが、多くは角がかなり小さく、厚く、雄牛は前方カーブで雌牛は上方カーブで成長します。
牛肉や乳生産に適している二重目的の品種に分類されます。
豊富なミルクを生産し、バター脂肪(4%)が比較的高く、全体として牛乳の品質はジャージーに似ています。
1日当たり7.6〜9.5ℓを生産します。
分娩が容易であることが知られています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

タグ:     

カテゴリ:牛肉 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ