世界の牛 図鑑 Vol.15

目安時間:約 8分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Cachena
(カケーナ)


原産国 :ポルトガル/スペイン

 
体重

雄牛:平均 550㎏
雌牛:平均 390㎏

体高   :110㎝以下

 

Cachenaは、北ポルトガルとガリシア(スペイン)の茶色と黄色の地方の牛から発生した。
世界最小の牛の品種の一つです。
もともとポルトガルの北部にあるVila Real地区で飼育され、その後ガリシア(スペイン)に輸出されました。
気候は夏には暑く乾燥し、冬には寒く湿っています。
スペインの自然公園Baixa Limia-Serra doXurésの低山脈地域に分布しています。
もともとは、牛肉や牛乳そして農耕作業用として使用されている三重目的の牛の品種でした。
現在は、牛肉の生産にのみ使用されています。
牛肉はその優れた品質で知られています。
香りの良い野生のハーブの香りがする牛乳を少量生産します。
それは "Brandas da Cachena"というチーズに使用されています。
彼らの良い臭覚は、ブッシュランドの珍しいハーブを探すのに役立ちます。
1986年にはわずか30頭しか存在しなかったが、5年後には260頭に増加した。
ポルトガルでは、絶滅の危機にある家畜の維持計画が立てられました。
2013年には、4700頭以上に増加しています。

 

Camargue
(カマルグ)

原産国   :フランス

体重

雄牛:平均 400㎏
雌牛:平均 250㎏

体高

雄牛:平均 125㎝
雌牛:平均 115㎝

 

カマルグは、南フランスのローヌ川デルタのカマルグ湿原にいる固有の家畜の品種である。
それは伝統的なスポーツのcourse camarguaise、無血闘牛の一種ではなく、コリダ、イベリアスタイルの闘牛のために使用されます。
プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地方のブーシュ・デュ・ローヌとプチ・カマルグの地方で、カマルグの湿地で半野生で長く飼育された2品種の牛の1つです。
もう一つはBravaまたはRace de Combatで、闘牛の品種です。
Camargue品種の名前はRaçodiBiòuに変更されました。
2004年の飼育頭数は5,950頭と推定されています。
2014年には5,332頭と報告されました。
肌色は一様に黒く、時には濃い茶色です。
大きな角があります。
一般的には灰色で、中央にはクリーミーな白、先端では暗い色です。
毎年約2000頭の牛肉が販売されています。
カマルグ湿地で広く管理されています。
カマルグ湿地の広い地域の維持に貢献し、また観光地としても評価されています。

 

Canadian Speckle Park
(カナディアン スペックル パーク)

原産国:カナダ

カナディアン・スペックル・パークは、カナダのサスカチュワン州の牛の品種です。
それはカナダで開発された肉牛の一つです。
品種名の後半は、それが知られている特徴的な白、黒、灰色の点と色の模様から派生しています。
2006年にカナダ政府が正式に認定した最新の牛の品種の1つです。
1985年に交配団体が結成され、カナディアン・スペックル・パークを米国とオーストラリアに輸出しました。
カナディアン・スペックル・パークの繁殖作業は、1950年代にローン・ショートホーンの雌牛をブラック・アンガス雄牛に交配すことから始まりました。
斑点は子孫の支配的な形質となり、新しい品種の始まりが浮かび上がった。
イギリスの3つの品種、Teeswater Shorthorn、Aberdeen Angus、British whiteから開発されたカナダの品種です。
1993年に、カナダ動物の種族法の下に組合が設立されたので、品種が開発され、1995年に最初の細則が制定されました。
2006年にカナディアン・スペックル・パークは完全な品種の認定を受けました。

 

Canadienne
(カナディアン)


原産国:カナダ

ブラックカナディアン、フランスカナディアン、ブラックジャージとも呼ばれるカナディアン牛は、カナダで開発された唯一の酪農牛である。
彼らは16世紀にフランスの入植者がカナダに入植するために牛を持ち込みました。
入った品種は不明です。
ガーンジー、ジャージー、ケリーの牛と同じ祖先に由来すると考えられています。
牛は作業と肉類を提供し、入植者にとって重要だった。
1600年代のフランスのノルマンディー地方とブルターニュ地方に由来する現在のケベック州の牛にさかのぼることができます。
19世紀後半までカナダで最も一般的な家畜の品種であり、他の品種がそれらを置き換え始めた。
まだ全国の農場や牧場で飼育されていますが、ケベック州の特定の地域を除いて比較的稀です。
近年、絶滅の危機に瀕した品種を保護するために、活発な品種保護とケベック州政府による取り組みが行われています。
1999年、カナディアン牛はケベック州政府の公式遺産となり、その繁殖プログラムは種を保護するために支援されています。
効率的な牛乳生産者です。
牛乳には高レベルのバター脂肪とタンパク質が含まれているため、チーズ製造に最適です。

 

Canchim
(キャンチム)

原産国:ブラジル

Canchimの品種は、ヨーロッパのCharolais牛を、既にアジアのZebuタイプの牛(こぶ牛)が熱帯条件に最も適しているブラジルに既に保管されているIndubrazil牛と交配することによって、中央ブラジルで開発された牛の品種です。
ヨーロッパの品種と比較して、Canchimの牛は、同じ重量ではあるがより大きい数の子牛を産みます。
形成に用いられたヨーロッパの品種はCharolaisであった。
結論は、5/8 Charolaisと3/8 Zebuが最も適していて、肉、早熟、熱と寄生虫に対する耐性、および優れた体格をしていた。
最初の交配種は、5/8 Charolaisおよび3/8 Zebuで1953年に生まれた。
品種が開発された地域で非常に一般的な木の名前に由来するCANCHIMという名前で、中央ブラジルのための新しいタイプの肉牛が生まれました。
1983年5月18日、農業省はCanchim型牛を品種として認めた。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ