世界の牛 図鑑 Vol.14

目安時間:約 5分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Buelingo
(ブエリンゴ)

原産国:アメリカ

Buelingoは、現代的なアメリカの交配種で、ベルト付きの牛の品種です。
それは、米国のノースダコタ州で1970年代に作られたもので、ブリーダーの一人、ラス・ブエリングに命名されました。
開発は、リムーザンやベルト類の遺伝子を修正するためにオランダのベルト付きの雄牛と交配したアンガスと短角種から開始しました。
これは純粋に外観のためだった。
1989年に、Buelingo肉牛協会が開始されました。

細やかな霜降りは、優れた味を伴ってきました。

Buelingoは、主にアメリカとカナダで飼育されています。

 

Burlina
(バーリナ)

原産国:イタリア

体重

雄牛:平均 1000㎏
雌牛:平均 750㎏

体高

雄牛:平均 145㎝
雌牛:平均 140㎝

 

Burlinaは、北東イタリアの亜高山地域の牛の品種です。
主にトレヴィーゾ、ヴェローナ、ヴィチェンツァ州に分布しています。
Bassanese、Binda、Boccarda、Pezzata degli altipianiなどの他の名前でも知られています。
それは二重目的の品種ですが、主に牛乳生産のために飼育されています。
その品種の正確な起源は不明である。
20世紀初頭にイタリアの北東部にあった最も数多くの品種の1つで、数万頭の頭数を計っています。
1930年代までは、Altopiano di Asiago、Colli Berici、Monte Grappa、Monti Lessiniで最も一般的な酪農品種でした。
第一次・第二次世界大戦中、そして1950年代から1960年代にかけて徐々に減少した。
生産性の高いホルスタインに置き換えられました。
その品種の総頭数は1956年に11,283頭と記録されたが、2008年までにその総数は約300頭に減少した。
黒と白の斑点のついた小さな品種です。
雄雌の両方に小さな角が付いています。

 

Buša
(ブサ)

原産地域 :旧ユーゴスラビア(ディナルアルプス)

体重

 雄牛:平均 300㎏
 雌牛:180~250㎏

体高  :100~110㎝

 

ブサ牛(またはブサ; Bos brachyeros europeus)は、旧ユーゴスラビア(ディナルアルプス)の南部全域に多数の品種が見つかっている小さな牛である。
それは、短角牛のグループに属します。
寿命は約20年です。
農耕作業用として、また牛肉や牛乳の生産にも使用されています
牛乳の搾乳量は年間700~800ℓです。
牛乳は約4〜6%の乳脂肪を含みます。
ブサとその交配種は、旧ユーゴスラビアに広がっている。
コソボ、マケドニア、セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、リカ・ダルマチア、モンテネグロのようなクロアチアの一部で飼育されている。
冬の2〜6ヶ月間は屋内で飼育され、残りは屋外で飼育されます。

 

Butana
(ブタナ)

原産国:スーダン

Butanaは、東アフリカの品種群であるショートホーン・ゼブ族の一種です。
彼らは珍しいのは、ボラン、バガラ、フォンなどの他の品種と違って、彼らが酪農品種であるということです。
スーダン中央、ブタナ地域のハルツームの東に存在する。
アッバラのスーダン農業省のアトバール研究所は、Butana種の保存と改善のための研究を行っています。
パキスタンのレッド・シンディとサヒワルのような濃い赤色です。
彼らはアフリカでは最高の酪農品種であります。

 

Bushuyev
(ブシュエフ)

原産国:ウズベキスタン

Bushuyev(ロシア語:Бушуевская、translit。Bushuyevskaya)は、ウズベキスタンの牛の品種です。
西ヨーロッパの酪農品種とゼブ牛(こぶ牛)の交配種に由来しています。
白い黒い斑点、黒い耳と目の周りの縁、そして鼻口部の周りの黒い帯で覆われています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

タグ:     

カテゴリ:牛肉 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ