世界の牛 図鑑 Vol.12

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Bonsmara
(ボンズマラ)

原産国:南アフリカ

ボンズマラは、高品質の牛肉と地元の病気に対する抵抗力で知られている牛の品種です。
南アフリカで、ジャン・ボンズマ教授の科学実験として発足し、アフリカーナの5/8、ヘレフォードの3/16、ショートホーンの交配により作成された。

「ボンズマラ」という名前は、品種の開発に大きな役割を果たした男である「ボンズマ」と、動物が飼育された農場である「マラ」に由来しています。

 

Boran
(ボラン)

原産地域:東アフリカ

ウガンダ/エチオピア/エリトリア/ケニア
ジブチ/セーシェル/ソマリア/タンザニア
ブルンジ/ルワンダ/コモロ/ザンビア
マダガスカル/マラウイ/モザンビーク
モーリシャス/ジンバブエ/南スーダン

体重

ケニア・ボラン

雄牛:550~850㎏
雌牛:400~550㎏

オルマ・ボラン

雄牛:225~395㎏
雌牛:250~355㎏

 

ボランはアフリカ東部で人気のゼブ牛(こぶ牛)です。
繁殖力、早熟、丈夫さ、そして従順で知られています。
ケニア・ボラン牛は、エチオピア南部のボラン・オロモ族のショートホーンゼブ牛から開発されました。
通常肌色は、白または淡黄褐色であり、雄牛は黒い点で暗くなります。
1000年以上アフリカにいた彼らは、地元の条件や寄生虫に非常によく適応しています。
オルマ・ボランは、ボラン品種の中でも最も小さいもので、ケニア・ボランよりも小さいものです。
ケニア・ボランは、オルマ・ボラン、ボラナ、ソマリ・ボランから発展しました。

 

Braford
(ブラフォード)

原産国:アメリカ

ブラフォードは、雄のヘレフォードと雌のブラフマンの交配種である。
ブラフォードの構成は、ブラフマン3/8、ヘレフォード5/8です。
両方の両親の特性を持っています。
ブラフォードは白い下腹部、頭、そして足を持つヘレフォードのような赤い牛です。
ブラフォードは主に牛肉に使われますが、ロデオのために使われることもあります。
ブラフォードは1946年にオーストラリアで、1947年にフロリダで開発されました。
暖かい気候にむいています。
ブラフォードはアメリカとオーストラリアで作成され、評価がよく、マレーシア、ニューギニア、ニュージーランド、西サモア、南アメリカ、南アフリカ、中国などの国に輸出されています。

 

Brahman
(ブラフマン)

原産国:アメリカ

ブラフマン(Brahman)またはブラフマ(Brahma)は、インドから輸入された牛の品種からアメリカで最初に作成したゼブ牛(こぶ牛)の品種である。
1900年代初めにグジャラート、オンゴール、ギル、クリシュナバレーの4種類の牛の交配種として初めての品種でした。
牛肉を目的とした最も一般的な牛の品種の一つであり、アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、米国、パナマ、コロンビア、オーストラリアで広く使用されています。
元のアメリカのブラフマンは、1854年から1926年にかけて米国に輸入されたいくつかのインドの品種の約266頭の雄と22頭の雌から作成された。
熱に対して極端な寛容性のために知られており、熱帯地域で広く普及しているされています。
その肌が厚いために害虫に抵抗性があります。
この品種は、暑い気候だけでなく、より寒い気候でもよく適応します。
オマーンとフジャイラでは、ブラフマンブルズは伝統的な闘牛のスポーツに使われています。

 

Brangus
(ブランガス)

原産国:アメリカ

ブランガスは、丈夫な品種であり、アンガスとブラフマンの交配種であり人気のある肉牛です。
ブランガスとして登録することができるのは、アンガスが5/8 とブラフマンが3/8 です。
International Brangus Breeders Association(IBBA)の登録商標です。
ブランガスの品種を開発する努力は1932年に始まり、Brangus Breedersの最初の組織は1949年に始まった。
現在、米国、アルゼンチン、オーストラリア、カナダ、中米、メキシコ、ジンバブエのほぼすべての国にメンバーがいます。
この品種は高温高湿に強いことが証明されています。
寒さの条件の下では、彼らは寒さ対策のための体毛を生成するようです。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

タグ:     

カテゴリ:牛肉 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ