世界の牛 図鑑 Vol.11

目安時間:約 5分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Black Baldy
(ブラック・バディ)

原産国:オーストラリア

Black Baldyは、ヘレフォード牛を黒い牛、通常はAberdeen Angusと交配させて作った交雑牛の一種です。
Angusの雄牛はヘレフォードの雌牛にも使用され、より小さな仔牛を作り、難産を減らそうとしています。
ヘレフォードに似た白い顔が特徴ですが、ヘレフォードの赤い体色はアンガスの黒色に置き換えられています。

交雑種の活力は、2匹の牛を交配する主な理由であり、ブラック・バディが優れた特性です。
その品種は、純粋な牛よりも健康であるという評判を得ています。

 

Black Hereford
(ブラック・ヘレフォード)

原産国:イギリス

ブラック・ヘレフォードは主にヘレフォード(通常は赤と白)から派生した品種であり、ブラック・アンガスの交雑種で白の頭と黒い牛を生み出します。
レッド・ヘレフォードのように、ブラック・ヘレフォードは飼料効率と従順な気質で知られるようになりました。
ブラック・ヘレフォードは、通常、アンガスとヘレフォードを組み合わせた品種です。
アメリカ・ブラック・ヘレフォード協会は、1994年に非営利団体として設立されました。
2003年に全米動物繁殖協会(NADS)の国際的な品種指定を受けました。
ブラック・ヘレフォードは、主に牛肉を生産するために使用される効率的で従順な牛の品種です。

 

Blonde d'Aquitaine
(ブロンド・ド・アキテーヌ)

原産国: フランス

体重

雄牛:1400㎏
雌牛:1050㎏

体高

雄牛:165㎝
雌牛:155㎝

 

ブロンド・ド・アキテーヌは現代フランスの大型の牛の品種です。
それは1962年に3つのBlonde desPyrénées、Blonde de QuercyとGaronnaiseを交配して作られました。
1970年頃から牛肉生産のために特別に選択して飼育されてきた。
Charolaisとリムーザンの後でフランスの3番目に多い牛の品種です。
世界中の多くの国に輸出されています。
3頭はすべて主に農耕作業用の品種でした。
ブロンド・ド・アキテーヌにはフランス南部のほとんどの伝統的なブロンドの牛の品種が含まれています。
1970年頃から、この品種の牛肉産生特性を改善するための協調的な努力がなされた。
2013年には、18,000以上の農場に約56万頭が飼育されていました。
ブロンド・デイ・アキテーヌは、小麦色またはクリーム色で、暗い色から非常に薄い色の色合いにまで及ぶ。
目の周りの領域はより淡いです。
雄牛は210日で約300kg、15ヶ月で約500kgに達します。
肉の歩留まり率は約65%である。

 

Blue Albion
(ブルー・アルビオン)

原産国:イギリス

ブルーアルビオンはイギリスのミッドランドで生まれた牛の品種です。
多目的品種であり、牛乳生産と一緒に肉生産にも可能性を持っていました。
この品種は、口蹄疫とそれに続く病気を制御するために必要な淘汰のために1967年に絶滅した。
ブルーアルビオンは、青い色の牛だった。
ブルー・アルビオンの交配に使用された元の品種は、ショートボーン、ウェールズブラック、ブリティッシュフリーシスと考えられています。
1921年にダービーシャー州のピーク地区でブルーアルビオン牛協会が結成されたとき、公式の品種になりました。
絶滅以来、品種を再構成する試みがなされている。
現在の品種は、もはや真の品種ではありませんが、イギリスのフリージアとショートホーンの牛が使用されました。

 

Blue Grey
(ブルー・グレー)


原産国:イギリス

ブルーグレーは、スコットランドとイングランドの北部で人気のある牛の品種です。
それは、伝統的には、ホワイト・ショートホーンの雄とブラック・ギャロウェイの雌を交配して生産されています。
荒れた放牧地に適しており、他の品種が食べない草を利用できます。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ