世界の牛 図鑑 Vol.10

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Belmont Red
(ベルモント・レッド)

原産国:オーストラリア

Belmont Redは、Bos indicus cattle(コブウシ)の繁殖力を向上させるためオーストラリア熱帯雨林の必要性に対応して、1954年に連邦科学産業研究機関(CSIRO)によって開発された牛の品種です。
この品種はベルモント・リサーチ・ステーションで、いくつかのボス・タウルス種(アフリカン・サンガ)、ヘレフォード、ショートーンの交雑種として考えられました。
この品種は、1969年にCSIROによってオーストラリアの牧場に提供されました。
選択された形質は、高い稔性、ダニに対する耐性、優れた耐熱性、良好な生育、より良い肉質、穏やかな気質、および牧草または肥育場における飼料効率であった。
経済的に重要なこれらの形質の厳格な選択は、適応された牛の熱帯および温暖な環境への進化をもたらした。

 

Belted Galloway
(ベルテッド・ギャロウェイ)

原産国:スコットランド(イギリス)

体重

雄牛:770~1040㎏ 平均 820㎏
雌牛:450~680㎏   平均 570㎏

 

Belted Galloway(「Oreo Cow」とも呼ばれる)は、スコットランド南部の西側にあるギャロウェーから生まれたGalloway牛由来の肉牛の伝統的な品種です。
それらは、貧弱な牧草地やその地域の荒れ野に適応されています。
その品種の正確な起源は不明であるが、それらの名前が付けられた白いベルトと黒ギャロウェイ牛とを区別するのは、オランダのレーケンベルダーベルト牛と交配した結果であると推測される。
最も目に見える特徴は、その長い毛のコートと、その身体を完全に囲む幅広い白いベルトです。
その粗い外の体毛は雨を流すことができますし、その下の柔らかい体毛が外に冬を過ごすために有効に、断熱材や防水性を提供します。

 

Berrenda
(ベルンダ)

原産国:スペイン

Berrendaは、スペインのアンダルシア地域の牛の品種です。
それは2つの品種に細分され、赤色と黒色がいる。
どちらの品種も素朴で環境に非常によく適合しています。

 

Betizu
(ベティズ)

原産国 :スペイン/フランス

 

体重

雄牛:平均 450㎏
雌牛:平均 325㎏

体高  :110~130㎝

 

Betizuは、スペイン北部とフランスのバスクに自生する野生の牛の品種です。
この品種は、スペイン、およびフランスで保護されています。
Betizuという名前はバスク語の「逃げる牛」から派生したものです。
細い、短い、豊富な毛で覆われています。
わずかに湾曲した白い角を持っています。
中程度の厚さの短い首。
Betizuは自由な環境の中で生活しているため、その逃げる行動はこれらの条件に一致します。

2013年現在、ナバラ州は254頭と推定され、アキテーヌ地域は150頭未満であった。

 

Blaarkop
(ブラーコップ)

原産国:オランダ


重量

雄牛:約800 kg
雌牛:約600 kg

体高

雄牛:145~150㎝
雌牛:135~140㎝

 

この品種は、Groninger BlaarkopやGronings Blaarkop(オランダ)、Groninger(ドイツ語)、Groningue(フランス語)、Roodblaar、Roodwitkop、Zwartblaar、Zwartwitkopなどの他の名前でも知られています。
主な飼育地域はオランダのグローニンゲン州です。
この品種は14世紀の早い時期に知られていました。
赤(母集団の60%)と黒(40%)の両方が存在します。
体は赤色または黒色で、頭は白く、目の周りには赤色または黒色の輪があります。
尾の先端は白い色をしています。
雄雌の両方に小さな角があります。
平均の牛乳生産量は6000kgで、乳脂肪は4.35%、タンパク質は3.60%です。
総牛乳収量は、現代の選択的育種慣行およびホルスタインおよびエンジェル牛との交配により増加した。
しかし、彼らの牛乳収量は、他のオランダ牛の品種よりもまだ低いです。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ