近畿地方の銘柄牛・ブランド牛

目安時間:約 8分

全国には銘柄牛が数多くいます。

それぞれに特徴のある牛肉ばかりですが、その地域独特の育て方や独特のエサを与えたり独自の飼育方法で育てられている。
全てではありませんが近畿地方にどんな銘柄牛があるのか紹介します。

 

牛肉の等級について

 

三重県

みえ黒毛和牛(みえくろげわぎゅう)

肉の旨味のもとである脂肪にこだわりました。
美味しいお肉とは、舌の上で脂がとろけ出し、最高の旨味を感じさせてくれます。
このとろけ出す温度(脂肪融点)にこだわったブランドこそ「みえ黒毛和牛」なのです。

 

肥育地域  :三重県
年間出荷頭数:150頭

 

♂黒毛和種 × 黒毛和種

みえ黒毛和牛

 

鈴鹿山麓和牛(すずかさんろくわぎゅう)

鈴鹿山脈の豊かな自然の中で生産され、柔らかな舌ざわりが楽しめる自慢の一品です。

 

肥育地域  :三重県
年間出荷頭数:200頭

 

♂黒毛和種 × 黒毛和種

鈴鹿山麓和牛

 

松阪牛(まつざかぎゅう)

兵庫県から子牛を導入し、伝統の肥育技術によって900日以上の長期肥育「特産松阪牛」はキメの細かいサシと不飽和脂肪酸の割合が高く脂肪融点が低く、肉の芸術品として賞賛されています。

 

肥育地域  :松阪市をはじめ雲出川、宮川流域の旧22市町村と旧松阪牛生産者の会会員

年間出荷頭数:4055頭

 

♂黒毛和種 × 黒毛和種

松坂牛

 

伊賀牛(いがぎゅ)

花崗岩地帯から流れ出る清水と内陸性気候の盆地特有の霧深い自然が生み出す霜ふりの伊賀肉
餌は麦を主体とした独自の飼育方法で飼育し、他に類の見ない伊賀肉独特の甘味がかもし出されます。

 

肥育地域  :三重県伊賀市、名張市
年間出荷頭数:1600頭

 

♂黒毛和種 × 黒毛和種

伊賀牛

 

滋賀県

近江牛(おうみぎゅう)

 

近江牛はブランド牛肉の先駆けとして古い歴史をもち、厳選した素牛を永年培った優れた技術で愛情を込めて育て上げたその肉質は、霜降り度合いが高く、芳醇な香りと柔らかさに特長があり、そのとろけるような美味しさは全国的に高い評価を受けています。

 

肥育地域  :滋賀県
年間出荷頭数:5000頭

 

♂黒毛和種 × 黒毛和種

近江牛

 

京都府

亀岡牛(かめおかぎゅう)

亀岡市は美しい水と空気にめぐまれたのどかな田舎町です。
夏と冬の気温差は、35℃以上と牛には厳しい環境ですが、その環境が身を引き締めとても美味しく格別な味にしております。
他のブランド肉と違うのは、亀岡では2ヶ月〜半年ほど長く飼育して牛が成熟するのを待ちます。
そうする事により、お肉の風味や脂の艶を引き出し、からっとした、しつこくない味に仕上げております。

 

肥育地域  :京都府亀岡市
年間出荷頭数:700頭

 

♂黒毛和種 × 黒毛和種

亀岡牛

 

京都肉

丹波高原のゆったりした自然と澄んだ空気、そして豊富な天然水が京都肉を育てます。

 

肥育地域  :京都府内
品質規格  :A4~5、B4~5
年間出荷頭数:650頭

 

♂黒毛和種 × 黒毛和種

京都肉

 

京の肉

「京の肉」とは京都府内で肥育された黒毛和牛で、府内のJA組合員が出荷し、全農京都府本部が取り扱いするものをいい、JAS法によるところの産地表示が京都産であるものをいう。

 

育地域  :京都府
年間出荷頭数:1000頭

 

♂黒毛和種 × 黒毛和種

京の肉

 

大阪府

大阪ウメビーフ

大阪ウメビーフとして飼育される牛は、漬け梅を1日あたり1kg、6ヶ月以上給与しています。
漬け梅は果肉をつぶさず、硬い種を潰すように加工されています。
この梅は食物繊維やクエン酸、オリゴ糖と約14%のアルコール分を含み、牛の食欲増進や整腸作用により健康に飼育され、出来上がった精肉はあっさりした味で消費者に喜ばれています。

 

肥育地域  :近畿地域
年間出荷頭数:200頭

 

♂黒毛和種 × 黒毛和種

大阪ウメビーフ

 

♂黒毛和種 × ホルスタイン種

大阪ウメビーフ

 

兵庫県

加古川和牛(かこがわわぎゅう)

兵庫県内で生まれた但馬牛を加古川の農家において大切に育てた牛です。
肉のきめが細かく、風味豊かな肉質が特徴。

 

肥育地域  :兵庫県加古川
年間出荷頭数:500頭

 

♂黒毛和種 × 黒毛和種

加古川和牛

 

黒田庄和牛(くろだしょうわぎゅう)

キメが細かく、風味豊かな肉質を備えた逸品です。

 

肥育地域  :兵庫県西脇市
年間出荷頭数:650頭

 

♂黒毛和種 × 黒毛和種

黒田庄和牛

 

本場但馬牛/本場経産但馬牛

「本場但馬牛」とは但馬地域で生まれ、育成された但馬牛をもと牛として、「本場但馬牛銘柄推進協議会登録会員(生産者)」が但馬地域で肥育し、朝来市食肉センター及び県内の食肉センターに出荷された、生後28か月齢から60か月齢までの未経産牛及び去勢牛。

 

肥育地域  :兵庫県但馬地域

品質規格  :BMS No.3以上、歩留等級A、B

年間出荷頭数:10頭

 

♂黒毛和種 × 黒毛和種

本場但馬牛/本場経産但馬牛

 

淡路ビーフ

淡路ビーフブランド化枝肉共励会開催要領及び実施細則により出荷・取引されたもの

 

肥育地域      :兵庫県内
品質規格      :A・B3~4以上
年間出荷頭数:150頭

 

♂黒毛和種 × 黒毛和種

淡路ビーフ

 

三田肉/三田牛

見事な霜降りをもち柔かく繊細で、濃密なうま味と最高の評価を得ている。

 

肥育地域  :兵庫県三田地域
年間出荷頭数:600頭

 

♂黒毛和種 × 黒毛和種

三田肉/三田牛

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ